ロービームとハイビーム! 普段はどっちで走行するの?

前照灯

対向車とすれ違う時にハイビームを使ってはいけないことはご存知だと思うが、そのこともあり、普段からロービームで走行している人も少なくないと思う。

そこでふと気になったのだが、走行中のヘッドライトの使い方について厳密な決まりはあるのだろうか。

スポンサーリンク

前照灯

まずは、2種類の前照灯すなわち、ロービームとハイビームの違いについて確認しておく。

ご存知の通り、ハイビームは遠くまで照らすことができるが、ロービームが届く距離はそれと比べて短い。

ハイビームの照射可能な距離は前方約”100m強”、ロービームは”約40m”である。

ハイビームの照射可能な距離はロービームの2倍以上も長いのだ。

現状では、ほとんどのドライバーが、普段からロービームを使用している

前照灯の照射可能な距離
  • ハイビーム:前方100メートル強
  • ロービーム:前方約40メートル

法律上は

弁護士

前照灯の使用について規定されているのは、”道路交通法第52条”であるが、以下にその条文を載せる。

車両等は夜間(日没時から日出時までの時間をいう。)、道路にあるときは、政令で定めるところにより、前照灯、車幅灯、尾灯その他の灯火をつけなければならない。政令で定める場合においては、夜間以外の時間にあっても、同様とする。

2、車両等が、夜間(前項降段の場合を含む。)、他の車両等と行き違う場合又は他の車両等の直後を進行する場合において、他の車両等の交通を妨げるおそれがあるときは、車両等の運転者は、政令で定めるところにより、灯火を消し、灯火の光度を減ずる等灯火を操作しなければならない。

                        道路交通法第25条より

ハイビームが原則

結論から言えば、普段はハイビームで走行しなければならないことになる

その理解のポイントは、条文の第2項だ。

ここでは、”対向車や前を走行する車の走行の邪魔になるおそれがあるときは、灯火を消すか、その明かりの光度を減じなければならないと”規定してある。

明かりの高度を減じると言うのは、ハイビームからロービームへ切り替えることを意味していることは言うまでもない。

よって、”逆に、普段はハイビームで走行しなければならない”との解釈になるらしい。

ロービームを使う場合は、あくまでも、”ハイビームの光によって対向車や前を走行する車の交通安全を妨げる恐れがある場合”に限られると言うことになる。

減光等義務違反

対向車とすれ違う場合や、前を走行する車がいるにも関わらずハイビームを使用すれば、交通違反になる。

反則行為名は、”減光等義務違反”であるが、反則点数や罰則などについては以下の通り。

違反行為 行政処分 刑事処分
点数 反則金 罰則
 大型車 普通車 2輪車 原付
減光等義務違反 1点 7,000円 6,000円 6,000円 5,000円 5万円以下の罰金

 ※ 反則金を納付することで刑事処分を免れることができる。詳細は以下のページを参照して欲しい。

反則金と罰金の違いとは!? 似ているようで全く違う!
”交通違反をすると罰金を払わなければならない”と考えている人も多いが、多くの場合はそれは罰金ではなく...

取り締まりについては、この減光等義務違反のみで捕まるケースはほとんど無いようだ。

一方で、”煽り運転”を行うドライバーが、前を走行する車両に対して不必要なパッシングを繰り返した場合などには、その行為が厳しく追及される。

もちろん、その場合は減光等義務違反ではなく、”車間距離不保持”や”安全運転義務違反”に問われる蓋然性が高い。

車間距離の詰め過ぎは交通違反! 煽り運転で懲役の可能性も!
急いでいるのか、以上なまでに車間距離を詰めて来る車が少なくない。車間距離を詰め過ぎるのは危険な行為だ...

無灯火違反

”ハイビームが原則”からすれば、普段ロービームで走行する行為も交通違反と言うことになってしまう。

理論的には”無灯火違反”になるのだが、実際にこれで捕まることがあるのかどうかは定かではない。

条文の解釈そのものに議論の余地がないとも言えない中で、これを反則行為に問うことはなかなか難しいものと思われる。

もちろん、ハイビームはおろか、ライトそのものを点けずに夜間走行すれば間違いなくこの違反に問われることは言うまでもない。

トンネル内は昼間でもライトが必要? つけないと交通違反?
夜間に、ヘッドライトをつけないで走行している車を見かけることがあるが、本当に危険だし、立派な交通違反...

危険極まりない行為なので、絶対に行わないようにしよう。

無灯火違反についての処分は以下の通り。

違反行為 行政処分 刑事処分
点数 反則金 罰則
 大型車 普通車 2輪車 原付
無灯火 1点 7,000円 6,000円 6,000円 5,000円 5万円以下の罰金

安全性

交通の安全にとっては、ハイビームの方が高いことは間違いないだろう。

照射可能な距離が圧倒的に違うからだ。

遠くまで照らすことができるということは、より早く前方の危険を察知することができることに他ならない。

一方、対向車とのすれ違いの場面でハイビームを使われると、相手は非常に困る。

”眩しすぎて前方が全く見えない”ということもあり得るのだ。

これはこれで非常に危険なことであるので、このような場面では速やかにロービームに切り替える必要がある。

終わりに

夜間の運転では、ライトの操作もとても大切である。

ハイビームを基本としつつも、必要に応じて速やかにロービームへの切り替えを行うことで交通の円滑化に大きく貢献できるはずだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク