各車の自動ブレーキシステムの性能を比較! 本当に止まるのか!?

自動ブレーキ

最近の自動車には、車が自動で制動力を発生させることで人や先行車への衝突を回避しようとする自動ブレーキシステムが搭載されている。

今回は、各車に搭載される自動ブレーキの性能を、実験結果を踏まえながら検証してみたい。

スポンサーリンク

衝突被害軽減ブレーキ

自動ブレーキの正式名称は衝突被害軽減ブレーキであるが、前方に生じる危険を車が察知して自動でブレーキをかけてくれる仕組みのことを言う。

衝突の回避を第一目標とするが、必ずしもそれだけが目的ではないことがポイントでもある。

もちろん、ぶつからないに越したことはないが、衝突の回避ができない場合に被害を最小限に抑える狙いもあるのだ。

この点を押さえておけば、”衝突被害軽減ブレーキ”と言う名称にも納得出来ると思う。

認知システム

危険を認知する方法としては、赤外線レーダー式ミリ波レーダー式カメラ式の3つのタイプがある。

一部の高級車などでは、これらを組み合わせたシステムを搭載するものも存在するようだ。

危険認知の方式
  • 赤外線レーダー方式
  • ミリ波レーダー方式
  • カメラ方式

赤外線レーダー式

こちらは、コストがそれほど高くないことが特徴である。

よって、メーカーにとっては、車の価格を上げることなくこのシステムを搭載することができるようだ。

一方で、動作可能なのは低速走行時に限るなどのデメリットも指摘されている。

ミリ波レーダー式

こちらの方式は対応できる距離が長く、赤外線レーダーよりも遠くに迫る危険を察知することが可能。

悪天候にも強いとされているが、レーダー部分が汚れたり、雪に覆われたりすれば機能しなくなることがあるようだ。

コストもかかるために、一部の高級車に搭載されることが多い

カメラ式

このカメラ方式のメリットとしては、識別機能が高いことである。

人や道路上の白線まで識別可能で、衝突安全システムとは別に、レーン逸脱防止システムにも利用されているらしい。

この方式を採用したものとしては、スバルの”i sight(アイサイト)”が有名なところだ。

コストもそれほど高くない点が魅力的だが、カメラが濡れてしまう雨天時や霧が発生して前方視界が極端に悪くなる状況では、やはりその精度が低下する。

対応速度

この自動ブレーキシステムが動作する速度は、メーカーや各車種ごとに異なるようだ。

例えば、私が所有するマツダ・デミオの場合は10~30km/hで走行中なら動作可能らしいが、同じくマツダのアクセラの対応速度は10~60km/hとされている。

当然のことながら、技術は日々改良が加えられ発展しているわけだから、詳細はメーカーホームページで確認するのが望ましいと思う。

動作実験

自動ブレーキにより本当に衝突を回避できるのか疑問に思われる方も多いと思うが、2014年に自動車事故対策機構が実験を行っている。

内容は、対象車を20~50km/hの速度で障害物に向けて走らせ、その手前で車が停止するかどうかを確認しようと言うもの。

以下に、その動画と結果をまとめた一覧表を載せるので、是非とも目を通していただきたい。

実験動画

実験結果一覧

メーカー 速度(km/h) メーカー  車 速度(km/h)
20 30 40 50 20 30 40 50
ダイハツ ムーヴカスタム × × × レクサス NX × × ×
ミラ イース × × × IS × × ×
タント・カスタム × × × LS
ウェイク × × × 日産 ノート × × ×
スズキ スペーシア × × × エクストレイル × × ×
ハスラー × × × スカイライン
ワゴンR × × × 三菱 アウトランダー × × ×
アルト × × × マツダ アクセラ × ×
ソリオ × × アテンザ × ×
ホンダ  ヴェゼル × × × × スバル XV ×
オデッセイ × × フォレスター
 フィット × × × レガシイ
N-box custom × × × レヴォーグ
N-WGN × × × インプレッサ
トヨタ ハリアー × × ×                   
プリウスα × × ×
カムリ × × ×

結果を見ると、時速20km/hでは成功しているが30km/hになると失敗している車が多いことがわかる。

”速度20km/h以下でなければ止まらない車がほとんどと言うことができるかもしれないが、止まれないからと言って効果がゼロなわけではない

と言うのも、既に述べた通り、”衝突してしまった場合の衝撃を軽減すること”もこの衝突被害軽減ブレーキの目的の1つだからだ

よって、衝突前にある程度の減速が確認できる車種については一定の評価が与えられてよいのだと思う。

もちろん、全く減速する様子もなく障害物に追突している車は論外だが・・・。

各メーカーの性能の違い

こうして実験結果を一覧表にしてみると、各メーカーごとに技術力の差があることをお分かり頂けると思う。

中でも、特にスバルの技術力が突出している

今回参加した5車種のうち4車種が、20~50km/h全ての速度域で障害物にぶつかることなくしっかりと停止しているのだ。

唯一、XVが50km/hで失敗しているが、実験に使われた車は”i sight2”であり最新のものではない。

最新の”i sight 3”を搭載した他のスバル車が完璧な結果を出しているので、その部分さえ更新すれば他の3車種と同等の結果になったはず。

一方で残念だったのがホンダだが、ヴェゼルについては、ほとんどの軽自動車が成功している時速20km/hでも失敗しているのだから救いようがない・・・。

また、最高級ブランドであるレクサスも、最上位車種のLS以外の完成度は不十分と言わざるを得ない結果に終わっている。

とは言え、レクサスLSが他のどの車よりも余裕を持って停止していることを考えれば、トヨタがその技術を持ち合わせていることに間違いないだろう。

これが他のトヨタ車への搭載されるかどうかについては、はコストの問題が大きいと思われるが、新型プリウスはじめこれからの車種に採用されることを期待したいところだ。

終わりに

自動ブレーキシステムの効果をお分りいただけたと思うが、事故を起こさないように安全運転に努めるのは運転者の義務であることを忘れてはならない。

この機能もあくまでも補助的なものと考え、日々適切な運転に努めることが大切だと思う。

追記

本文中で予想した通り、この実験が行われた後、各車の自動ブレーキシステムの性能が著しく向上しているようだ。

トヨタは、2015年12月に発売が開始された新型プリウスに”Toyota Safety Sense”が搭載されたが、直近の性能実験でも見事なパフォーマンスを披露している。

トヨタの自動ブレーキToyota Safety Senseの実力が凄い!?
衝突被害軽減ブレーキ(通称自動ブレーキ)の性能においてスバルの後塵を拝してきた感があるトヨタだが...

”アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート”搭載のアクセラが2016年12月1日に公表された性能評価で第1位にランクインするなど、マツダも負けていない。

自動ブレーキはアクセラが1位!? 最新の性能評価を国交省が発表!
2016年12月1日、国土交通省公表の自動ブレーキによる衝突防止性能の評価結果で、マツダのアクセ...

”i sight”が相変わらず素晴らしい完成度を誇るスバルにトヨタとマツダが肉薄する状況だが、これら3社の自動ブレーキシステムはかなりのレベルに達していると考えてよいと思う。

一方でホンダは苦戦している印象を払拭できないが、今後の自動車の安静性能の向上のためにも、検討を祈りたいところである。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク