高齢者マークの年齢は何歳から!? つけないと本当に違反?

高齢者

初心運転者がつける初心者マークの他に、高齢ドライバーがつける高齢者マークがあるが、こちらも対象者は必ずつけなければならないのだろうか。

それとも、あくまでも任意なのだろうか。

スポンサーリンク

高齢運転者標識

高齢者マークの正式名称は、”高齢運転者標識”である。

規定されているのは、”道路交通法第71条の5第2項””道路交通法第71条の5第3項”だ。

2 第85条第1項若しくは第2項又は第86条第1項若しくは第2項の規定により、普通自動車を運転することができる免許(以下この条及び次条において「普通自動車対応免許」という。)を受けたもので75歳以上のものは、内閣府令で定めるところにより普通自動車の前面及び後面に内閣府令で定める様式の標識をつけないで普通自動車を運転してはならない。

3 普通自動車対応免許を受けたもので70歳以上75歳未満のものは、加齢に伴つて生ずる身体の機能の低下が自動車の運転に影響を及ぼすおそれがあると    きは、内閣府令で定めるところにより普通自動車の前面及び後面に内閣府令で定める様式の標識を付けて普通自動車を運転するように努めなければならない。

                      道路交通法第71条の5より

これらの条文では、①75歳以上のドライバーは高齢運転者標識をつける義務があり、②70歳以上75歳未満のドライバーは高齢運転者標識をつける努力義務があると規定されている。

①のケースでは、高齢者マークをつけなければ法律違反になるが、②の場合はあくまでも努力義務であるから、高齢者マークをつけなかったとしても違反にはならないと言うことだ。

道路交通法第71条の5による解釈
  • 75歳以上:高齢者マークの表示義務がある(つけないと違反)  
  • 70歳以上75歳未満:高齢者マークをつける努力義務がある(つけなくても違反にならない)

ところが、これに関しては少々複雑で、上記の理解では不十分なのだ。

以下で詳しく説明するので、続きを読んで欲しい。

表示義務の不適応化

75歳以上のドライバーの高齢者マークの表示は、道路交通法第71条の5第2項によって、確かに、一旦は義務化された。

ところが、現在は、同条項が当面の間適用されないことになっているらしいのだ

第71条の5第2項の規定は、当分の間、適用しない。この場合において、同条第3項中「70歳以上75歳未満」とあるのは、「70歳以上」とする。

                      道路交通法附則第22条より

この条文は、75歳以上のドライバーによる高齢者マークの表示義務が、その効力を持たないことを意味している。

よって、効力が残っているのは”道路交通法第71条の5第3項”、つまり、”70歳以上のドライバーは高齢者マークを表示するように努力しなければならない”と言うことだけだ。

表示は任意

ここで結論を出すと、高齢者マークの表示は、”あくまでも任意”と言うことになる

”努力義務”があるとはいえ、それを強制するものは存在しないからだ。

こうなってくると、実際に高齢者マークをつける人の数が、努力義務がある対象者の数に対して圧倒的に少なくなることが予想される。

”罰せられるわけでもないのにわざわざつける必要はない”と思うだろうし、自身が高齢者であると認めたくない人も少なくないだろう。

結果、ほとんど意味のない制度になってしまう可能性すらある

個人的には、表示の努力義務がある高齢ドライバーの方々にはしっかりと高齢者マークを付けて欲しいと思う。

周囲の車がそれに気が付けば、しかるべき配慮をするだろうし、交通の円滑化に貢献できるはずだ。

同時に、最近は、”高速道路の逆走事件”に代表される高齢ドライバーによる深刻な交通事故が多く報道されている。

この風潮が強まり、高齢者マークを付けていない高齢者ドライバーへの法規制が再び強まる可能性も十分にあると思われるので、これ以上の規制を受けないためにも協力して欲しい。

終わりに

初心者マークとは異なり、高齢者マークの表示はあくまでも任意であり、つけなかったからと言って交通違反に問われるわけではない。

しかしながら、交通の円滑化と交通安全への貢献と言う意味も込めて、対象となる年齢の方には、しっかりとこれを表示して欲しいと思うところである。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク