交通違反!? 高速道路でガス欠すると大変なことに!

ガス欠

うかり給油を忘れ危うくガス欠という状態をを経験したことがある人もいるかと思うが、ガス欠は決して笑い事では済まないのだ。

場合によっては大変なことになることも・・・。

スポンサーリンク

交通違反

何と、ガス欠により交通違反に問われることもあるのだ。

”道路交通法第75条10”を見てみよう。

(自動車の運転者の遵守事項)

自動車の運転者は、高速自動車国道等において自動車を運転しようとするときは、あらかじめ、燃料、冷却水若しくは原動機のオイルの量又は貨物の積載の状態を点検し、必要がある場合においては、高速自動車国道等において燃料、冷却水若しくは原動機のオイルの量の不足のため当該自動車を運転することができなくなること又は積載している物を転落させ、若しくは飛散させることを防止するための措置を講じなければならない。

                      道路交通法第75条の10より

要約すれば、高速道路での運転の際には、燃料や冷却水、エンジンオイル、積載物の状態を点検し、それらが不足したり転落したりしないようにしなければならないと言うことだ。

よって、仮にも高速走行中にガス欠になってしまえば、立派な交通違反と言うことになるのである。

”高速自動車国道等運転者遵守事項違反”に問われるのだ。

いかにもと言う名称であるが、立派な交通違反であることに変わりはないので、十分に注意する必要がある。

この交通違反に問われた場合は、以下のような処分を受けることになる。

反則行為 行政処分 刑事処分
点数 反則金 罰則
 大型車 普通車 2輪車 原付
高速自動車国道等運転者遵守事項違反 2点 12,000円 9,000円 7,000円   3ヶ月以下の懲役または5万円以下の罰金

 ※ 反則金を納付することで刑事処分を免れることができる。詳細は以下のページを参照して欲しい。

反則金と罰金の違いとは!? 似ているようで全く違う!
”交通違反をすると罰金を払わなければならない”と考えている人も多いが、多くの場合はそれは罰金ではなく...

確かに、走行速度が時速100km/hにもなる高速道路で、ガス欠により車が停止してしまうことは危険極まりないことである。

よって、交通違反に問われても致し方ないだろう。

一方、ガス欠が交通違反になるのは高速道路のみであり、一般道ではその対象ではない

しかしながら、周囲の車に迷惑をかけることに変わりはないので、ガス欠になってしまう前にしっかり給油しておく必要がある。

対処法

電話

万が一ガス欠になってしまった場合はどうしたらよいのだろうか。

対処法としては、ガソリンスタンドまで車を押して行くか、ガソリンを買ってきて給油するしかないのだが、うまく行かない可能性もある。

一般道で近くにガソリンスタンドがあればそこまで車を押して行くことも不可能ではないが、近くにガソリンスタンドがなければどうしようもないからだ。

さらに、それが高速道路であれば完全にお手上げと言わざるを得ない

高速道路では、ガソリンスタンドからガソリンスタンドまでの距離が100km以上あるケースも珍しくないからだ。

現実的な方法としては、”JAF”をはじめとするロードサービスに連絡するのがよいと思う。

彼らが到着するまで時間がかかるかもしれないが、車を離れる必要もないし安全面からもベストな方法であると言える。

JFFの料金は以下の通り。

年会費を納めているのであれば何度でも無料であるが、非会員の場合はかなりの額になるので、会員になっておくのもよいかもしれない。

JAF”燃料切れ救助”料金 一般道 高速道
日中 夜間 SA・PA内 SA・PA以外
日中 夜間 日中 夜間
会員 無料
非会員 8,230円 10,290円 10,290円 12,340円 16,460円 19,540円

終わりに

交通違反になるだけでも厄介だが、ガス欠が周りの交通に与える影響は大きい。

交通の安全という観点からも、そのようなことが起こらないように、余裕をもって給油するようにしよう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク