各社のコンパクトカーのサイズを比較! 取り回しがよい車はどれ!?

コンパクトカー

我が国では、フィットやアクア、デミオをはじめとする非常に多くのコンパクトカーが利用されているが、そのサイズはどれも同じなのだろうか。

今回は、主要なコンパクトカーのサイズを比較してみようと思う。

スポンサーリンク

はじめに

はじめに、比較の対象となるコンパクトカーを確認しておきたいが、今回は以下の車のサイズを比べてみたい。

今回の比較対象車
  • トヨタ:ヴィッツ、アクア、オーリス、bB、iQ
  • ホンダ:フィット、シャトル、フリード
  • 日産 :ノート、キューブ、マーチ、ジューク
  • マツダ:デミオ、アクセラ
  • スズキ:イグニス、ソリオ、スイフト、バレーノ

オーリス、ジューク、アクセラ、そしてシャトルに関しては、コンパクトカーではないようにも思えることも事実。

しかしながら、アクセラ以外は、各メーカーのホームページでもコンパクトカーと言う位置づけになっているので、今回は比較の対象とすることにした。

実際に調査してみれば、コンパクトカーと呼べるサイズなのかどうかがはっきりするわけだから、楽しみなところである。

サイズ一覧

私が調査した、各コンパクトカーのサイズは以下の通り。

メーカー 車種 全長(mm) 全幅(mm) 全高(mm) 室内長(mm) 室内幅(mm) 室内高(mm)
トヨタ IQ 3,000 1,680 1,500 1,560 1,515 1,145
ヴィッツ 3,885 1,695 1,500 1,920 1,390 1,250
bB 3,800 1,690 1,635 1,935 1,420 1,330
アクア 3,995 1,695 1,455 2,015 1,395 1,175
オーリス 4,330 1,760 1,480 1,830 1,485 1,180
ホンダ フィット 3,995 1,695 1,525 1,935 1,450 1,280
シャトル 4,400 1,695 1,545 1,925 1,450 1,290
フリード 4,215 1,695 1,715 2,625 1,440 1,265
日産 マーチ 3,825 1,665 1,515 1,905 1,370 1,270
ノート 4,100 1,695 1,525 2,065 1,390 1,255
キューブ 3,890 1,695 1,650 1,950 1,395 1,275
ジューク 4,135 1,765 1,565 1,835 1,470 1,215
マツダ デミオ 4,060 1,695 1,500 1,805 1,445 1,210
アクセラ(スポーツ) 4,460 1,795 1,470 1,845 1,505 1,170
スズキ イグニス 3,700 1,660 1,595 2,020 1,365 1,250
ソリオ 3,710 1,625 1,745 2,515 1,420 1,360
スイフト 3,850 1,695 1,500 1,905 1,385 1,225
バレーノ 3,995 1,745 1,470 1,975 1,440 1,175

ボディサイズ

一般的な大きさ

全高はそれぞれの車の個性によってばらつきがあるので、やはり重要なポイントは全長と全幅である。

こうして見ると、全長約4,000mm全幅1,695mmと言う数字が多いようだ

日本を代表する3大コンパクトカーとも言える、アクア、フィット、デミオのサイズも気になるところだが、全長はデミオが最も長く4,060mm。

アクアとフィットは3,995mmで、デミオよりも6.5cm短くなっている。

全幅はやはり3台とも1,695mmだが、いずれのメーカーも5ナンバーの条件である1,700mm以内に収めつつも最大限の広さを確保しようとした結果、この数字になったのだろう。

ちなみに、軽自動車サイズの上限は全長が3,400mm、全幅が1,480mmであるから、コンパクトカーは軽自動車よりも、全長が約60cm、全幅が約20cm大きいことになる。

コンパクトカーと言えども、取り回しのよさでは、軽自動車に遠く及ばないのだ。

ソリオ・イグニス

全長約4,000mm、全幅1,695mmと言うのがコンパクトカーの基本サイズであるが、それよりもさらに小さな車が存在する。

スズキのソリオとイグニスの2台がそれに該当するのだが、全長はソリオが3,710mm、イグニスが3,700mm。

デミオやアクアなどの、主要コンパクトカーの平均値である4,000mmよりも約30cm短い

全幅についても3~6cmほど短くなっているが、コンパクトカーの中でも最もコンパクトな車種であり、特に取り回しに優れる車種と言える。

言い方を変えれば、”コンパクトカーと軽自動車の中間のサイズ”と表現できるかもしれない。

それでいながら、動力性能は通常のコンパクトカーと同等のものを持ち合わせているのだから、とても画期的な車だと思う。

この辺りのスズキの目の付け所は、見事なものである。

微妙な車も

一般的なコンパクトカーのサイズが全長4,000mm、全幅1,695mmだとすると、コンパクトカーと呼んでよいものか微妙な車も存在する。

オーリスについては全長が4,330mmと、目安の4,000mmよりも30cm長い。

全幅も1,760mmで、5ナンバー車の基準である1,700mmすら超えてしまっているため、3ナンバー車となっている。

シャトルの場合は全長が4,400mmとかなり長いが、意外にも全幅は5ナンバーサイズに収まるようだ。

日産のジュークは全長が4,135mmで、これならコンパクトカーと言ってもよいのではないかと思えるサイズだが、全幅はやはり3ナンバーサイズになってしまう。

アクセラは全長が4,460mm、全幅が1,795mmで、全長、全幅ともにコンパクトカーの平均値を完全に超えてしまっている。

室内

コンパクトカー 室内

ボディサイズと室内のサイズは、必ずしも一致しないようだ。

例えば、全長約4,000mm、全幅1,695mmといずれも一般的なコンパクトカーのサイズであるアクア、フィット、デミオの3台でも、室内の広さは異なる。

アクアの室内長は、2,015mm、フィットは1,935mm、デミオについては1,805mmだ。

フィットよりもアクアの方が広いことに驚かされるが、やはり、デミオは少々狭い印象を否定できない

もちろん、パーツや座席のレイアウトにより実際のスペースの大きさが変化することは事実だが、絶対値的な室内空間が大きいほど快適性が増すことに間違いはないだろう。

室内空間の広さにおいても、ソリオの存在が際立つ

室内長2,515mmというのは、今回リストアップした車の中でも2番目に広い数値であり、それでいてボディサイズが他よりも小さいのだから、スペース効率が非常によいことになる。

取り回しがよく、室内は広く、動力性能は他のコンパクトカーと変わらないと言う、たいへん魅力的な車に仕上がっているのだ。

終わりに

コンパクトカーの一般的なサイズは、全長が約4,000mm、全幅が1,695mmと考えてよいと思う。

しかしながら、ソリオのようなさらにコンパクトな車が存在することも面白いことである。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク