追い越し車線を走り続けると捕まる!? 通行帯違反に注意しよう!

追越車線

高速道路など片側2車線以上が設けられている道路で追越車線を走り続ける車を見かけることがあるが、交通違反で検挙される可能性があることをご存知だろうか。

今回は通行帯違反について投稿するので、ぜひ最後までお読みいただきたい。

スポンサーリンク

追い越し車線とは

片側2車線の道路の場合、左側の車線が走行車線で右側の車線は追い越し車線である。

追い越し車線とはその名の通り追い越しをするための車線のことを言うが、片側3車線以上の道路では最も右側の車線がこれに該当することも理解しておきたいところだ。

通行帯違反

道路交通法第20条を読んでみると、理由もなく追越し車線を走行し続ける行為が交通違反であることがわかる。

(車両通行帯)

1  車両は、車両通行帯の設けられた道路においては、道路の左側から数えて1番目の車両通行帯を走行しなければならない。ただし、自動車によっては、当該道路の左側部分に3以上の車両通行帯が設けられているときは、政令で定めるところにより、その速度に応じその最も右側の車両通行帯以外の通行帯を通行することができる。

2  車両は、追越しをするとき、第25条第1項若しくは第2項、第34条第1項から第5項まで若しくは第35条の2の規定により道路の左側端、中央若しくは右側端によるとき第35条第1項の規定に従い通行するとき、第26条の2第3項の規定によりその通行している車両通行帯をそのまま通行するとき、第40条第2項の規定により一時進路を譲るとき、又は道路の状況その他の事情によりやむを得ないときは、前2項の規定によらないことができる。この場合において、追越しをするときは、その通行している車両通行帯の右側の車両通行帯を通行しなければならない。

                        道路交通法第20条より

様々な条文の名前が登場するため非常に読み難いが、大きく2つのことが規定されている。

1つは車両通行帯が設けられた道路において、車両は最も左の車両通行帯を走行しなければならないこと(第1項)。

そしてもう1つは、①右折をする場合、②追い越しをする場合、③緊急車両に進路を譲る場合は最も左の車線以外の車線を走行してもよいことだ(第3項)。

以上のことから、車両は追い越し、右折、緊急車両への進路の譲渡を行う場合のみ追い越し車線の通行が可能だが、それらの行為が終わり次第走行車線へ戻る義務を負うと解釈できる。

よって、追い越しや右折をする必要がない状況にも関わらず追い越し車線を走り続ける行為は交通違反に該当するのだ。

反則行為名は通行帯違反だが、罰則や点数等の処分は下の表にある通り。

反則行為 行政処分 刑事処分
点数 反則金(円) 罰則
大型 普通 2輪 原付
通行帯違反 1点 7,000 6,000 6,000 5,000 5万円以下の罰金

※ 反則金を納付することで刑事処分を免れることができるが、詳細はリンク先のページを参照されたい。

反則金と罰金の違いを解説! 似ているようで中身は全く違う!?
”交通違反で捕まって罰金を取られた”と言う声を耳にするが、ほとんどの場合、支払ったのは罰金でなく...

取り締まり状況

一般道

一般道でこの通行帯違反に問われるケースは極めて稀なようだ。

私自身が追い越し車線を走り続けた経験を持つが検挙されたことはないし、誰かが通行帯違反で捕まったと言う話も聞いたこともない。

恐らくではあるが、一般道では右折のために追い越し車線に入る機会が多いため、正当な理由のない追い越し車線走行を立証することが困難なものと思われる。

高速道路

その一方、高速道路での通行帯違反の取り締まりはかなり厳しいようだ。

実際に捕まったと言う話もよく聞くし、テレビの警察特集番組等でも 追い越し車線を走り続けた車両が通行帯違反で検挙されるシーンがしばしば放送されている。

高速道路は一般道よりも走行速度が速く、不必要に追い越し車線を走行する車両の増加が事故につながる可能性があるだけに致し方ないところか。

また、一般道と違って右折する必要がないことも大きいと思う。

高速道路では一般道の様に右折の必要性がないわけだから、追い越しのため以外に右側車線を走行する理由がないのである。

終わりに

追越車線の通行と通行帯違反の関係をご理解いただけただろうか。

特に高速道路を走行する場合には、追い越しをする場合を除いて左車線を通行するのが正しいルールであることを意識するようにしよう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク