急ブレーキで追突事故に! 過失の割合はどうなる!?

追突

運転中、止むを得ず急ブレーキを踏むこともあるが、それによって追突事故が起きてしまった場合の過失の割合はどうなるのだろうか。

また、交通違反に問われることもあるのだろうか。

スポンサーリンク

急ブレーキとは

”急ブレーキ”と言っても、どの程度強くブレーキをかければ急ブレーキになるのだろうか。

交通事故が発生し、急ブレーキの有無が問われる際にも明確にしておかなければならないことである。

一般的には、車に搭載される”ABS(アンチロック・ブレーキ・システム)”が作動する程度の強さでのブレーキが急ブレーキとされているようだ。

あまりにも強くブレーキをかけると、タイヤがロックしてしまいその結果余計に滑ってしまうことがある。

それでは余計に危険なので、強くブレーキを踏んだ際にタイヤがロックしないようにコンピューターが制御してくれるシステムがABSである。

このABSが作動するとすれば、かなりの急ブレーキをかけた場合と考えてよいだろう

交通違反

走行中の急ブレーキが交通違反に問われるケースもある。

これを規定している”道路交通法第24条”を見てみよう。

車両等の運転者は、危険を防止するためやむを得ない場合を除き、その車両を急に停止させ、又はその速度を急激に減ずることとなるような急ブレーキをかけてはならない。

                        道路交通法第24条より

”危険を回避するためにやむを得ない場合”を除いては、急ブレーキを踏んではいけないと言うことが規定されている。

不必要な急ブレーキは、”急ブレーキ禁止違反”に問われることになるのだ。

罰則等の処分については以下の通り。

違反行為 行政処分 刑事処分
点数 反則金 罰則
 大型車 普通車 2輪車 原付
急ブレーキ禁止違反 2点 9,000円 7,000円 6,000円 5,000円 3ヶ月以下の懲役又は5万円以下の罰金

 ※ 反則金を納付することで刑事処分を免れることができる。詳細は以下のページを参照して欲しい。

反則金と罰金の違いとは!? 似ているようで全く違う!
”交通違反をすると罰金を払わなければならない”と考えている人も多いが、多くの場合はそれは罰金ではなく...

違反になるケース

この違反の有無を判断するためのポイントは、”危険を回避するためにやむを得ない場合”に該当するかどうかと言うことである。

道路交通法第24条には、”危険を回避するためにやむを得ない場合を除き”と規定されているからだ。

”急に子供が飛び出してきた”、”赤信号を無視して歩行者が横断を始めた”場合などは、これに該当する可能性は十分にある。

一方、”新車を購入したのでそのブレーキの効き具合を試してみた”とか、”アイスバーンでのブレーキングを試してみた”と言ったケースは、当然ながら交通違反になる。

後ろの車が”煽り運転”を仕掛けてきたので頭に来て急ブレーキを踏んだ”と言う場合なども、もちろん違反だ。

”追い越しをしようとする車に追い付かれた車両は進路を譲らなければならない”と言う決まりがあるからだ。

”追い付かれた車両の義務違反”こんな交通違反もあったのか!
先日投稿したように、猛烈なスピードで前の車を煽り、圧力をかける煽り運転は本当に危険であり、絶対にやっ...

もちろん、煽り運転自体が絶対に許されるものではないことは、言うまでもない

車間距離の詰め過ぎは交通違反! 煽り運転で懲役の可能性も!
急いでいるのか、以上なまでに車間距離を詰めて来る車が少なくない。車間距離を詰め過ぎるのは危険な行為だ...

また、動物が飛び出してきた場合については、その判断が非常に難しいが、詳しくは以下のページを読んで欲しい。

動物の飛び出しで急ブレーキは交通違反? 事故の場合は!?
”動物が飛び出してきてもブレーキを踏んではいけない”と言う人がいるが、本当だろうか。急なブレーキ操作...

事故になった場合

追突事故

過失割合

例えば、前を走行していた車Aが急ブレーキをかけて、後ろを走行していた車Bに衝突されたとしよう。

この場合の過失割合は、車Aが約20パーセント、車Bが約80パーセントとなるようだ。

確かに、事故がA車の急なブレーキ操作に起因することは事実である。

しかし、それ以上に、”B車は前を走行する車との車間距離を十分に確保する義務を怠った”と判断されるのだ。

その根拠は、”道路交通法第26条”にある。

車両等は同一の進路を走行している他の車両等の直後を進行するときは、その直前の車両等が急に停止したときにおいてもこれに追突するのを避けることができるため必要な距離を、これから保たなければならない。

                         道路交通法第26条より

ドライバーは、万が一のことが起こっても前の車に追突しないだけの十分な車間距離を確保しなければならないことが規定されていることがわかる。

よって、今回のケースでは、追突した後続車Bはその過失を免れることはできないのだ。

車間距離の詰め過ぎは交通違反! 煽り運転で懲役の可能性も!
急いでいるのか、以上なまでに車間距離を詰めて来る車が少なくない。車間距離を詰め過ぎるのは危険な行為だ...

とはいえ、その過失割合が”10対0”や”0対10”になることは、ほぼ100パーセントと言ってよいほどあり得ない。

両者に一定の割合の過失があるとの判断がなされるのだ

何とも後味の悪い結果になってしまうので、このような事故の発生自体を防ぐことが、何よりも重要なのである。

刑事責任

事故になれば、当事者には刑事責任も問われることになる。

刑事・行政・民事! 交通事故の3つの責任と処分とは!?
起こらないに越したことはないが、交通事故を起こしてしまった場合には、どのような責任や処分を受けること...

今回のケースで言えば、やはり、A車B車ともにその責任を追及される蓋然性が高いように思われる。

A車を急ブレーキ違反に問うことが困難な場合でも、”安全運転義務違反”に問われるだろうし、同じくB車も”安全運転義務違反”に問われる確率が極めて高い。

安全運転義務違反の内容とは! 事故になれば必ずこの違反に?
”安全運転義務違反”と言う交通違反があるが、いまいち具体的な内容がわからない。また、交通事故を起こせ...

また、その事故により誰かが死傷してしまった場合には、道路交通法違反を問われるだけでなく、”自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律”による処分がなされる。

ほとんどの場合は”過失運転致死傷罪”になるのだが、”煽り運転を仕掛けてきた後続車に対し故意に急ブレーキを踏んだ”と言うケースなどでは、”危険運転致死傷罪”に問われることもある。

この場合は、煽り運転を仕掛けた後続車Bも、同じく危険運転致死傷罪に問われるだろう。

その行為自体が危険極まりないだけでなく、その罰則も大変厳しいものであることも理解しなければならないのだ。

危険運転致死傷罪の量刑
  • 危険運転致死罪(相手が死亡):1年以上(20年以下)の有期懲役
  • 危険運転致傷罪(相手が負傷):15 年以下の懲役
過失運転致死傷罪の量刑

・7年以下の懲役もしくは禁固、または100万円以下の罰金 

終わりに

不必要な急ブレーキは、大変危険な行為であるし、絶対に行ってはいけない。

やむを得ない急ブレーキであっても、交通事故になってしまえば大変なことになってしまうので、車間距離を十分に確保し、常に安全運転を心掛けるよう努めなければならないのである。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク