猫のひげの本数・長さ・役割は? 切れても大丈夫!?

猫 ひげ

私は猫を6匹飼っているのだが、それぞれひげの長さや本数が異なり面白い。

その猫のひげはどんな役割をしているのだろうか。

スポンサーリンク

本数

生えている場所は、口の周り、目の上、顎の下だが、合計すると1匹あたり”5~60本程度”のひげがあるようだ。

加齢とともに本数が減るらしいが、確かに、我が家の猫も年をとるにつれてその密度が少なくなってきているように思える。

長さ・太さ

口の周りのひげは特に長く、猫の顔を大幅にはみ出して横に出ている感じだ。

太さも結構ある。

一方、あごの下は細く短いので目立たず、注意深く観察しないとわからないほどだ。

役割

センサー

猫 ひげ

一言で言ってしまえば、猫のひげは一種の”センサー”のようなものである。

非常に感度に優れており、これを触覚のように使うことで、顔の近くにあるものとの距離感を測ることができるのだ。

猫が狭い場所でも躊躇なくスムーズに進んで行くのは、このひげによって”通れる”との判断がなされたからだ。

現在の車にある”コーナーセンサー”のようなものと考えるとイメージしやすい

また、このひげによって空気の流れや獲物の体温を感じとることもできるようで、獲物を捕らえる場合も大きな武器になるのだ。

感情を表す

猫のひげは、猫の感情を表すこともあるらしい。

真横に伸びているときはリラックスできている状態で、後ろ向きに倒れ、頬に張り付くようになっているときは怯えている状態であるとされている。

また、退屈に感じている場合はダラーンと垂れているらしい。

抜ける

たまに、猫のひげが落ちているのを見かけることがあるが、生え変わるために自然に抜けることもあるようだ。

自然に抜けるのは問題ないが、その本数が多く、ひげがほとんどなくなってしまうような場合は何かしらの病気が疑われるので、早めに病院に行くようにしよう。

切れる

自然に抜けるのと同じく、切れることもある。

猫同士のケンカや事故などの外的要因によることがほとんどのようだが、飼い主としては心配になってしまう。

健康であれば切れても再び伸びてくるので、過度な心配はいらないだろう

実際に、我が家の猫は、いつも暴れるためにひげが短くなってしまったが、それでも元気一杯である。

注意点

ダメ

自然に抜けたり切れたりするのは仕方がないことではあるが、人間の手により故意にひげを切ったり抜いたりすることは厳禁である。

動物に対して不自然な力が働くほど悪影響を与えることはない。

高感度センサーの働きをすることからも想像できるが、猫のひげには非常に多くの神経が通っている

不自然な力が加わりこれが抜けたり切れたりした場合、猫が受けるダメージは計り知れないほど大きいのだ。

そのようなことは絶対に行わないようににして欲しい。

また、”ひげ”と呼んでいいかはわからないが、両手両足の肉球付近にもひげのようなものが生えているので、”爪切り”の際に誤って切ってしまわないように注意しよう。

終わりに

以外と知られていないが、猫のひげの役割は非常に大きく、猫の生活に欠かすことができないものである。

大切な愛猫の健康管理のためには、ひげの異常の有無をチェックすることも大切だ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク