”匂い”と”臭い”の意味の違いは!? 使い分けはどうする?

疑問

ふと疑問に思うことがあるのだが、同じ読み方でも、漢字にすると2通りの表し方がある言葉がある。

”匂い”と”臭い”もその代表であるが、両者間にはどのような違いがあるのだろうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

匂い

まずは、”匂い”からだ。

国語辞書の定番中の定番である”広辞苑”には以下のようにある。

  1. 赤などの色が美しく映えること
  2. はなやかなこと 、威光
  3. 香り、香気

主に古語となっているようだが、以外にも1,2の意味では”嗅覚”ではなく”視覚”に関わる言葉なのである。

”もみち(もみじ)葉の匂いは・・・”や、”官位、世の中の匂いも・・・”などと言う用例があるくらいだ。

肝心の”嗅覚”にまつわる”匂い”だが、”好ましいもののニオイ”を言う場合に用いられるようだ

”かうばしき匂い”、”香水の匂い”などと言う用例が認められているが、語源が”香り”、”香気”であることも納得することが出来る。

よいイメージがあるもののニオイは”匂い”と考えれば間違い無いだろう

臭い

臭い

”匂い”が好意的なもののニオイを表すのに対し、こちらは”不快なもののニオイ”を表すために用いられるようだ。

広辞苑には以下のように書かれている。

くさいかおり、臭気

臭いと書いて”くさい”とも読めることが何よりもそれを物語っているが、用例としては、”生ゴミの臭い”、”犯罪の臭い”などがある。

ネガティブな印象があるもののニオイを言う場合には、こちらを用いると考えれば問題無いだろう。

香り

香り

匂いと同じような意味で用いられる言葉として”香り”があるが、こちらについても広辞苑を引いてみると以下のようにある。

  1. よいにおい
  2. つやややかな美しさ
  3. 何となく感じられるよい感じ

やはり、好意的な印象をもつ言葉であり、”匂い”とほぼ同意義で用いられるようだ。

匂いと香り

ここで新たに気になるのが、”匂い”と”香り”の関係だが、私が調べた限りでは大きな違いは見受けられ無い。

いずれにもネガティブな印象はなく、好意的に受け止めることが出来るものに対して使われる言葉である。

ただし、若干、”香り”の方が上品な印象が強いようだ。

また、書く場合には問題は無いが、会話では”匂い”と”臭い”の区別が付かないことがある

発音が全く同じだからだ。

”匂い”のつもりで話していても、相手には”臭い”の持つネガティブなニュアンスが伝わってしまう可能性が無いとも言え無い。

とりわけ言葉使いに注意しなければなら無い場面では、”香り”を用いるのが無難のような気もする。

終わりに

以外に知られていない”匂い”と”臭い”の違いだが、両者の違いが曖昧なままそれらの言葉を使っている人も少なく無いように思われる。

好意的なものについては、”匂い”、否定的なものに対しては、”臭い”を使うと考えれば問題無いので、正しく使い分けるようにしよう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク