初心者マークはいつまで? その期間と違反した場合の罰則は?

初心者マーク

免許取立てのドライバーは、”初心者マーク”を付けなければならないと聞くが、つけないとどうなるのだろうか。

また、付けなければならない期間はどれくらいなのだろうか。

スポンサーリンク

初心運転者標識表示義務

初心運転者標識とは、いわゆる、”初心者マーク(若葉マーク)”のことだ。

これについて規定されている、”道路交通法第71条の5”を見てみよう。

第84条の第3項の普通自動車免許の交付を受けた者で、当該普通自動車免許を受けていた期間(当該免許効力が停止されていた期間を除く。)が通算して1年に達しない(当該免許を受けた日前6ヶ月以内に普通自動車免許を受けていたことがある者その他の者で政令で定めるものを除く。)は、内閣府令で定めるところにより普通自動車の前面及び後面に内閣府令で定める様式の標識を付けないで普通自動車を運転してはならない。

                      道路交通法第71条の5より

やはり、運転免許を取得して間もないドライバーは、初心者マークを付けなければならないとされている。

期間

条文では、”免許を取得している期間が1年間に達しない運転者”に、初心者マークの表示義務があると定められている。

言い変えれば、初心者マークをつけなければならない期間は、”免許を取得してから1年間”、と言うことだ。

ただし、免許の停止処置がなされた場合は、その期間が対象外となることには注意しなければならない。

以前に免許を受けていた場合

以前に免許を持っていた人の免許が失効し、再び免許を再取得した場合には、初心者マークの表示義務はないようだ。

ただし、再取得の日から遡り6ヶ月以内に免許を受けていたことが条件となる

言い換えれば、免許が失効してから6ヶ月以内に再取得の手続きをした場合には、初心者マークを表示する必要はないと言うことだ。

確かに、全くの初心者ではないのだから、わざわざ初心者であることを周囲に知らせる必要もないだろう。

ただし、免許が失効してから6ヶ月以上が経過したのちに運転免許を再取得した場合は、再び初心者マークを付けなければならない。

面倒なことにならないように、期限内に免許の更新をし、免許が失効することがないよう注意しなければならないのだ。

対象は普通免許

以外にも、初心運転者標識表示義務の対象となるのは、普通免許の取得者のみである

条文をもう一度読み直してみると、確かに、”普通自動車免許の交付を受けたもので・・・”と書いてあるではないか。

それにしても、その対象がなぜ普通免許に限定してあるのか、気になるといえば気になるところである。

違反した場合

交通違反

初心運転者標識表示義務に違反した場合は、当然のことながら道路交通法違反になる。

反則名は、”初心運転者標識表示義務違反”である。

罰則、反則金等の処分は以下の通り。

 反則行為 行政処分 刑事処分
点数 反則金 罰則
 大型車 普通車 2輪車 原付
初心運転者標識表示義務違反 1点   6,000円     2万円以下の罰金又は過料

 ※ 反則金を納付することで刑事処分を免れることができる。詳細は以下のページで確認して欲しい。

反則金と罰金の違いとは!? 似ているようで全く違う!
”交通違反をすると罰金を払わなければならない”と考えている人も多いが、多くの場合はそれは罰金ではなく...

終わりに

免許を取得して1年間は、しっかり初心者マークをつけるようにしよう。

初心者であることを周囲の車両に示すことで周りが配慮してくれる可能性もあるので、交通の円滑化につながるはずだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク