交通違反!? エンジンをかけたまま車を離れると後悔することに!

エンジンかけたまま

コンビニの駐車場などでエンジンをかけたまま駐車してある車を見かけるのだが、ドライバーは店内で買い物をしているようだ。

盗難にあう可能性があるようにも思えるのだが、それ以外にも問題がある行為なのだ。

スポンサーリンク

盗難の危険性

エンジンをかけたままではドアをロックすることができないので、盗難に遭う可能性を否定できない。

普通に考えればわかることだが、非常に大きなリスクを背負うことになる。

盗難車が犯罪に用いられるケースも多く報告されており、2次犯罪を防止すると言う観点からも絶対に行ってはならない行為であると言える。

誤作動

最近の自動車の品質の向上は著しく、エンジンをかけたままで放置しても車が動き出してしまう蓋然性は低いと思われるが、その可能性はゼロではない。

万が一のことを考えても、エンジンを停止させてから車を離れなければならないのだ。

停止措置義務違反

交通違反

エンジンをかけたままで車を離れることは危険なだけではなく、立派な交通違反なのだ。

その根拠は、”道路交通法第71条”にある。

車両等の運転者は、次に掲げる事項を守らねばならない。

(1から4まで省略)

5 車両等を離れるときは、その原動機を止め、完全にブレーキをかける等当該車両等が停止の状態を保つため必要な措置を講ずること。

5の2 自動車又は原動機付自転車を離れるときは、その車両の装置に応じ、その車両が他人に無断で運転されることがないようにするため必要な措置を講ずること。

                        道路交通法第71条より

この条文には、”車を離れる際にはその原動機(エンジン)を切り、その車両が停止した状態を保つための措置を講じなければならない”とある。

同時に、”自分の車を他人に無断で運転されることがないよう必要な措置をとらねばならない”とも規定されている。

これを読む限りでは、エンジンをかけたままで車を離れることはもちろん、車の鍵をかけずに車両を離れることも交通違反と言うことになる。

仮に、エンジンを停止させずに車を離れ、車を盗難されたとすれば、被害を被る上に交通違反にまで問われてしまうという最悪な結末になってしまう可能性があるのだ。

このことだけでも、車を離れる際には必ずエンジンを停止させ、施錠しなければならない理由がわかると思う。

罰則

停止措置義務違反の罰則は以下の通り。

反則行為 行政処分 刑事処分
点数 反則金 罰則
 大型車 普通車 2輪車 原付
停止措置義務違反 1点 7,000円 6,000円 6,000円 5,000円 5万円以下の罰金

 ※ 反則金を納付することで刑事処分を免れることができる。詳細は以下のページを参照して欲しい。

反則金と罰金の違いとは!? 似ているようで全く違う!
”交通違反をすると罰金を払わなければならない”と考えている人も多いが、多くの場合はそれは罰金ではなく...

駐車場と道路交通法

駐車場

ここで気が付いた人もいるかと思うが、エンジンをかけたまま車を離れることがあったとしても、それは、ほとんどが駐車場での出来事だ。

一方で、道路交通法は、”道路における危険を防止し、その他交通安全と円滑を図り、及び道路の交通に起因する障害の防止に資すること”を目的に運用されている。

よって、道路交通法が適用されないのではと言う疑問が生じるのである

エンジンを切らずに車を離れるケースが特に多いのはコンビニの駐車場であるから、なおさら道路交通法の効力の有無が気になるところだ。

結論を言えば、駐車場でも道路交通法の効力が及ぶことになる。

詳細は以下のページを読んで欲しいが、ショッピングモールなどの駐車場も、広い意味では道路とみなされるのだ。

駐車場で交通事故! 警察への連絡はやっぱり必要!?
交通事故を起こしてしまったら場合には、速やかに警察へ連絡しなければならない。では、万が一、駐車場で事...

よって、それらの場所に置いてエンジンを停止させずに、または施錠することなしに車を離れれば、交通違反に問われても不思議ではないのである。

終わりに

エンジンをかけたまま買い物をする人が以外に多いことには驚くばかりだが、盗難の危険があるばかりでなく、交通違反であることも理解して欲しい。

いくら短時間であっても、車を離れる場合には必ずエンジンを停止させ、ドアをロックするようにしよう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク