オートマ(AT)車にも坂道発進が!? その方法は意外に簡単!

坂道発進

仮免許試験の最大の山場と言われる坂道発進だが、車両の後退による事故を防ぐためには必ず身に付けるべき技術である。

その坂道発進だが、MT車のみならず、AT(オートマ)車が行うこともあるらしいので、早速投稿してみたい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

坂道発進

はじめに、坂道発進の概要を確認位しておきたい。

坂道発進は、その名の通り、坂道で停止した状態からの発進時に車が後退することを防ぐために用いられる方法だが、MT車を運転する場合には必須の技術である。

その手順は以下にある通り。

坂道発進の方法(MT車)
  1. サイドブレーキを引く
  2. アクセルを一定の開度まで開けると同時に、クラッチペダルを離して行く
  3. エンジン回転数が上がり、車が前動き出す手応えを感じたらサイドブレーキを離す

皆さんも経験されているとは思うが、仮免許試験に合格するには必ずこの坂道発進をクリアしなければならない

しかしながら、これを苦手とする人も多く、坂道発進に失敗して試験に落ちるケースも多いと言われている。

半クラッチと坂道発進

少々話が逸れるかもしれないが、この坂道発進が面倒と言うことで、アクセルとクラッチ操作のみで坂道発進を行う人も多い。

いわゆる”半クラッチ”である。

具体的には、アクセルを一定の開度で開けクラッチもある程度繋ぐことで、車の前進力と重力で後ろに後退しようとする力を釣り合わせ、発進までの間車を停止させようとする手法だ。

これを上手に行うことができればブレーキを使わずに坂道で停止することができるし、そこからさらにクラッチを繋げば車が前に進むため、スムーズに発進できることが特徴である。

その一方、相当な技術が必要で、失敗するとエンストする恐れも・・・。

結果、車が後退して後続車と接触する可能性もあるため、教習所でこの方法を習うことは絶対にない。

このことからも、本来の坂道発進の確実性と重要性を知ることができると思う。

AT車の坂道発進

前置きが長かったようにも思えるが、ここからが本題。

本投稿のテーマであるオートマチック(AT)車での坂道発進だが、その方法は極めて簡単なようだ。

車に付属する取扱説明書には、以下のように書いてある。

坂道発進の方法(AT車)
  1. ブレーキペダルを踏んだままサイドブレーキを引く
  2. ブレーキペダルから足を離し、ゆっくりとアクセルペダルを踏む
  3. 車が前に動き出す挙動を感じたらサイドブレーキを解除する

全く難しいところはないが、AT車は基本的に坂道でも後ろに下がらないと言われていることもあり、これを知らない人も少なくないと思う(私もその中の1人である)。

しかしながら、教習所でのAT車教習でもこの坂道発進を習うし、仮免許試験のことを考えればやはり身に付けておくべき技術と言える。

試験中、坂道発進で車両が後退してしまった場合は大きく減点されることもあるので、確実にマスターするようにしよう。

必要性

教習所での仮免許試験はさておき、実際にAT車を運転していてこの坂道発進が必要かと言われれば、その必要性は低いと思う。

そもそもAT車はマニュアル車よりも後退するリスクが低いし、最近では、それを抑制する様々なシステムが導入されていることもその理由である

例えば、最近の車にはヒルスタートアシストコントロールなる機能が付いており、坂道発進時に、ブレーキペダルから足を離しても一時的にその制動力を保持してくれるのだ。

その効果が持続する時間は2秒間だが、その間にアクセルペダルを踏んでしまえば、問題なく車を発進させることができる。

もちろん、あまりにも勾配がきつい状況ではこのヒルスタートアシストコントロールが効かない可能性もあり、そのような状況ではやはり坂道発進が必要になるのかもしれない。

とは言え、そのような経験をすることは決して多くないだろうし、日常的に一般の公道を走行する上では、AT車の坂道発進の必要性はそれほど高くないのではないだろうか。

終わりに

今回はAT車での坂道発進について書いてきたが、その方法をご理解いただけただろうか。

実際にその必要性が高いのかと言われればそうとも思えないが、それほど難しい技術でもないので、教習でしっかり身に付けて仮免許試験を突破しよう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらも読まれています。
こちらも読まれています
スポンサーリンク
スポンサーリンク