”追い付かれた車両の義務違反”こんな交通違反もあったのか!?

追い越し

先行車両を追い越す場合、交通の状況を正確に把握するとともに、交通規則を厳守した上での的確な操作が求められる。

その一方、追い付かれた車両にも守るべきルールがあることをご存知だろうか。

スポンサーリンク

はじめに

はじめに追い越しをする場合の注意点を確認しておきたいが、道路交通法第28条にその根拠を見ることができる。

追い越しの方法)

1 車両は、他の車両を追い越そうとするときは、その追い越される車両(以下この節において「前車」という。)の右側を通行しなければならない。

2 車両は、他の車両を追い越そうとする場合において、前車が第25条第2項又は第 34条第2項若しくは第4項の規定により道路の中央又は右側端に寄つて通行しているときは、前項の規定にかかわらず、その左側を通行しなければならない。

                            道路交通法第28条より

追い越しの際には先行車両の左側を通行するのが原則だが、交差点や道路外への右折のために道路右側に寄っている車両を追い越す場合にはその左側を通行するのが正しいルールだ。

もちろん追い越しが禁止される状況もあるが、先行車両がさらに他の車両を追い越そうとしている場合と追い越し禁止場所での追い越しは厳禁である。

今さら聞けない追い越し禁止場所と違反した場合の罰則とは!?
車を運転していると、追い越し禁止場所であるにも関わらず平気で追い越しをする車を見かけることがある...

追い付かれた車両の義務

ここからいよいよ本題に入るが、追い越しをしようとする車両に追い付かれた車両にも厳守すべきルールがあるらしい。

その根拠となる道路交通法第27条だが、条文は以下の通りである。

(他の車両に追いつかれた車両の義務)

車両は、第22条第1項の規定に基づく政令で定める最高速度が高い車両に追い付かれたときは、その追いついた車両が当該車両の追い越しを終わるまで速度を増してはならない。最高速度が同じであるか又は低い車両に追い付かれ、かつ、その追いついた車両の速度よりもおそい速度で引き続き進行しようとするときも、同様とする。

                       道路交通法第27条より

同条文では、追い越しをしようとする車両に追い付かれた車両がスピードを上げることを禁止している

これに違反した場合は交通違反に問われるが、反則行為名は追い付かれた車両の義務違反と非常にわかりやすいことが印象的だ。

なお、反則金や罰則については下の表を参照されたい。

反則行為 行政処分 刑事処分
点数 反則金(円) 罰則
大型 普通 2輪 原付
追い付かれた車両の義務違反 1点 7,000 6,000 6,000 5,000 5万円以下の罰金

※ 反則金を納付することで刑事処分を免れることができるが、詳細はリンク先のページを参照されたい。

反則金と罰金の違いを解説! 似ているようで中身は全く違う!?
”交通違反で捕まって罰金を取られた”と言う声を耳にするが、ほとんどの場合、支払ったのは罰金でなく...

注意点

自車が追い越されるのを良しと思わず、走行速度を上げて対抗する事例も報告されているが、絶対に行ってはならない行為である。

いわゆる”バトル状態”になれば危険極まりないことは言うまでもなく、事故に発展して死傷者が出た場合には当事者が”危険運転致死傷罪”に問われる場合もあるのだ。

以下にある通り、危険運転致死傷罪の罰則は非常に重く、最長20年の懲役に処せられる可能性も…。

危険運転致死傷罪の量刑
  • 危険運転致死罪(相手が死亡):1年以上(20年以下)の有期懲役
  • 危険運転致傷罪(相手が負傷):15 年以下の懲役

後ろの車両が”煽り運転”を仕掛けてくる場合など確かに頭に来るが、最悪の事態を回避するためにも軽率な行動は厳禁である。

車間距離の詰め過ぎは交通違反! 煽り運転で懲役の可能性も!?
必要以上に先行車両との車間距離を詰め、圧力をかける悪質な運転を行うドライバーを見かけることがある...

終わりに

追い付かれた車両の義務をご理解いただけただろうか。

後方の車両が追い越しをかけてくる場合は決して走行速度を上げることなく、追い越しが完了するのを待つようしよう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク