通行帯違反! 追い越し車線を走り続けると大変なことに!?

追い越し車線

片側2車線の道路で右側の車線を走行することもあるかと思うが、そのまま右車線を走り続けると大変なことになるかもしれない。

今回は、通行帯違反という交通違反について投稿する。

スポンサーリンク

追い越し車線

片側2車線の道路の場合、右側の車線は”追い越し車線”である。

追い越し車線とは、その名の通り、前を走行する車を追い越すための車線だ。

同時に、右折する場合、若しくは右折レーンへと進入するためにもこの右側の車線を走行する必要がある。

ちなみに、片側3車線以上の道路では、最も右側の車線が追い越し車線になることも理解しておきたいところだ。

通行帯違反

”道路交通法第20条”を読んでみると、理由もなく追越し車線を走行し続けるのは交通違反であることがわかる。

1、車両は、車両通行帯の設けられた道路においては、道路の左側から数えて1番目の車両通行帯を走行しなければならない。ただし、自動車によっては、当該道路の左側部分に3以上の車両通行帯が設けられているときは、政令で定めるところにより、その速度に応じその最も右側の車両通行帯以外の通行帯を通行することができる。

2、車両は、追越しをするとき、第25条第1項若しくは第2項、第34条第1項から第5項まで若しくは第35条の2の規定により道路の左側端、中央若しくは右側端によるとき第35条第1項の規定に従い通行するとき、第26条の2第3項の規定によりその通行している車両通行帯をそのまま通行するとき、第40条第2項の規定により一時進路を譲るとき、又は道路の状況その他の事情によりやむを得ないときは、前2項の規定によらないことができる。この場合において、追越しをするときは、その通行している車両通行帯の右側の車両通行帯を通行しなければならない。

                        道路交通法第20条より

この条文には、道路交通法の中の様々な条文の名前が登場するので、非常に読み難い。

要約すれば、”追越しをする場合、右折をする場合、緊急車両に道を譲る場合を除いては、追越し車線を走行してはならない”と言うことが規定されているのだ。

追い越しや右折をするわけでもないのに追い越し車線を走行し続ければ、立派な交通違反ということになる。

反則行為名は、”通行帯違反”であるが、罰則や反則点数については以下の通り。

反則行為 行政処分 刑事処分
点数 反則金 罰則
 大型車 普通車 2輪車 原付
通行帯違反 1点 7,000円 6,000円 6,000円 5,000円 5万円以下の罰金

 ※ 反則金を納付することで刑事処分を免れることができる。詳細は以下のページを参照して欲しい。

反則金と罰金の違いとは!? 似ているようで全く違う!
”交通違反をすると罰金を払わなければならない”と考えている人も多いが、多くの場合はそれは罰金ではなく...

取り締まりの状況

一般道

一般道でこの通行帯違反に問われるケースは極めて稀なようだ

私自身、知識がないために追い越し車線を走行し続けた経験もあるが、1度も交通違反を問われたことがない。

また、通行帯違反で捕まったと言う声も聞いたこともない。

おそらくではあるが、一般道では右折のためにも追い越し車線に入る必要があるため、追い越し車線を走行している車がいたとしても違反を追求することが困難なものと思われる。

高速道路

一方、高速道路での通行帯違反の取り締まりは、かなり厳しいようだ

実際に捕まったと言う話もよく聞くし、テレビの警察特集番組などでもそのシーンがしばしば放送されている。

高速道路では一般道よりも走行速度が速いため、追い越し車線を走行する車の数が多くなると前が詰まってしまう。

その結果、高速走行中に急ブレーキを踏まなければならないことにもなりかねないので大変危険なのだ。

高速道路での通行帯違反の取り締まりが厳しいことも当然といえば当然なのである。

また、一般道と違って右折する必要がないことも大きい

一般道では、右折のためにも追い越し車線を走行しなければならないため、違反を問うことは警察にとって簡単なことではない。

ところが、高速道路ではそもそも右折の必要性がないわけだから、右側車線を走行することには正当性がないのである。

終わりに

交通違反になるとは知らずに右側の車線を走行し続けるドライバーも少なくないが、普段は左レーンを走行するように意識しよう。

特に、高速道路で追い越し車線が渋滞してしまうことは危険なので、十分に注意しなければならない。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク