注意! 走行中のカーナビ操作は交通違反になる可能性あり!

カーナビ

運転中の携帯電話の使用が交通違反であることは多くの人が知っていると思うが、最近、色々と勉強しているうちに、カーナビ操作も同じく交通違反になる可能性があることがわかった。

早速投稿したい。

スポンサーリンク

はじめに

まずは、走行中の携帯電話の使用について確認しておきたい。

もちろん交通違反に当たるのだが、このことが規定されているのは道路交通法第71条だ。

(運転者の遵守事項)

車両等の運転者は、次に掲げる事項を守らねばならない。

自動車又は原動機付自転車を運転する場合においては、当該自動車などが停止しているときを除き携帯電話用装置、自動車電話用装置その他無線通話装置(その全部又は一部を手で保持しなければ送信受信のいずれをも行うことができないものに限る。第120条第1項第11号において「無線通話装置」という。)を通話(傷病者の救護又は公共の安全の維持のため当該自動車等の走行中に緊急やむを得ずに行うものを除く。第120条第1項第11号において同じ。)のために使用し、又当該自動車などに取り付けられた若しくは持ち込まれた画像表示用装置(道路運送車両法第41条第16号若しくは第17号又は第44条第11号に規定する装置であるものをの除く。)に表示された画像を注視しないこと。

                       道路交通法第71条より

詳しくは、走行中の携帯電話の使用について投稿したページを読んで欲しいが、電話はもちろん、スマホ等の画面を注視することも違反とされている

“画像表示用装置に表示された画像を注視しないこと”と言う箇所を見ていただければ、画面を注視することも交通違反になることが確認できる。

実は、この”画像表示用装置”と言うのがポイントになるのだ。

ちなみに、”注視”と言う表現にも注意が必要で、どれくらいの間画面を見れば注視になるのかが問題になるが、警察官の判断基準としては“2秒以上”画面を見た場合に該当するらしい。

もちろん、停止中であれば問題がないことは言うまでもない。

運転中の携帯電話違反は2種類ある! 反則点数と罰金は?
運転中の携帯電話の使用が交通違反であることは誰しもがご存知だと思うが、その携帯電話の使用に関する違反...
信号待ちで停車中なら携帯電話が使えるって本当なの!?
運転中の携帯電話の使用が交通違反になることは言うまでもないが、信号待ちで停車中であればよいのだろ...

ナビ画面も画像表示用装置

カーナビ

車に持ち込まれた、若しくは取り付けられた画像表示装置を注視してはならないことはわかったのだが、これに関しては例外があるようだ。

道路交通法第71条には、”画像表示用装置(道路運送車両法第41条第16号若しくは第17号又は第44条第11号に規定する装置であるものをの除く。)”とある。

そこで、道路運送車両法を見てみると、以下に該当するものは例外で、走行中に注視しても交通違反にはならないと書いてある。

走行中に注視しても構わないとされる画像表示用装置
  • 後写鏡、窓ふき器その他の視野を確保する装置(道路運送車両法第41条第16号)
  • 速度計、走行距離計その他の計器(道路運送車両法第41条第17号)
  • 速度計(原動機付自動車/道路運送車両法第44条第11号)

後写鏡とはバックミラーのことだが、画像表示用装置について述べているのだから、”バックモニター”のことを指すと考えてよいだろう。

速度計やその他の計器と言うのは、その名の通りスピードメーターやタコメーターと考えて問題ないはずだ。

と言うことは、カーナビの画面は例外に含まれないことになる

交通違反

以上のことから、走行中のカーナビ操作は交通違反と言うことになる。

正確には、”カーナビの操作ではなく”、”カーナビ画面の注視”によって交通違反となるのだ

カーナビを操作すると言うことは、必ず画面を注視する必要があるから、操作=違反と言っても語弊はないだろう。

正式な反則行為名としては、”携帯電話使用等”に該当すると思われる。

この反則行為に問われた場合の処分については、以下の通り。

反則行為 行政処分 刑事処分
点数 反則金 罰則
 大型車 普通車 2輪車 原付
携帯電話使用等 保持 1点 7,000円 6,000円 6,000円 5,000円 5万円以下の罰金
交通の危険 2点 12,000円 9,000円 7,000円 6,000円 3ヶ月以下の懲役又は5万円以下の罰金 

※ 反則金を納付することで刑事処分を免れることができる。反則金と罰金の関係及び、行政処分と刑事処分についての詳細は以下のページを参照して欲しい。

反則金と罰金の違いとは!? 似ているようで全く違う!
”交通違反をすると罰金を払わなければならない”と考えている人も多いが、多くの場合はそれは罰金ではなく...
刑事・行政・民事! 交通事故の3つの責任と処分とは!?
起こらないに越したことはないが、交通事故を起こしてしまった場合には、どのような責任や処分を受けること...

もちろん、停止中であれば問題ないことは言うまでもない。

実際に捕まるのか

これに関しては何とも言い難いと言うのが正直なところだ。

携帯電話であれば、受話器を耳に当てているところを警察官に目撃されれば間違いなく反則行為を追及されるだろう。

また、手にとってその画像を注視している様子も確認しやすい。

しかしながら、カーナビの画面となれば、実際に注視していることを証明することは警察官にとっても、大変難しいことである。

スピードメーターを注視することは問題ないわけで、明らかにナビ画面を注視していたことを証明することは不可能に近いことである。

とは言え、事故を起こす蓋然性が高まるようなことは絶対に行ってはならないわけで、ナビの操作は、停止中に限定するようにしなければならない。

運転中は常に安全第一を念頭に置いて、最新の注意を払わなければならないのだ。

終わりに

走行中のナビ操作も、携帯電話の使用と同じように交通違反であることを確認したが、違反かどうかではなく、何よりも事故の危険性が高まってしまうことに大きな問題がある。

ついつい操作してしまいたくなる気持ちははわかるが、走行中は我慢し、停止中に操作するようにしよう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク