交通違反!? ウインカーを消し忘れると大変なことになるかも!

ウィンカー

たまにウィンカーを消し忘れている車を見かけることがあるが、これが原因で交通事故が発生してしまう可能性も否定できない。

また、このウィンカーの消し忘れが交通違反になる場合もあるらしいのだ。

スポンサーリンク

合図制限違反

ウインカーの消し忘れが交通違反であることは、”道路交通法第53条第4項”を読むことで知ることができる。

車両の運転者は、第1項又は第2項に規定する行為が終わったときは、当該合図をやめなければならないものとし、また、これらの規定に規定する合図に係る行為をしないのにかかわらず、当該合図をしてはならない。

                     道路交通法第53条第4項より

第1項又は第2項に規定する行為とは、右左折や車線変更をする場合には、ウインカーを上げる必要があると言うことだ。

続きを読むと、右左折や車線変更が終了したらウィンカーを消さなければならないことと、必要もなくウィンカーをあげてはならないことが規定されていることがわかる。

ウィンカーの消し忘れや、不必要な場面での使用は立派な交通違反なのだ。

反則名は”合図制限違反”である。

ウインカーを切り忘れてしまった経験をお持ちの方もいるかと思うが、その現場を警察官に目撃されれば、この交通違反に問われる可能性が十分にあることを理解しておくべきだろう。

合図制限違反に問われた場合の処分は以下の通り。

反則行為 行政処分 刑事処分
点数 反則金 罰則
 大型車 普通車 2輪車 原付
合図制限違反 1点 7,000円 6,000円 6,000円 5,000円 5万円以下の罰金

 ※ 反則金を納付することで刑事処分を免れることができる。詳細は以下ページを参照して欲しい。

反則金と罰金の違いとは!? 似ているようで全く違う!
”交通違反をすると罰金を払わなければならない”と考えている人も多いが、多くの場合はそれは罰金ではなく...

危険

たかがウィンカーの消し忘れと思う人もいるかもしれないが、交通の状況次第では大変危険な行為であり、事故につながってしまう可能性も否定できない。

仮に、ウィンカーを切り忘れた車が走行を続け、交差点を直進したらどうなるだろうか。

対向車はじめ周囲の車両にに誤った情報を与えてしまい、交通を混乱させてしまう可能性は十分にある。

また、片側2車線の道路でウィンカーをあげている車があれば、進路を譲ろうとする車両がいてもおかしくない。

そのウィンカーが間違いだったとすれば、これもまた大きな迷惑であるし、交通にとって危険なことでもあるのだ。

ドライバーの皆さんには、必要な場面ではしっかりとウィンカーを上げ、切るべきときにはしっかりとスイッチを切ることを徹底して欲しいと思う。

ウィンカーを上げるタイミングはいつ? 間違えると交通違反?
ふと気になったのだが、ウィンカーを上げるタイミングに決まりはあるのだろうか。また、そのタイミング次第...

事故になった場合

消し忘れをはじめとして、ウィンカーの誤った使用が原因で交通事故を起こしてしまった場合は、当然ながら、当事者の過失の割合は大きくなってしまう。

この合図制限違反に限ったことではないが、明らかな交通違反を犯した上で交通事故を起こした場合、当事者はその責任を厳しく追及されることになるのだ。

事故を起こしてしまえば相手を死傷させたり、物を損壊させたりする恐れがあることを常に念頭に置いて、安全運転に努めなければならないのだと思う。

終わりに

ウィンカーの操作1つ誤っただけでも、大きな交通事故に発展してしまう可能性があることを忘れてはならない。

つけ忘れや消し忘れがないように、十分に注意して欲しい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク