トンネル内でのライト点灯は義務? 法律を調べると意外な事実が!?

トンネル

トンネル内を走行中、当たり前の様に無灯火で通行する車両を見かけることが多いが、これは交通違反ではないのだろうか。

調べて見ると意外なことがわかったので、早速投稿したい。

スポンサーリンク

灯火の義務

まずは車両等の灯火について規定する道路交通法第52条第1項を確認したいが、下に条文を載せた。

(車両等の灯火)

車両等は夜間(日没時から日出時までの時間をいう。)、道路にあるときは、政令で定めるところにより、前照灯、車幅灯、尾灯その他の灯火をつけなければならない。政令で定める場合においては、夜間以外の時間にあっても、同様とする。

                       道路交通法第52条第1項より

あえて説明するまでもなく、夜間における灯火義務が規定されていることをご理解いただけるはず。

中でも、特に注目すべきは条文下段である。

”政令で定める場合においては、夜間以外の時間にあっても、同様とする”との規定が見られるが、この”政令”こそがトンネル内での灯火義務の有無を知るための鍵になるはずだ。

なお、灯火の義務に違反した場合は無灯火違反に問われるが、罰則等の処分は下の表にある通り。

反則金 行政処分 刑事処分
点数 反則金(円) 罰則
大型 普通 2輪 原付
無灯火違反 1点 7,000 6,000 6,000 5,000 5万円以下の罰金

※ 反則金を納付することで刑事処分を免れることが可能だが、詳細はリンク先ページを参照されたい。

反則金と罰金の違いを解説! 似ているようで中身は全く違う!?
”交通違反で捕まって罰金を取られた”と言う声を耳にするが、ほとんどの場合、支払ったのは罰金でなく...

トンネル内での灯火

道路交通法第52条第1項下段にある”政令”とは、道路交通法施行令第19条のことを言う。

ここで定められる状況においては、夜間以外の時間帯であってもライトを点灯させなければならないわけだが、下に条文を載せたのでご確認いただきたい。

(夜間以外の時間で灯火をつけなければならない場合)

法第52条第1項後段の政令で定める場合は、トンネルの中、濃霧がかかっている場所その他場所で、視界が高速自動車国道及び自動車専用道路においては200メートル、その他道路においては50メートル以下であるような暗い場所を通行する場合及び当該場所に停車し、又は駐車している場合とする。

                       道路交通法施行令第19条より

これによれば、トンネル内及び濃霧がかかっている場所において、一般道は視界が50メートル以下、高速道では200メートル以下の状況では灯火の義務があることがわかる。

逆を言えば、トンネル内であっても、高速道路と自動車専用道路では200メートル先まで、その他道路では50メートル先まで視界が確保されている状況での灯火は不要。

トンネル内で灯火が必要な場合
  • 高速道路、自動車専用道路:200m先までの視界が確保できない場合
  • 一般道:50m先までの視界が確保できない場合

トンネル内での灯火が絶対ではないことには驚かされるが、画像の様にトンネル内部に太陽光が差し込む構造であれば視界も良く、確かにライトは必要ないかもしれない。

しかしながら、実際に何メートル先までの視界が確保されているのかを正確に判断することは決して容易ではないはず。

よほど明るいトンネルでもない限り、ライトを点けるのが無難だと思う。

取り締まり状況

取り締まり状況も気になるところだが、もちろん検挙された事例も存在する。

しかしながら、完全に無灯火でトンネル内を通行している車両を当たり前に様に見逃している警察車両も…。

やはり、200メートルあるいは50メートル先までの視界の確保されているかどうか正確な判断が難しいことが影響しているのだろうか。

いずれにせよ、実際に検挙されるかどうかは現場の警察官の裁量によるところが大きいものと思われる。

ちなみに私の近所のトンネルの場合、20年ほど前は頻繁に無灯火違反の取り締まりが行われていたが、最近では全くその様子を見かけることがない。

終わりに

トウンネル内での灯火の必要性をご理解いただけただろうか。

状況によっては無灯火でも問題ないことは事実だが、個人的にはやはりライトを点灯させるのがベターであるように思える。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク