車間距離の詰め過ぎは交通違反! 煽り運転で懲役の可能性も!?

必要以上に先行車両との車間距離を詰め、圧力をかける悪質な運転を行うドライバーを見かけることがあるが、それが立派な交通違反であることをご存知だろうか。

残念極まる行為だが、今回はこの車間距離の不保持と煽り運転について投稿しようと思う。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

車間距離不保持

車間距離の詰め過ぎは立派な交通違反だが、下にその根拠となる道路交通法第26条の条文を載せた。

(車間距離の保持)

車両等は同一の進路を走行している他の車両等の直後を進行するときは、その直前の車両等が急に停止したときにおいてもこれに追突するのを避けることができるため必要な距離を、これから保たなければならない。

                         道路交通法第26条より

最後の”これから”の意味が今ひとつよくわからないが、先行車両が急ブレーキをかけた場合にも追突しない程度の車間距離を保たなければならないことが規定されている。

これに違反した場合は車間距離不保持に問われるが、反則金はじめ罰則を下の表にまとめたので、参考にしていただきたい。

なお、同じ車間距離不保持でも一般道と高速道路で反則金や点数が異なることもポイントだ。

反則行為 行政処分 刑事処分
点数 反則金(円) 罰則
大型 普通 2輪 原付
車間距離不保持 1点 7,000 6,000 6,000 5,000 5万円以下の罰金
高速自動車国道等車間距離不保持 2点 12,000 9,000 7,000   3ヶ月以下の懲役又は5万円以下の罰金

※ 反則金を納付することで刑事処分を免れることができるが、詳細はリンク先のページを参照されたい。

反則金と罰金の違いを解説! 似ているようで中身は全く違う!?
”交通違反で捕まって罰金を取られた”と言う声を耳にするが、ほとんどの場合、支払ったのは罰金でなく...

取り締まり状況

この車間距離不保持に特化した取り締まりが行われることはないものの、極端に先行車両との車間距離を詰めたところを警察官に目撃されれば、検挙される可能性がある。

とは言え、常識的な範囲であれば違反を追及されることはないので、過度な心配は無用だ。

一方、わざと車間距離を詰め先行車に圧力をかける”煽り運転”と判断された場合には即検挙の対象となるが、詳細は続きをお読みいただきたい。

煽り運転

煽り運転

残念な話ではあるが、前を走る車の後ろにぴったりと付き、蛇行やパッシングを繰り返しながら威嚇するかのように走行する悪質な車両を見かけることがある。

いわゆる煽り運転を行う車両のことだが、周囲の迷惑である上危険極まりなく、絶対に許されない卑劣な行為だ。

この煽り運転を行う車両ほど改造が行われていることが多く、爆音を轟かせながら行為に及ぶことも珍しくないが、先行車両の運転者が受ける精神的圧力は相当なものがある。

結果、重大な交通事故に発展する可能性も否定できないだけに悪質度が高く、現場を警察官に目撃されれば即検挙の対象となることをご理解いただきたいと思う。

事故を起こした場合

煽り運転を行い交通事故を起こした場合、当事者の責任は非常に大きい。

仮に死傷者が出た場合には”危険運転致死傷罪”に問われる可能性があるが、その量刑は極めて重く、”1年以上の有期懲役”に処せられることになる。

(危険運転致死傷罪)

第2条 次に掲げる行為を行い、よって、人を負傷させた者は15年以下の懲役に処し、人を死亡させた者は1年以上の有期懲役に処す

(第1号~第3号省略)

4  人又は車の通行を妨害する目的で、走行中の自動車の直前に進入し、その他通行中の人又は車に著しく接近し、かつ、重大な交通の危険を生じさせる速度で自動車を運転する行為

    ”自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律第2条”より

有期懲役の刑期は最長で20年間であるから、長期間の懲役になる確率が高いはず。

何よりも、死者や負傷者が出てしまえば被害者の人生にとって大きな損失となることは間違いないのだから、絶対にこのような行為を行ってはならないのだ。

危険運転致死傷罪の量刑
  • 危険運転致死罪(相手が死亡):1年以上(20年以下)の有期懲役
  • 危険運転致傷罪(相手が負傷):15 年以下の懲役

終わりに

不慮の事故を防ぐためにも、先行車両と間に適切な車間距離を保つことが重要である。

もちろん、煽り運転など言語道断であり、絶対に行ってはならない行為であることを再度確認しておきたいと思う。

スポンサーリンク
スポンサーリンク