要注意! 雨の日の運転で気を付けたい5つのポイントとは!?

雨の日 運転

梅雨の季節など、雨の中を運転しなければならないこともあると思うが、普段よりも運転し難く、事故を起こす確率も上がってしまう。

今回は、雨の日の運転で特に注意したい点について投稿してみたい。

スポンサーリンク

前方視界

改めて言うまでもないかもしれないが、雨の日には前方視界が圧倒的に悪化する

窓ガラスに付着する水滴をワイパーで除去することが可能とはいえ、周囲が暗いことによる視界の悪化は深刻なものだ。

特に、夕暮れ時から夜間にかけては最悪で、濡れた路面にヘッドライトの光が反射するために周囲の状況を把握することが極めて困難になってしまう。

対策としては、やはり走行速度を落とし、より集中力を高めて正確な状況の把握に努めることが大切を思われる。

単に最高速度を厳守するだけでなく、状況に応じた安全な速度での運転が求められるのだ。

窓ガラス

雨が降る状況では湿度が高く、窓ガラスが曇りやすいことにも注意しなければならない。

ただでさえ、視界が悪いのに、ガラスの曇りまで発生してしまったのでは致命的と言っても過言ではないくらいだ。

エアコンのスイッチを入れるだけで解決することができるのだが、燃費の悪化やエンジン出力が低下するのを気にしてそのまま走行する人もいるらしい。

気持ちがわからないでもないが、絶対に止めて欲しいと思う。

万が一のことが起こってからでは全てが手遅れなのだから、少しでもガラスが曇り始めたらすぐにエアコンをオンにすることが大切だ。

サイドミラー

サイドミラー

サイドミラーが曇ったり、水滴が付いてしまうことも厄介な問題だ。

運転前に、付着した水分を拭き取ることは可能だが、走行中にも雨が降り続ければそれもできない。

最も確実な対処法はミラーヒーターを使用することだが、一部の高級車を除いては、4WD車以外には搭載されない場合もある。

これについては、全車に標準装備されるようにメーカーに頑張って欲しいところだ。

現実的な対処法としては、こまめに水分を拭き取るか、事前に撥水スプレーを散布しておくのがよいと思う。

路面状況

雨の日 路面

制動距離

雨の日には、当然のことながら路面状況が悪化する。

具体的にはタイヤがスリップしてしまう確率が高まるのだが、滑るのは雪の日と油断しているドライバーが少なくないことも大きな問題だ。

また、制動距離(ブレーキが効き始めてからタイヤが停止するまでの距離)が普段よりも伸びてしまうことも見逃すことができない。

雨の日は視界が悪化する上にブレーキの効き自体も影響を受けるのだから、速度を控えめにし、より早めのブレーキングを心がけるようにしよう。

特に、高速道路を走行する際には速度コントロールが極めて重要だが、普段よりも長めの車間距離を確保することも重要だ。

また、タイヤの減り具合が制動距離やスリップする確率に大きく影響するので、普段から状態チェックしておくのが望ましい。

車の停止距離を理解しよう! 空走距離・制動距離との違いは!?
”停止距離”と言う言葉を耳にすることがあるが、どのようなものを指すのだろうか。同時に、空走距離や制動...

ハイドロプレーニング現象

これが最も恐れるべきことかもしれないが、ハイドロプレーニング現象が発生する可能性がある。

これは、道路に溜まった水がタイヤと路面との間に入り込んでしまい、タイヤが水の上を滑ってしまう現象だが、本当に恐ろしい。

一旦これが派生してしまうと、ブレーキ、ハンドル、アクセルいずれの操作も無効化してしまうので、ドライバーは何もできなくなってしまうのだ。

高速道路を走行する車が続々とこの状況に陥ったために、大惨事になった事例があることも覚えておいて欲しい。

このハイドロプレーニング現象が発生する要因は何と言っても路面上の水量の増加だが、タイヤの状態や走行速度がその発生確率に影響する。

タイヤの溝が大きく減っていたり、空気圧が不足していたりすることがないように、普段からのチェックを怠らないことが大切なのだ。

同時に、速度の出し過ぎが厳禁であることは言うまでもない。

路面状況が悪い場合には、普段よりも控えめな速度と十分な車間距離の確保が何よりも大事であることを繰り返しておきたいと思う。

ハイドロプレーニング現象が発生する要因
  • 路面上の水量の増加
  • タイヤの消耗
  • タイヤの空気圧不足
  • スピードの出し過ぎ 

終わりに

普段よりも交通事故を起こしてしまうリスクが上昇する雨の日の運転では、最新の注意を払うことが必要とされる。

注意点は多くあるが、できることから1つ1つ、確実に実践するようにしよう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク