デミオのスタッドレスタイヤを交換! ついでにその作業工程を紹介!

デミオ・タイヤ交換

そろそろ桜も咲く頃と言うことで、デミオとSAIのタイヤをスタッドレスからノーマルタイヤへと交換した。

せっかくなのでその様子を投稿しようと思う。

スポンサーリンク

道具

まずは、使用する道具から確認しておくが、私がいつも使用している道具は以下の通り。

他にも使用すべき道具があるかもしれないが、少なくともこれらがあればタイヤ交換は可能である。

タイヤ交換に必要な道具
  • レンチ(トルクレンチがあればなおよい)
  • ジャッキ 
  • マイナスドライバー 
  • 軍手

手順

ナットを緩める

デミオ・タイヤ交換

まずは、タイヤが地面に接地している状態でナットを少し緩めておく。

ジャッキアップした段階では車体が傾いており、上手く力がかからないことがあるので、この段階で緩めておくと後々楽になる。

ジャッキアップ

ジャッキ

次に、ジャッキをセットし、車を少し持ち上げる。

注意すべきはジャッキをかける場所だが、車によってはその位置がわかるように凹みが付いている箇所があるので、車の下を確認して欲しい。

場所がわからない場合は、車の説明書で確認するか、ディーラーに聞くのがよいと思う。

間違った場所にジャッキをかけてしまうと、持ち上げた際に車体が不安定になったり車を痛めてしまう恐れがあるのでくれぐれも注意が必要だ。

もちろん、ジャッキの対応重量を確認しておくことも必須。

タイヤを取り出すことができるくらいまで持ち上げればよいのだが、タイヤと地面の間に1~2センチほど隙間が空くくらいで十分だろう。

タイヤ交換

デミオ・タイヤ交換

ジャッキアップが終わったらナットを外し、タイヤを交換するのだが、特に難しいことはないはず。

タイヤの重量次第では、女性は大変かもしれないが、確実にボルトに差し込むようにしよう

固定

タイヤを装着したらナットを締めて固定するが、ネジが4つの場合は、上下左右と対角線上に順に締めていく。

ネジが5つの場合は、基準となるネジを締めたら、隣を1つ飛ばしてその次のネジを締めるのが正しい。

いずれの場合も、1つのネジを一気に締めてしまわないことが重要なのだが、間違った角度でタイヤが固定されてしまうことを防ぐためだ。

少しずつネジを締め、タイヤを前後に動かし、そのハマり具合を確認しながら作業を進めるとよいと思う。

タイヤを前後に動かした場合のガタ付きがなくなるまで締めたら、ジャッキを緩め、タイヤが地面に触れるくらいまで車体を降ろす。

そして、最後の締め上げを行えばよい。

車によっては、ナットを締める力の大きさが指定されていることもあるが、トルクレンチを使うことで対応可能だ。

また、タイヤを交換して1週間ほど経過した段階で、ナットの緩みがないかどうかをチェックするのが望ましい

実際に走行し、タイヤに力が加わることで、ナットが緩んでしまう可能性を完全には否定できないからだ。

万が一タイヤが外れるようなことがあれば大変危険なので、安全管理の観点からも必ず行うようにしよう。

空気圧測定

タイヤを交換し終えたら空気圧のチェックを行うが、保管中に空気が抜けている可能性があるからだ。

これが適正でないと、燃費の悪化やバーストの危険性やステアリングの重さに影響するので、適正な空気圧になるように調整しよう。

空気圧を測定する機器だが、ほとんどのガソリンスタンドで無料で借りることができる。

クリーニング

タイヤ・洗浄

取り外したタイヤのクリーニングも忘れてはならないが、1シーズン使用したホイールは間違いなく汚れているので、必ず水洗いしたいところだ。

洗剤を使ってももちろん構わないが、ホイール洗浄用のグローブ等を使用すれば水洗いのみでも綺麗に汚れを落とすことが可能。

水をかける前に、マイナスドライバー等を使いタイヤの溝に挟まっている小石などを取り除いておくとよいと思う。

洗浄後は水気がなくなるまでしっかり乾燥させることが大切。

保管場所は、風通しが良く直射日光が当たらない場所がベストであり、タイヤの置き方は横積みがよい。

タイヤカバーを使用すれば尚更よいはずだ。

注意点

最新の注意を払わなければならないのが、ホイールの保護だが、アルミホイールは想像以上に傷が付きやすい

石やコンクリートにぶつけてしまっただけで傷が付いてしまうので、タイヤを倒したり、ホイール面を下にして引きずることなど厳禁だ。

私自身、不覚にも立て掛けたタイヤを倒してしまい、早速傷を付けてしまった・・・(泣)。

終わりに

タイヤは、車にとって欠かすことができない存在だけに、交換も正しく行いたいところだ。

自分で交換できればベストだが、そうでない方はディーラーやガソリンスタンドで確実に交換してもらうようにしよう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク