トンネル内は昼間でもライトが必要? つけないと交通違反?

トンネル

夜間に、ヘッドライトをつけないで走行している車を見かけることがあるが、本当に危険だし、立派な交通違反なので絶対にやらないで欲しい。

同じく、トンネル内でも当たり前のように無灯火の車が多いが、こちらは違反にはならないのだろうか・・・。

スポンサーリンク

無灯火違反

夜間、無灯火で道路を走行すれば、”無灯火違反”に問われる。

これが規定されている、”道路交通法第52条”を見てみよう。

車両等は夜間(日没時から日出時までの時間をいう。)、道路にあるときは、政令で定めるところにより、前照灯、車幅灯、尾灯その他の灯火をつけなければならない。政令で定める場合においては、夜間以外の時間にあっても、同様とする。

                     道路交通法第52条第1項より

道路交通法の条文の中でも特に簡単に読むことができるのだが、”夜間にはライトを点けるように”と言うことが書かれている。

夜間とは日没から日出までと言うことだが、あたりが暗くなり始めたあたりからライトを点け始めれば問題ないだろう。

さらに、”政令で定める場合においては、夜間以外の時間にあっても、同様とする”と書かれていることも見逃してはならない。

無灯火違反の罰則や反則点数は以下の通り。

反則行為

行政処分 刑事処分
点数 反則金 罰則
 大型車 普通車 2輪車 原付
無灯火違反 1点 7,000円 6,000円 6,000円 5,000円 5万円以下の罰金

 ※ 反則金を納付することで刑事処分を免れることができる。詳細は以下のページを参照して欲しい。

反則金と罰金の違いとは!? 似ているようで全く違う!
”交通違反をすると罰金を払わなければならない”と考えている人も多いが、多くの場合はそれは罰金ではなく...

トンネル内

ここで気になるのがトンネル内での無灯火運転の是非であるが、”道路交通法施行令第19条”にその答えが書いてある。

(夜間以外の時間で灯火をつけなければならない場合)

法第52条第1項後段の政令で定める場合は、トンネルの中、濃霧がかかっている場所その他場所で、視界が高速自動車国道及び自動車専用道路においては200メートル、その他道路においては50メートル以下であるような暗い場所を通行する場合及び当該場所に停車し、又は駐車している場合とする。

                     道路交通法施行令第19条より

政令で指定されている場合は、トンネルの中でもライトをつけなければならないことが規定されているのだが、その具体的な状況についても規定されている。

高速道路と自動車専用道路では”200m先まで”、その他道路では”50m先まで”の視界を確保することができない暗い場所を通過する場合には、ライトをつけなければならないのだ。

トンネル内で灯火しなければならない場合
  • 高速道路、自動車専用道路:200m先までの視界が確保できない場合
  • 一般道:50m先までの視界が確保できない場合

逆を言えば、トンネル内であっても、高速道路と自動車専用道路では200m先まで、その他道路では50m先までの視界の確保が可能な場合には灯火の必要がないということでもある。

しかしながら、200m先までの視界と言われても、どれくらい見えていればよいのかの判断は非常に難しく、曖昧であることも事実だ。

取り締まりの状況

実際にこれで交通違反に問われることがあるのかどうかが気になるところだが、実際に捕まるケースも少なくないらしい。

ただし、現場の警察官によっては見逃すこともあるようだ

先ほど述べた通り、200mあるいは50m先までの視界の確保が可能かどうかの判断が微妙と言うこともあるのだろうが、やはり現場の警察官の裁量が大きいと思われる。

余計なことは考えずに、トンネルでは必ずライトを点けるようにすれよいわけで、それがベストな方法であることは間違いないだろう。

終わりに

本投稿で述べた通り、トンネル内での無灯火運転は必ずしも交通違反になるわけではないが、交通の安全にとっては、やはり灯火は必要だ。

トンネルに入ったら必ずライトを点けるように努めよう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク