前向き駐車の理由とは!? 駐車場でお願いされるのはなぜ?

前向き駐車

最近、駐車場で、”前向き駐車でお願いします”、”前向き駐車厳守”などと言う看板を見かけることがある。

どうやら前向きで駐車して欲しいようだが、何か特別な理由があるのだろうか・・・。

スポンサーリンク

前向き駐車とは

はじめに、”前向き駐車”がどのような駐車方法を指すのかを確認する必要がある。

と言うのも、”前向き”と言われても、ボンネットから駐車場に進入することを指しているのか、その反対なのかが紛らわしいのだ。

調べてみると、どうやら車の先端、つまりボンネットから駐車場に進入し駐車する方法を指すらしい。

前輪が車輪止めに接地、若しくは接近する駐車方法と表現することもできると思う。

理由

排ガス対策

駐車場

駐車場で前向き駐車が求められる理由は、排気ガス対策と言われている。

バックで駐車した場合にはマフラーが隣接地の方に向いているため、そちらに排気ガスが流入してしまうことになる。

隣接地が住宅であればその住人、商業施設であればそちらの管理人や利用者にとって好ましいことではないため、これを避ける目的があるのだ。

前向きに駐車すればそちらへ排気ガスが到達する確率がかなり低くなるわけだから、メリットは大きいと思う。

また、駐車場と隣接地との間がフェンスや壁、植物などで仕切られている場合にも前向き駐車をお願いされるケースがある。

この場合は、隣接地への排気ガスの流入の心配はないが、フェンスが汚れたり、植物が何かしらのダメージを受けることを回避しようとする意図があるようだ。

防犯・盗難対策

前向き駐車が、防犯、盗難対策になると言う考え方もあるようだ。

前向きで駐車した場合、駐車場を出る時にはバックしなければならないため、迅速にその場を去ることは困難。

これにより、万が一店舗で事件が発生した場合にも、逃走するのに時間が掛かり、結果犯人が逮捕される確率が上がるらしい。

確かに一理あると思えるが、特にアメリカではこのように考える人がほとんどらしく、前向き駐車が普通と言うことだ。

もちろん、駐車スペースが広いなどの他の理由もあると思われる

デメリット

前向き駐車にメリットがあることは事実だが、デメリットも存在する。

最も身近なところでは、駐車場をバックで出ることは少々難しく、慣れていないドライバーにとっては事故を起こす可能性があることだ。

”バックで事故を起こすやつは運転が下手なやつだ”、”普通はぶつけたりしない”などという理由をつけ、前向き駐車を全面肯定する人もいるが、全く的外れだと思う。

何よりも大事なのは交通事故を起こさないことであり、運転技術の良し悪しを論じることではない。

仮に、無理をして前向き駐車をし、万が一のことが起こってしまっては本末転倒なのだ。

確かに、隣接地への排ガス問題は適切に対処されるべきだが、必ずしも前向き駐車がベストな駐車方法であるとは言えないと思う。

終わりに

前向き駐車には、隣接地への排気ガスの流入を防ぐという目的があることがわかった。

しかしながら、実際に駐車する際には、駐車場の状況や自身の運転技術を十分に考慮した上で、その場にふさわしい駐車方法を選択するのがよいと思う。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク