聴覚が凄い猫! 嗅覚はどれくらい? 人間よりもいいの?

猫

私は猫を飼っているのだが、猫の聴覚は非常に優れていると感じることが多い。

一方で嗅覚はどうなのか気になったので少々調べてみることにしたのだが、その結果をレポートしたい。

スポンサーリンク

猫の嗅覚

優れた嗅覚を持つ動物として有名なのは、何と言っても“犬”である。

その優秀な能力を生かして、警察犬として活躍するものもいることは誰もが知るところだ。

そんな犬の嗅覚は、人間の100万倍と、とんでもなく凄い嗅覚を持ち合わせているのである。

一方で猫の嗅覚は、犬の10分の1程度とされている。

しかしながら、人間と比較すればその10万倍もの嗅覚を持つわけで、十分に優れた嗅覚を持っているのである。

臭いで相手を判断

猫を観察していると、臭いで相手を判断していることがわかる。

猫同士が挨拶するときも必ず、お互いに鼻と鼻を近づけている

人間が猫の鼻の近くに指を近づけると、必ずと言ってよいほど、”クンクン”と臭いを確認している。

やはり、嗅覚で判断しているようだ。

私は計6の猫を飼っているのだが、その中の1匹を病院へ連れて行き帰ってくると、別の猫がその猫に対して激しく威嚇し、噛み付いたりすることがある。

その際に、しきりに臭いを確認しているのだ。

猫が臭いで相手を判断し、またその嗅覚が優れていることも同時に確認することができるエピソードである。

自分の臭いをつける

猫は、縄張りを確認するために、自分の臭いをこすりつけることがある。

家の柱やドアの角、人間もその対象だ。

顔から頭のあたりを強引に押し付けてくることがあるが、自分の臭いを付けているのだ

そして、自分の臭いがある場所を自分の縄張りとして認識する。

人間には嗅ぎわけることができない臭いで縄張りを確認しているのだから、やはり、猫の嗅覚も十分に優れていると言える。

食べ物も臭いで判断

猫 鼻

猫は、食べ物も臭いで判断しているようだ。

実際にうちの猫を観察していると、餌を食べる前にやはり臭いを確認している。

よって、猫が風邪を引くなどして鼻の状態が十分ではない状況では、食べ物を認識することができなくなることがあるのだ。

一見すると食欲がないように思えるが、実はその原因が鼻にあると言うことも否定できないので、慎重に判断する必要がある。

猫の鼻は湿っている

余談になるが、猫の鼻は湿っている。

鼻の中の細胞から分泌される液体によって濡れているらしい。

この液体には臭いを嗅ぎわけることを円滑にする作用が含まれるらしく、実は、とても重要な役割を担っているのだ。

鼻が乾燥している場合は、病気等が原因でこの機能が低下している可能性があるので、注意深く観察するとよいだろう。

終わりに

猫の嗅覚も十分によいようだ。

調べてみると、猫の生活は嗅覚を頼りにしている部分も多く、改めてその重要性を知ることになった。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク