停止線の位置に合わせるのはタイヤ!? それとも先端?

停止線

一時停止場所や赤信号では、当然、その停止線の手前で車を停止しなければならない。

そこでふと疑問に思ったのだが、この停止線を基準に車を停止させる場合、タイヤを合わせるのだろうか、それとも車の先端を合わせるのだろうか。

スポンサーリンク

停止線

停止線とは、その名の通り、車を一時停止させなければならない箇所における車の停止場所を示すための線である。

”道路交通法第43条”の”指定場所一時停止”についての記載を見ていくと、以下のようにある。

車両及び路面電車は、交通整理が行われていない交差点またはその手前の直近において、一時停止の道路標識等により一時停止すべきことが表示されているときは、道路標識等による停止線の直前(停止線がない場合は、交差点の直前)で一時停止しなければならない。この場合において、交差道路を通行する車両等の進行妨害をしてはならない。

                          道路交通法第43条

一時停止の標識がある場合はその停止線の直前で停止しなければならないことが規定されているが、停止線の直前と言うことは、その停止線を超えてはならないと言うことだ。

法律上は、わずかでも停止線をオーバーしてしまえば、交通違反を問われることになる。

反則名は、”指定場所一時不停止等”、通称、”一時停止無視”である。

もちろん、赤信号でも車を停止させなければならないが、信号機が設置してある大概の交差点でも、やはり停止線が引いてある。

ここで停止線オーバーとなれば、”信号無視”、または”交差点進入禁止違反”に問われる可能性があるだろう。

 反則行為 行政処分 刑事処分
点数 反則金(円) 罰則
 大型車 普通車 2輪車 原付
指定場所一時不停止等 2点 9,000 7,000 6,000 5,000 3ヶ月以下の懲役又は5万円以下の罰金
交差点等進入禁止違反 1点 7,000 6,000 6,000 5,000 5万円以下の罰金
信号無視 赤色等 2点 12,000 9,000 7,000 6,000 3ヶ月以下の懲役又は5万円以下の罰金
点滅 9,000 7,000 6,000 5,000

 ※ 反則金を納付することで刑事処分を免れることができる。詳細は以下のページを参照して欲しい。

 

反則金と罰金の違いとは!? 似ているようで全く違う!
”交通違反をすると罰金を払わなければならない”と考えている人も多いが、多くの場合はそれは罰金ではなく...

基準は先端

ボンネット先端

”停止線を超えないように”言っても、”タイヤが停止線を超えないように”と言うことなのか、それとも”車の先端が停止線を超えないように”と言うことなのかが気になる。

調べてみると、それは、車の先端のようだ

一時停止や赤信号で車を停止させる場合は、車の先端、つまりボンネットの先端が停止線を超えないようにしなければならないのだ。

考えてみれば、前輪の位置よりもボンネットが前にあるわけで、前輪の位置を停止線の手前に収まるようにしても、ボンネットが交差点に進入してしまうことになる。

交差道路を走行中の車の邪魔にもなるし、信号や横断歩道では歩行者の横断を妨害してしまうことになる。

大型車が交差道路から右左折してくる場合も、ボンネットが前に出ていては、やはり邪魔になってしまう。

ボンネットが停止線を超えないように停止することは、極めて合理的であると言える。

取り締まりの状況

ほんのわずかであっても、ボンネットが停止線をオーバーすれば交通違反となるのだろうか。

答えは「Yes」である。

私の知っている人で、”わずか1cm停止線をオーバーしたと言う理由で反則切符を切られた”と言う人がいる。

確かに、道路交通法で定められているのだから仕方がないといえば仕方がないのだが・・・。

一方で、ボンネットは愚か、前輪すら停止線をはるかに超えているのに警察官が平気で見逃しているケースもある。

一時停止無視の取り締まりをしている現場でその様子を見かけたのだが、ほとんどの車が完全に停止線を超えているにも関わらず、その警察官は当たり前のように見逃していた。

思わずその警察官に尋ねてみたところ、”止まる意志”が見られればよいらしく、”全く停止する意志がない”と判断した場合には違反として対応するとのことであった。

確かに、停止線があまりにも交差点の手前に引いてあるために、実質は停止線での停止が無意味なケースもあるといえばあるのだが・・・。

しかし、法律にしっかりと”停止線の手前で”と規定されているのだから、その対応はいかがなものかと思えてしまう。

いずれにせよ、実際に交通違反と判断されるかどうかは、現場の警察官の裁量次第のようだ

終わりに

停止線ひとつを取り上げても、実に興味深い。

いずれにせよ、大切なのは、止まるべき場所ではしっかりと止まり、安全第一を心がけることである。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. 交差点の設計って大変なんだよ?! より:

    停止線の位置は「だいたいこんなもん」的ないい加減な決め方はしていません。
    「道路構造令」を基に綿密な計算の上で決定しています。
    この計算の意味が分かっていれば、停止線オーバーを違反にする意味が分かる筈です。
    ですから、意味不明な回答した警官も停止線の意味を全く分かっていませんね(笑)

    老婆心ながら申し上げると普通の停止線の位置より交差点のはるか手前に停止線が引いてあるの場合はセミトレーラーが曲がって来れる交差点ですので絶対に超えない方が良いですよ。

    • Demisuke より:

      コメント並びに貴重な知識をご教授いただき誠にありがとうございます。当方居住地域の警察官の一時停止の取締まりはかなりいい加減であるように思えます。しっかりルールを守っている立場から言わせてもらえば、もう少ししっかり対応していただきたいと思います。でもなければ交通ルールそのものが形骸化しかねまねん。