交通安全協会に加入するメリットと更新ハガキとの関係とは!?

更新通知ハガキ

運転免許更新時に加入する人も多い交通安全協会だが、入会することでどのようなメリットを受けることができるのだろうか。

また、加入しないと免許更新の通知ハガキが来ないとの声も聞くが、真相は果たして・・・。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

協会の概要

業務内容

はじめに、交通安全協会について確認しておきたい。

その概要は、”道路交通の安全を目的とする非営利団体”と言うことだが、やはり、実際の活動が気になるところ。

そこで調べてみると、免許更新時に我々が受ける更新時講習業務交通安全運動の開催運転免許証更新の伝達など行っているらしい。

我々が免許更新時に受ける講習は、各都道府県公安委員会からの委託を受けた交通安全協会が行っているのだ。

交通安全協会の主な仕事
  • 免許更新時講習
  • 交通安全運動の開催
  • 免許更新伝達業務(ハガキの発送)

職員

職員の多くは退職後の警察官らしいが、典型的な天下りの例であるとも言える・・・。

これについては、ある県の交通安全協会の支出の約7割が職員の給与に宛てられていたと言う事実もあり、税金の無駄使いを指摘する声も多いようだ。

協会の収入の大部分は各都道府県警察からの免許更新時講習依託金であるが、交通安全協会の会費もその1つ。

我々が収める会費が天下りしてきた役人の多額の給与になっているかと思うと、複雑な気持ちになってしまうのも無理はない話である。

加入義務

交通安全協会への加入は、あくまでも任意である

よって、入会する義務は全くないのだが、免許更新時に加入意思の有無を問われるようになったのはごく最近のようだ。

そのため、加入を義務と思い込み、長い間加入し続けてきた人も少なくないらしい。

これを問題視する声も多いようだが、免許センターの職員は我々に正確な情報を伝える義務があったはずであり、真摯に反省して欲しいと思うところである。

こうして徴収された会費が、天下りしてきた職員の多額の給与になっていたとは・・・。

会費

会費は、各都道府県の交通安全協会ごとに異なるようだが、年間500円前後であることが多いようだ。

ブルー免許の人は、その有効期間の3年分1,500円、ゴールド免許の人は5年分で2,500円を、更新時に支払う形になる。

年間500円と言えばそれほど高い金額には思えないが、大したメリットがないのであれば勿体無いような気も・・・。

入会のメリット

ここからいよいよ本題に入るが、交通安全協会へ加入するメリットについて考えていきたい。

考えられるメリットは、①免許証ケースがもらえる、②チャイルドシートのレンタルが可能、③交通安全DVDをレンタルができる、④入院見舞金制度の会員になることができるなど。

個人的な意見としては、メリットと言えるものは特にないような気がするのだが・・・。

チャイルドシートのレンタルは、確かにありがたいような気もするがレンタル品を汚してしまうリスクも伴う。

交通安全のDVDがレンタルできると言っても・・・見る機会があるかどうか。

入院見舞金制度とは、事故に遭い、30日以上の入院が必要となった場合に3万円が支給されるものである。

3万円もらえるのは嬉しいことではあるが、30日以上の入院が必要な場合に限ってのことなのでイマイチに思えてしまう。

やはり、それほどのメリットはないと考えてよいのではないだろうか。

交通安全協会への加入のメリット
  • 免許証ケースがもらえる 
  • チャイルドシートのレンタル可能 
  • 交通安全のDVDをレンタルできる 
  • 入院見舞金制度の会員になることができる

ハガキとの関係

免許の更新時期の約2ヶ月前になるとそれを知らせるハガキが届くことは、ご周知の通りだと思う。

そのハガキについてだが、交通安全協会に入会していないとこれが届かないという声があるが、結論を言えば間違いである

交通安全協会に加入していなくとも、ハガキはしっかり届くのだ。

現に、私は協会に加入していないにも関わらずハガキが届いたので、免許センター窓口で確認してみた。

すると、”協会に加入しなかれば届かないのは昔の話”との回答が。

(やはり昔はそうだったのか・・・)

昔の話はともかくとして、現在では、加入しなくても更新をしらせるハガキがしっかり届くので安心して欲しい。

同時に、加入しなければハガキが来なくて不便ということで交通安全協会に加入していた人にには、もう一度加入の是非をよく考えていただきたいと思う。

終わりに

こうして見てみると、交通安全協会に加入するメリットがほとんどないことがわかる。

加入するしないはその人の自由だが、窓口の職員の方々には、加入が任意であることをしっかりと伝えて欲しいと思うところだ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらも読まれています。
こちらも読まれています
スポンサーリンク
スポンサーリンク