なぜ突然暴れ出すの? 猫の運動会が開催される理由とは!

猫 狩り

猫の様子を観察していると面白いことがたくさんある。

今回は、猫が突然暴れ出したり運動会を開催したりする理由を調べてみた。

スポンサーリンク

猫の運動会

今回のテーマでもる”猫の運動会”がどのようなものなのかを確認しておきたい。

うちでは、猫を6匹飼っているのだが、そのうちの5匹は2階の2部屋の中で生活しており、それらの部屋は猫専用の居住スペースとなっている。

1階にいれば、上の部屋の物音などが聞こえてくるのは当然なのだが、毎日1,2回、時間にすると20分間ほど、”ドタ”、”ドスン”、”ダダダダ”と言うもの凄い音が響いてくる

これが毎日必ず起こるのだ。

しかも、1匹ではなく、少なくとも2~3匹が同時に動き回っているようなのだ。

1度現場を目撃したことがあるが、猫が猫を追いかけており、まさに、運動会のようだった

猫が暴れる原因

狩りの習性

猫 狩り

その原因としては、まず、”狩り”の名残りが考えられる。

元来、猫は”野生動物”であり、その時代の習性が残っているようだ。

最近でこそ、ペットとして人間とともに暮らすことが多い猫だが、野生時代の習性は完全の消えていないようだ。

確かに、猫が猫を追いかけ回す様子は、猫が獲物を追いかけるのとそっくりである。

我が家の1階で自由に暮らしている猫も、何を追いかけるわけでもないのに突然全力ダッシュを始めることがあるが、おそらくこれも狩りを模倣しているものと考えられる。

エネルギーの解放

溜まったエネルギーの解放も、猫の運動会の原因となっているようだ

先ほど述べた通り、猫は元来は野生動物であり、蓄えたエネルギーを様々な活動のために消費していた。

まさしく狩りもそのうちの1つである。

野生動物時代は、場合によっては餌を手に入れることができずにエネルギー不足になる可能性が絶えずあったたわけで、むしろ、如何に無駄なエネルギー消費を控えるかが重要だった。

猫の睡眠時間が長いこともそれに由来するものである。

一生の半分以上を寝て過ごす猫! 睡眠時間が長い理由は?
私は猫を飼っているのだが、とにかく寝ている。昼間も夜も眠っているのだが、その睡眠時間が気になり調べて...

ところが、現在、少なくともペットとして屋内で飼育されている猫にとってはそのような心配は皆無で、逆にエネルギーを消費する機会が少なく、エネルギーが有り余っているのだ

ほとんどの野良猫が痩せているのに対し、室内飼育の猫が肥満になり、飼い主を悩ませることの原因もここにある。

この溜まったエネルギーを発散しようと、大運動会が開催されるのだ

同時に、ストレスの発散と言う意味合いもあるので、うるさいかもしれないが、思い切り暴れさせてやるのがよいだろう。

不満を訴えている場合も

猫

上記の2つが猫の運動会の主な原因と考えられるが、人間に対し、何かしらの不満を訴えるために暴れることもあるようだ

1階で飼っている我が家の猫だが、人間の手で育てられたために基本的には人間とともに生活している。

一緒の布団で眠るし、膝の上に乗ることも大好きで、日中眠くなれば、”昼寝をしよう”と訴えてくることは当たり前だ。

ところが、忙しかったりしてその要求に応えることができない場合に、暴れることがある。

猛ダッシュして障子に登り、破壊したり、机の上に置いてある物を落としたりする。

このことから考えると、猫が暴れる場合は、何かしらの不満やストレスが溜まっていると言う可能性があることも事実だと思う。

終わりに

猫の運動会には、それなりの理由があることがわかった。

これが深夜に開催されたりすると迷惑に感じるかもしれないが、猫には猫の習性があり、人間の都合では何ともし難い部分があることを理解する必要があるだろう。

深夜に暴れさせないためにも、定期的に遊びの相手をしてやり、猫のストレス発散と溜まったエネルギーの解放を促してやるのも効果的だ。

猫は、遊んでいる様子も大変かわいらしいので、人間も癒されるだろう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク