注意! むやみにクラクションを鳴らすのは交通違反!

クラクション

信号が青に切り替わった際に、少し発進が遅れただけで後ろからクラクションを鳴らされることがある。

ところが、そのようなクラクションの使用は交通違反らしい。

スポンサーリンク

警音器使用制限違反

むやみにクラクションを鳴らすことが交通違反になることは、道路交通法第54条に規定されている。

車両等(自転車以外の軽車両を除く。以下この条において同じ。)の運転者は、次の各号に掲げる場合においては、警音器を鳴らさなければならない。

一 左右の見とおしのきかない交差点、見とおしのきかない道路のまがりかど又は見とおしのきかない上り坂の頂上で道路標識等により指定された場所を通行しようとするとき。

二 山地部の道路その他曲折が多い道路について道路標識等により指定された区間における左右の見とおしがきかない交差点、見とおしのきかない道路のまがりかど又は見とおしのきかない上り坂の頂上を通行しようとするとき。

2 車両等の運転者は、法令の規定により警音器を鳴らさなければならないこととされている場合を除き、警音器を鳴らしてはならない。ただし、危険を防止するためやむを得ないときは、この限りではない。

                        道路交通法第54条より

まず初めに、逆に、”警音器を鳴らさなければならない場面”もあることがわかる。

忘れている人も多いが、実は教習所でしっかり習っているのだ。

しかし、それは、”見通しが効かない交差点や上り坂の頂上”であり、さらに”道路標識等により指定された場所、区域”に限ってのことである。

これを見ただけでも、クラクションの使用が最小限に限定されたものであることがわかる

さらに、法令の規定によりクラクションを鳴らさなければならない場所以外では、原則としてその使用を禁止する旨も記載されている。

前を走行する車を煽ったり、単に”イライラして”周囲の歩行者や車両に対しクラクションを鳴らす行為は立派な交通違反なのだ。

該当するケース

警音器

しかしながら、条文の最後に興味深い内容が書いてある。

”ただし、危険を防止するためやむを得ないときは、この限りではない”とあるのだ。

そこで、どこまでが”危険を防止するためにやむを得ないケース”に該当するのかを考える必要がある。

確かに、”前を走行する自転車が車道の中央をふらつきながら走行している”場面や、隣の車線を走行する車が無理やり車線変更をしてきた場合”などはこれに該当する可能性はある。

前の車の発進を催促したり、挨拶代わりにクラクションを使用することがこれに該当しないことは明らかである。

そのような行為に対し、反則行為を追及されても言い逃れはできないだろう。

以下に、警報機使用制限違反に該当するケースとそうでないケースをまとめてみた。

あくまでも私個人の判断であるのでご了承願いたい。

該当するケース 該当しないケース

・信号の切り替わり等で前の車の発進を催促

・挨拶がわりに行う

・煽り運転

・周囲の車両、歩行者への不満の表明

・前方をふらつきながら走行する自転車への警告

・無理な割り込み、車線変更を試みる車両等への警告

・危険な道路横断を試みようとする歩行者への警告

・前方の車に積載物の落下の恐れを警告する場合

罰則

”警報機使用制限違反”に問われた場合の処分は以下の通り。

反則行為

行政処分 刑事処分
点数 反則金 罰則
 大型車 普通車 2輪車 原付
警音器使用制限違反 なし 3,000円 2万円以下の罰金又は科料

※ 反則金を支払うことで刑事処分を免れることができる。反則金と罰金、行政処分と刑事処分については以下のページで確認して欲しい。

刑事・行政・民事! 交通事故の3つの責任と処分とは!?
起こらないに越したことはないが、交通事故を起こしてしまった場合には、どのような責任や処分を受けること...
反則金と罰金の違いとは!? 似ているようで全く違う!
”交通違反をすると罰金を払わなければならない”と考えている人も多いが、多くの場合はそれは罰金ではなく...

また、”警音器吹鳴義務違反”、つまり、”警音器を鳴らすべき場所で鳴らさなかった場合”の処分については以下の通り。

反則行為

行政処分 刑事処分
点数 反則金 罰則
 大型車 普通車 2輪車 原付
警音器吹鳴義務違反 1点 7,000円 6,000円 6,000円 5,000円 5万円以下の罰金

実際の検挙は

ここでやはり気になるのが、”実際に捕まるのか”と言うことである。

もちろん、道路交通法を見れば、むやみなクラクション操作が交通違反であることは明らかだが、実際に捕まったと言う声を聞くことはない。

私の周囲にも、”クラクションを鳴らしたために交通違反になった”と言う人はいない。

よほどのことがない限り、警音器使用制限違反に問われることはないと考えてよいだろう。

しかしながら、明らかに必要がない場面での吹鳴行為は歩行者周囲の車両に要らぬ動揺を与えてしまい、場合によってはかなり危険な状況を生じさせる可能性も否定できない。

そのような行為は絶対にしないようにしなければならないが、不必要に前方を走行する車にプレッシャーをかける”煽り運転”のためにクラクションを鳴らすことも厳禁である。

煽られるドライバーが精神的に動揺し、それが事故につながるケースもあるので、絶対に行ってはならないし、そのような場面を目撃されれば間違いなく検挙されるだろう。

終わりに

何気なくクラクションを鳴らしている人も多いだろうが、使い方次第では、歩行者や車両等によからぬ影響を与えてしまう可能性を否定できない。

よって、法律でもむやみな警音器の使用は禁止されていると言うことだろう。

危険を避けるためにどうしようもない場合を除いては、その使用を極力避けるように努力しなければならないのだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク