運転中の携帯電話違反は2種類ある! 反則点数と罰金は?

運転中 携帯電話

運転中の携帯電話の使用が交通違反であることは誰しもがご存知だと思うが、その携帯電話の使用に関する違反が2種類あることをご存知だろうか。

今回は、その運転中の携帯電話使用について投稿する。

スポンサーリンク

運転中の携帯電話

言うまでもないが、運転中の携帯電話の使用は交通違反である。

道路交通法第71条を見てみよう。

(運転者の遵守事項)

車両等の運転者は、次に掲げる事項を守らねばならない。

自動車又は原動機付自転車を運転する場合においては、当該自動車などが停止しているときを除き携帯電話用装置、自動車電話用装置その他無線通話装置(その全部又は一部を手で保持しなければ送信受信のいずれをも行うことができないものに限る。第120条第1項第11号において「無線通話装置」という。)を通話(傷病者の救護又は公共の安全の維持のため当該自動車等の走行中に緊急やむを得ずに行うものを除く。第120条第1項第11号において同じ。)のために使用し、又当該自動車などに取り付けられた若しくは持ち込まれた画像表示用装置(道路運送車両法第41条第16号若しくは第17号又は第44条第11号に規定する装置であるものをの除く。)に表示された画像を注視しないこと。

                       道路交通法第71条より

まず確認しておくべき重要な点は、運転中に携帯電話を使って通話することはもちろんのこと、”携帯電話等の画面を注視すること”も反則行為とされている点である。

と言うことは、メールの作成やその内容を確認することも違反と言うことになる

また、この条文での画像表示装置とはスマホのようなものと考えてよいだろう。

”通話しなければ大丈夫”、”メールは大丈夫”と思っている人も少なくないようだが、立派な交通違反だし、大変危険な行為であるので、絶対に行わないようにしなければならない。

余談になるが、携帯電話の使用が交通違反になるのはあくまでも運転中であり、信号待ち等で停止中であればその対象外となる

詳しくは以下のページを読んで欲しい。

信号待ちで停車中なら携帯電話が使えるって本当なの!?
運転中の携帯電話の使用が交通違反になることは言うまでもないが、信号待ちで停車中であればよいのだろ...

ところが、一言で運転中の携帯電話の使用と言っても、反則行為としては、2種類が設けられているのだ。

以下でそれらについて詳しく見ていこう。

携帯電話使用等(保持)

運転中に携帯電話で通話したり、その画面を注視した場合はこちらの反則行為に問われる事になる。

もちろん、メールの作成もこれに該当する。

違反に問われた場合の処分については以下の通り。

反則行為 行政処分 刑事処分
点数 反則金 罰則
 大型車 普通車 2輪車 原付
携帯電話使用等(保持) 1点 7,000円 6,000円 6,000円 5,000円 5万円以下の罰金

※ 反則金を納付することで刑事処分を免れることができる。反則金と罰金の関係及び、行政処分と刑事処分についての詳細は以下のページを参照して欲しい。

反則金と罰金の違いとは!? 似ているようで全く違う!
”交通違反をすると罰金を払わなければならない”と考えている人も多いが、多くの場合はそれは罰金ではなく...
刑事・行政・民事! 交通事故の3つの責任と処分とは!?
起こらないに越したことはないが、交通事故を起こしてしまった場合には、どのような責任や処分を受けること...

携帯電話使用等(交通の危険)

運転中に携帯電話を使用しただけでなく、”その行為によって交通の危険を生じさせた場合”はこちらの反則行為に該当する。

道路交通法の罰則の規定を読んでも、”交通の危険を生じさせた場合”とあるだけで、具体的にはどのような状況になればこの”交通の危険”になるのかは、判断が難しい。

確実にこの交通の危険に該当するのは、交通事故を起こした場合である

また、条文を読む限りは、”運転中に携帯電話を使用し危うく交通事故になる一歩手前で急ブレーキを踏んだ場合”なども交通の危険と判断される可能性がある。

このケースでは、交通事故には至っていないので、現場を目撃した警察官の裁量によるものが大きいと思われる。

反則行為 行政処分 刑事処分
点数 反則金 罰則
 大型車 普通車 2輪車 原付
携帯電話使用等(交通の危険) 2点 12,000円 9,000円 7,000円 6,000円 3ヶ月以下の懲役又は5万円以下の罰金

終わりに

運転中の携帯電話の使用は大変危険な行為であり、前方に生じる危険の認識が疎かになってしまうことは言うまでもない。

仮に電話がかかってきても、その場での応対は我慢し、停車できる場所を確保した後で応対するようにしなければならない。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク