赤信号で停止線をオーバーして停車! これって交通違反!?

赤信号

赤信号で停止する場合、停止線をオーバーして止まっている車を見かけることがある。

やはりこれは交通違反になるのだろうか。

スポンサーリンク

法律上は

赤信号での停止について規定されているのは、”道路交通法施行令第2条”である。

(信号の意味等)

法第4条第4項に規定する信号機の表示する信号の種類及び意味は、次の表に掲げるとおりとし、同標の下欄に掲げる信号の意味は、それぞれ同表の上欄に掲げる信号を表示する信号機に対面する交通について表示されるものとする。

2 車両等は、停止位置を越えて進行してはならないこと

                   (道路交通法施行令第2条より)

”停止位置を越えて進行してはならない”とある以上、少しでも停止線を越えれば、”信号無視”に問われる可能性があると言うことになる。

取り締まり状況

実際の取り締まりの状況が気になるところだが、やはり、停止線を越えたと言う理由で検挙される例はあるようだ。

私の知り合いにも、”わずか数センチ停止線をオーバーしただけでも交通違反に問われた”と言う人がいる。

その一方で、明らかに停止線を超えて停止している車両がいるにも関わらず、平気で見逃している警察官がいることも事実である。

こうして考えると、実際に検挙されるかどうかは、”その時の運次第”とも言えてしまうのだ。

反則行為 行政処分 刑事処分
点数 反則金 罰則
 大型車 普通車 2輪車 原付
信号無視 赤色等 2点 12,000円 9,000円 7,000円 6,000円 3ヶ月以下の懲役又は5万円以下の罰金
点滅 9,000円 7,000円 6,000円 5,000円

 ※ 反則金を納付することで刑事処分を免れることができる。詳細は以下のページを参照して欲しい。

反則金と罰金の違いとは!? 似ているようで全く違う!
”交通違反をすると罰金を払わなければならない”と考えている人も多いが、多くの場合はそれは罰金ではなく...

進入の程度

実際に交通違反に問われるのかどうかの判断には、”進入の程度”が大きく関わってくる

停止線をほんの僅かにオーバーした場合と、1m以上オーバーした場合とでは、明らかに検挙される確率が異なるだろう。

そのヒントは、”道路交通法第50条”にある。

(交差点等への進入禁止)

交通整理の行われている交差点に入ろうとする車両等は、その進行しようとする進路の前方の車両等の状況により、交差点に入った場合においては当該交差点内で停止することとなり、よって交差道路における車両等の通行の妨害となるおそれがあるときは、当該交差点に入ってはならない。

車両等は、その進行しようとする進路の前方の車両等の状況により、横断歩道、自転車横断帯、踏切又は道路表示によって区画された部分に入った場合においてはその部分で停止することとなるおそれがあるときは、これらの部分に入ってはならない。

                         道路交通法第50条より

ここには、”交差点内で停止することにより、車両や歩行者の進行を妨害してはいけない”ことが規定されている。

仮にも、停止線を大きくオーバーし、交差点内で停止するようなことがあれば、信号無視ではなく、”交差点等進入禁止違反”に問われる可能性があるのだ。

交差点深くまで進入し、交差道路を進行してくる車両や、横断歩道を通行する歩行者の交通を妨害したとなれば、確実にこの違反に問われることになる。

反則行為 行政処分 刑事処分
点数 反則金 罰則
 大型車 普通車 2輪車 原付
交差点等進入禁止違反 1点 7,000円 6,000円 6,000円 5,000円 5万円以下の罰金

 ※ 反則金を納付することで刑事処分を免れることができる。詳細は以下のページを参照して欲しい。

そうならないために重要なのは、”横断歩道の手前”で停止することだ

横断歩道に乗り上げた状態で停止してしまえば、その横断歩道を渡る歩行者の通行を妨害する恐れがあると判断されてしまうからである。

停止線を超えないように停車しようと努力することが何よりも大切ではあるが、状況次第では困難な場合があることは事実だと思う。

その場合でも、なんとか横断歩道の手前で止まるように努力したいところだ。

終わりに

赤信号で停止する際には、当然、停止線の手前で停止するように努力しなければならない。

同時に、交差点へ進入する場合には、交通の流れを正確に捉え、交差点内で停止することがないように細心の注意を払わなければならないということでもある。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク