車間距離の詰め過ぎは交通違反! 煽り運転で懲役の可能性も!

車間距離

急いでいるのか、以上なまでに車間距離を詰めて来る車が少なくない。

車間距離を詰め過ぎるのは危険な行為だし、前を走行している車にとっても大迷惑であるが、一歩間違えばとんでもないことになることをご存知だろうか。

スポンサーリンク

車間距離不保持

車間距離の詰め過ぎは立派な交通違反であり、”車間距離不保持”と言う反則行為にあたる。

これが規定されているのは、”道路交通法第26条”である。

車両等は同一の進路を走行している他の車両等の直後を進行するときは、その直前の車両等が急に停止したときにおいてもこれに追突するのを避けることができるため必要な距離を、これから保たなければならない。

                         道路交通法第26条より

最後の”これから”の意味がよくわからないが、十分な車間距離を取らなければならないことが規定されていることが理解できる。

”車間距離不保持(一般道)”と高速自動車国道等車間距離不保持(高速道路)”の2種類があることにも注意して欲しい。

一般道でこの車間距離不保持に問われることはほとんどないと言ってもよいくらいで、後述する、”煽り運転”を行った場合以外での検挙はかなり稀である。

一方、高速道路では非常に厳しく取り締まりが行われており、この反則行為で検挙されたと言う声も多い。

確かに、時速100km/h近くで走行する高速道路で車間距離を詰めることは非常に危険であり、警察が力を入れて取り締まるのも当然である。

車間距離不保持に問われた場合の処分は以下の通り。

 反則行為 行政処分 刑事処分
点数 反則金 罰則
 大型車 普通車 2輪車 原付
車間距離不保持 1点 7,000円 6,000円 6,000円 5,000円 5万円以下の罰金
高速自動車国道等車間距離不保持 2点 12,000円 9,000円 7,000円   3ヶ月以下の懲役又は5万円以下の罰金

 ※ 反則金を納付することで刑事処分を免れることができる。詳細は以下のページで確認して欲しい。

反則金と罰金の違いを解説! 似ているようで中身は全く違う!?
”交通違反で捕まって罰金を取られた”と言う声を耳にするが、ほとんどの場合、支払ったのは罰金でなく...

違反になる車間距離

それでは、どれくらいまで車間距離を詰めたら違反になるのだろうか。

調べてみても、”〜m以内は違反”と言うような決まりはどこにも見当たらない。

違反の有無の判断は、現場の警察官の裁量次第と考えてよいだろう

そして、何よりも安全を考慮すれば、速度ごとの”停止距離”を車間距離の目安にするのが望ましい。

停止距離と言うのは、その名の通り、車が停止するのに必要な距離のことである。

一般道では、”走行中の速度から15を引いた値”、高速道路では、”走行速度と同じ値”がその停止距離の目安とされている。

例えば、”一般道を時速50km/hで走行中”であれば、その停止距離は35mと言うことになる。

これらを基準に車間距離を保っていれば、反則行為を問われることはないだろう。

車間距離の目安(停止距離)
  • 一般道:走行速度−15(m) 
  • 高速道路:走行速度と同じ値(m)

煽り運転

煽り運転

前を走る車の後ろにぴったりと付き威嚇をする、”煽り運転”をしている車をよく見かける。

本当に残念な気持ちになるが、絶対にやらないで欲しい。

本人はどう思っているのかわからないが、やられる側にとってはは本当に迷惑だ

特に、免許取立ての初心者や、運転に自信がない女性ドライバーなどは、精神的に動揺してしまう恐れがある。

それが原因で、事故に発展する可能性も十分にあるのだ

とりわけ、煽り運転をするような車は、マフラー等を改造している場合が多い。

爆音を轟かせながらの煽り運転をされる側が受ける精神的圧力は相当なものだし、安全運転の妨げになることは言うまでもない。

この煽り運転を行っている場面を警察に発見されれば、かなりの確率で車間距離不保持に問われる。

一般道で車間距離不保持に問われる場合は、ほぼ全てが、この煽り運転を行った場合である都言ってもよいくらいなのだ。

事故を起こした場合

交通事故

煽り運転を行った上に事故を起こした場合、当事者には重大な責任があり、その罪は重い。

仮に死傷者が出た場合には、”危険運転致死傷罪”に問われる確率が高い。

危険運転致傷罪の量刑は非常に重く、仮に被害者が死亡した場合には、”1年以上の有期懲役”に処せられることになる。

有期懲役の場合は、最長で20年間の服役となるので、長期間の懲役になる確率が高い。

危険運転致死傷罪の量刑
  • 危険運転致死罪(相手が死亡):1年以上(20年以下)の有期懲役
  • 危険運転致傷罪(相手が負傷):15 年以下の懲役

終わりに

事故を防ぐためにも、適切な車間距離を保つことは非常に重要である。

万が一の場合に備え、急ブレーキを踏んだ場合にも前の車にぶつかることがない車間距離を確保することが必要不可欠なのだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク