ハイヤーとは!? タクシーとの違いや料金システムを調べてみた!

ハイヤー

年配の人がタクシーのことをハイヤーと呼んでいるのを耳にすることがあるが、両者は同じものを言うのだろうか

そこで今回は、ハイヤーの定義や料金、タクシーとの違いについて投稿したいと思う。

スポンサーリンク

ハイヤー

英和辞典を引くと、ハイヤーの語源が、〜を(金を払って)雇う”、”〜を借りると言う意味の動詞であることがわかる。

無償ではなく、金を払って雇う、借りると言う意味であることがポイントだ。

これを理解していればイメージしやすいと思うが、運転手ごと車を雇うのがハイヤーであると考えてよいだろう。

ただし、これはタクシーにも当てはまることであり、この点だけでは両者の区別が曖昧なことも事実だ。

タクシーとの違い

タクシーとハイヤーについての規定が定められているタクシー業務適正化特別措置法には以下のようにある。

この法律でタクシーとは、一般乗用旅客自動車運送事業を経営する者がその事業の用に供する自動車でハイヤー以外のものをいう。

2 この法律で「ハイヤー」とは、一般乗用旅客自動車運送事業を経営する者がその事業の用に供する自動車で当該自動車による運送の引受けが営業所のみにおいて行われるものをいう。

                タクシー業務適正化特別措置法第2条より

これによると、ハイヤーは、その運送業務の引き受けが営業所のみによって行われるものであるとされている。

つまりは、利用者が事業所に連絡することによってのみ車両の派遣が行われ、路上での業務の引き受けを行わないと言うことだ。

路上で客を拾うことも少なくないタクシーとの大きな違いがこれである。

タクシーについても、利用者が営業所に連絡して自宅まで来てもらうケースも少なくないが、この方式自体はハイヤーと呼ばれてもおかしくはない。

しかしながら、彼らは路上での流し営業も行っていることがほとんどでであるため、ハイヤーとは呼ばれないようだ。

こうして考えると、日本ではハイヤーよりもタクシーの方が圧倒的に多いと言えるだろう。

料金

ハイヤー 料金

ハイヤーの料金システムは、やはりタクシーとは異なるようだ。

タクシーの料金は乗車した地点からの走行距離によって決定されるが、事業所から客のもとへの移動については無料のところが多い

これに対し、ハイヤーは、営業所から利用者のもとへの移動はもちろん、任務を終え営業所に戻る分の運賃まで発生するのだ。

と言っても、実際には、全ての料金込みで〜円と言う形式らしいので、バスを借り切る場合と同じと考えてよいと思う。

年輩者

余談になるが、年配者ほどハイヤーと言う言葉を使う傾向が強いようだ。

私が子供のころに我が家をよく訪れていた親戚のおじさんがいるのだが、やはり、ハイヤーと呼んでいたことを覚えている。

しかし、両者の違いを正確に理解した上でそう読んでいたのかどうかは定かではない。

そのタクシーが流し営業も行っていたことを考えれば、単にタクシーをハイヤーと呼ぶ習慣があった蓋然性が高いような気がするが・・・。

終わりに

あまり馴染みがないハイヤーだが、タクシーとの違いをご理解いただけただろうか。

マイカーブームと不況の影響で、タクシーの利用者自体が減少しているくらいなので、今後のハイヤーの在り方が気になるところだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク