交通違反!? サンダルやハイヒールで運転すると大変なことに!

ハイヒール

ハイヒールを履いたまま車を運転している女性を見かけるが、うまく運転できるのか心配になってしまうことがある。

ハイヒールを履いての運転が危険なことは言うまでもないが、実は立派な交通違反なのだ。

スポンサーリンク

交通違反

安全運転義務違反

ペダルの操作に支障が出る恐れがあるだけでなく、サンダルやハイヒールを履いての運転は立派な交通違反である。

難しいことを言わずとも、警察官に”安全運転義務違反”と言われれば、それで反則切符を切られるだろう。

道路交通法における”安全運転の義務”についての条文は極めて抽象的であり、”安全運転に支障をきたす恐れがある”と判断される行為は、全て交通違反とされかねないのである。

詳しくは、以下のページを参照して欲しいが、運転車にはこの安全運転の義務があることを理解しておかなければならないのだ。

安全運転義務違反の内容とは! 事故になれば必ずこの違反に?
”安全運転義務違反”と言う交通違反があるが、いまいち具体的な内容がわからない。また、交通事故を起こせ...

公安委員会遵守事項違反

サンダルやハイヒールを履いての運転が、”公安委員会遵守事項違反”に問われる可能性も十分にある。

訳のわからない名前の交通違反と思われるかもしれないが、”道路交通法第71条”にしっかりとこれが規定されているのだ。

(運転者の遵守事項)

車両等の運転者は、次に掲げる事項を守らなければならない。

(一から五まで省略)

六  前各号に掲げるもののほか、道路又は交通の状況により、公安委員会が道路における危険を防止し、その他交通の安全を図るため必要と認めて定めた事項

                        道路交通法第71条より

条文を読んでいただければお分かりかと思うが、運転者は、各都道府県公安委員会が定めた事項にを遵守しなければならないことが規定されている。

これに違反すれば、公安委員会遵守事項違反になるというわけだ。

例えば、北海道には北海道公安委員会が定める”北海道道路交通法施行細則”なるものがあるし、宮城県には”宮城県道路交通規則”がある。

これらの条例の中で、交通の安全のために運転者が遵守しなければならないことが具体的に規定されているのだ。

詳しくは以下のページを参照して欲しいが、雪道をノーマルタイヤで走行してはいけないということもこれらの中に規定されている。

ノーマルタイヤで雪道走行は交通違反! さらに事故を起こすと・・・
昨日〜今日と、猛烈な寒波の影響で西日本を中心に大雪となっているが、あまり雪が降らない地域では、”冬場...

サンダル、ハイヒールを履いての運転に話を戻すが、宮城県道路交通規則には以下のような規定がある。

法第71条第6号の規定により、車両の運転者は、車両を運転するときは、次の各号に掲げる事項を守らなければならない。

(2) 運転操作の妨げとなる様な服装をし、又は木製サンダル、下駄その他運転操作の妨げとなるような履物を履いて、自動車又は原動機付自転車を運転しないこと。

                    宮城県道路交通規則第14条より

さすがに、木製サンダルと下駄を履いて車を運転する人はいないと思うが、それで安心してはいられない。

”その他運転操作の妨げとなるような履物”に、ハイヒールや木製ではないサンダルが該当する可能性は十分にあるからだ。

運転者がどのような履物を履いて運転しているのかを確認するような取り締まりは行われていないと思うが、法律上、交通違反になる蓋然性が高いことは間違いない。

罰則

公安委員会遵守事項違反に問われた場合の処分は以下の通り。

反則行為 行政処分 刑事処分
点数 反則金 罰則
 大型車 普通車 2輪車 原付
公安委員会遵守事項違反 なし 7,000円 6,000円 6,000円 5,000円 5万円以下の罰金

 ※ 反則金を納付することで刑事処分を免れることができる。詳細は以下のページを参照して欲しい。

反則金と罰金の違いとは!? 似ているようで全く違う!
”交通違反をすると罰金を払わなければならない”と考えている人も多いが、多くの場合はそれは罰金ではなく...

事故を起こすと

事故

事故が起きる原因は様々だが、その理由が、サンダルやハイヒールを履いていたことによるペダル操作の間違いとなれば、その責任を追及される可能性は十分にある。

相手がいる場合は、自身の過失割合が高くなる可能性も否定できず、相手方への賠償額が高額になってしまうことも考えられる。

また、事故を起こせば”刑事責任””行政責任”も追及され、”懲役””罰金”などの刑事罰や、”免許の取り消し処分”を受ける可能性も否定できない。

相手に多大な迷惑をかけるだけでなく、自身も大変な目に合うことになるので、くれぐれも安全運転を心がけて欲しい。

刑事・行政・民事! 交通事故の3つの責任と処分とは!?
起こらないに越したことはないが、交通事故を起こしてしまった場合には、どのような責任や処分を受けること...

終わりに

サンダルやハイヒールを履いての運転が交通違反であることはご理解いただいたと思うが、何よりも大事なことは、安全運転に支障が出る恐れがあるということだ。

万が一のことが起こってからでは全てが手遅れになることを十分に理解して、安全運転を心がけて欲しい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク