DMM英会話でも活躍のフィリピン人の英語力が凄いのはなぜ?

英会話

英会話学習ツールとして人気のDMM英会話。

世界中の講師陣と話せるというのが1つのセールスポイントだが、最も多いのはフィリピン人の講師陣だ。

ほとんどがフィリピン人ではないかと思うほどフィリピン人講師の数は多いのだが、それもうなずけるほどに彼らの英語力は非常に高い。

英語のみならず、複数の母国語を操ることも珍しくない。

今回は、なぜフィリピンの人たちが優れた語学力を持っているのかについて投稿する。

スポンサーリンク

英語を話すのは当たり前

フィリピンの人たちに言わせれば、英語を話すことができるのは当たり前のようだ。

実際に当たり前のように英語を話すし、英語を話すことができない我々日本人からすると羨ましい限りに思える。

学校の授業もアニメも英語

彼らの生活環境について聞いてみると、確かに英語を話すことができて当たり前なのだ。

例えば、学校の授業は全て英語で行われる

小学校、中学校もちろん大学もだ。

子供たちが好きなテレビアニメも英語で放送される。

加えて子供が幼いころから両親が英語で話しかけるのだから、嫌でも英語を習得するはずだ。

我々が日本語に触れる中で日本語を話すことができるようになるのと同じように、フィリピンの子供達は、英語に触れる環境の中で英語を習得していくのである。

特にフィリピンの人たちは、彼らが実際にドラマやアニメを通じて英語を習得したというイメージを強く持っているようだ。

私が英語を話せるようになるにはどうしたらよいのかと聞くと、誰しもがドラマ、アニメ、映画を見ながら学習しろとアドバイスしてくる。

公用語は英語

公用語はもちろん英語。

もう1つの公用語として「フィリピン語」というものが存在するが、こちらは後述するのでそちらを読んでいただきたい。

とにかく普段から当たり前のように英語を使っているのだ。

これこそ英語習得のために必須の動機付けである。

日本人が英語を話せないのは、英語を話す必要性がない社会で生きているからだ

単純な話だが、私たちが例えば仕事でフィリピンで生活をすることになった場合、嫌でも英語を話さざるを得ないだろう。

英語を使う必要がある

フィリピンは多くの島々からなる国だ。

その数は大小合わせると7107。

人が住んでいるところと住んでいないところがあるのだろうが、これはそれぞれの地域ごとの独自の母国語の成立、発展に影響したことは間違いないだろう。

このことがフィリピン人が優れた英語の使い手である大きな理由になっていると考えられる。

約120の母国語

各地域ごとに用いられる母国語は120以上あると言われている。

最もメジャーなものは、首都マニラが位置するルソン島の南部で話されているタガログ語だ。

先述のもう1つの公用語であるフィリピン語は、実質はこのタガログ語であるようだ。

他にもセブ島などが位置するビサヤ諸島ではセブアノ語が話されている。

セブアノは、ダバオ市があるミンダナオ諸島でも通じるらしい。

英語と並びもう1つの公用語であるタガログは、さすが公用語だけあってフィリピンのいずれの地域でも通じるらしい。

その他の各地域の母国語は場合によっては通じないケースもあるそうだ。

同じフィリピン人でもそれぞれの語学力に差があるので一概には言えないが、ビサヤ諸島の母国語であるセブアノ始めその他の地域の母国語では、他の地域での意思疎通に支障が生じる可能性があるとのことである。

英語であればどこでも通じる

各地域ごとの母国語にこだわっていては効率が悪い。

フィリピンの人たちにとって公用語である英語を使うことは効率がよいのだ

英語さえ話せれば地域を問わずに意思疎通ができるからだ。

これこそが、フィリピン人が優れた英語の使い出である最大の理由だ。

各地域ごとに独自の文化や言語があること自体は全く悪いことではないが、それら全体でフィリピンという国家が成り立っていることを考えれば、英語の使用による意思疎通の必要性は明らかだ。

フィリピン人が英語を必要とし、英語を学び、英語を習得し、上手な英語の使い手である理由はここにあるのだ。

もう1つの公用語であるタガログ語も同じだ。

これを使いこなすことができればいずれの地域でもコミュニケーションに困らないのだから、人々はそれを習得しようとするだろう。

フィリピンの人たちには、公用語である英語やタガログ語を学びそして、それらを使う必要があるのだ。

学校教育がうまくいっている

英会話

なぜフィリピンの人たちが公用語を学び、それを使う必要があるのかと言うことはわかったが、なぜ公用語が2つあるのかは気になるところだ。

公用語ならどちらか1つでいいはずである。

実際にフィリピン人に聞いてみたが、「わからない」とのことだった。

「政府に聞いてください」とも言われた。

それはともかくとして、学校での英語教育がうまくいっていることは明らかだ

フィリピンの学校では、小学生の頃から公用語として英語とタガログ語を学ぶらしい。

それがうまくいっているからこそ、誰しもがその2つの公用語を話すことができるのだ。

もちろん、学校教育以外の要素があることも明らかだ。

地域社会でも家庭でも英語とタガログ語を使う習慣があるのだから、子供たちはそれを見て2つの共通語を習得していくだろう。

語学の習得には学校での十分な授業の他に、普段からの反復練習が欠かせない

フィリピンの英語教育は、中学生が「be動詞」の使い方もままならない状況が珍しくない我が国の語学教育よりははるかに増しであると思える。

これでは英語が話せない!学校教育での英語指導の問題点
最近、英会話について投稿することが多いのだが、今回は学校教育現場での英語教育の問題点について投稿した...

終わりに

日本人が英語に目覚める日はくるのだろうか。

フィリピンとは異なり、我が国では国内にいる限りは日本語さえ話していれば何の支障もない。日常生活に困らない。

我々が英語を話せない最大の理由はこれだ。

話す必要がない。

学ぶ必要がない。

多くの人がこのように考えてきたのだ。

しかし最近では、楽天のように社内では英語が公用語といった企業も出始めている。

社内公用語とはいかなくても、入社時に語学力を問われることは一般的になってきた。

就職活動に勤しむ学生たちは頭が痛いだろう。

なぜなら小学校・中学校・高校と我が国の英語教育は全く不十分だからだ。

そもそも、学校の授業だけで英会話を取得するのは不可能だ。

学校で十分な指導を受けることができたとしても、それを基礎として普段から英語を使う、英語を話すことを繰り返さなければならない。

家庭でも、地域でも、学校でも英語を使うフィリピンのように。

就職活動での勝利を目指す学生たちだけが英語の習得を目指しているような状況では、我々日本人の英語力は上がらないだろう。

我々国民の1人1人が英語を使う必要性を理解しない限り、英語の習得を目指す動機付けがない限りは、日本人の英語力は向上しない。

その動機付けになり得るものがあるとしたら、我々日本人が国境を越え、世界の人々とコミュニケーションを取らなければ我々の生活は成り立たない状況に直面することだろう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク