一般道にも最低速度ってあるの!? 違反になる速度と罰則は?

最低速度

”最低速度違反”という交通違反があることは知ってはいるものの、その最低速度が何km/hなのか全くわからないし標識も見たことがない。

そこで今回は、この最低速度違反について詳しく調べてみた。

スポンサーリンク

最低速度

まずは、”道路交通法”で、この最低速度についてどのように規定されているのかを確認しておこう。

対象となるのは、”道路交通法第23条””道路交通法第75条の4”である。

(最低速度)

自動車は、道路標識等によりその最低速度が表示されている道路(第75条の4に規定する高速自動車国道の本線車道を除く。)においては、法令の規定により速度を減ずる場合及び危険を防止するためやむを得ない場合を除き、その最低速度に達しない速度で進行してはならない。

                        道路交通法第23条より

(最低速度)

自動車は、法令の規定によりその速度を減ずる場合及び危険を防止するためやむを得ない場合を除き、高速自動車国道の本線車道(法令で定めるものを除く。)においては、道路標識等に自動車の最低速度が指定されている区間にあつてはその最低速度に、その他の区間にあつては政令で定める最低速度に達しない速度で進行してはならない。

                      道路交通法第75条の4より

特に、”道路交通法第75条の4”を精読するのに苦労するが、修飾部分と被修飾部分の関係が極めてわかりにくい・・・。

要約すれば、高速道路の本線上では、道路標識による最低速度の表示があればその速度を、表示がない場合には政令で定める最低速度を下回ってはならない言うことだ。

”政令で定める最低速度”とは”時速50m/h”である。

道路標識による表示があればその速度を、それがなければ50km/hを下回ってはならないと考えればよい。

一方で、一般道はじめ、”対面通行でない高速道路以外の道路”では政令による最低速度の規定すなわち、法定最低速度”がない。

よって、道路標識による最低速度の表示がある場合に限り、最低速度を意識すればよいのだ

最低速度が適用される場所とその最低速度

  1. 高速道路の本線上で対面通行でない区間   
  2. 道路標識等により最低速度が表示されている区間(一般道、高速道ともに)

  道路標識による最低速度の表示がある場合 道路標識による最低速度の表示がない場合
一般道 その標識に表示される速度 なし
高速道 その標識に表示される速度 50km/h

違反した場合

これらの規定に違反した場合は”最低速度違反”に問われることになるが、反則金や罰則については以下の通り。

一般道では、罰則が設けられていないところがポイントである

 反則行為 行政処分 刑事処分
点数 反則金 罰則
 大型車 普通車 2輪車 原付
最低速度違反 一般道 なし  なし なし
高速道 1点 7,000円 6,000円 6,000円 5,000円 5万円以下の罰金

 ※ 反則金を支払うことで刑事処分を免れることができる。詳細は以下のページで確認して欲しい。

反則金と罰金の違いとは!? 似ているようで全く違う!
”交通違反をすると罰金を払わなければならない”と考えている人も多いが、多くの場合はそれは罰金ではなく...

取り締まり

高速道路

高速道路では、この最低速度違反で検挙されるケースはあるようで、実際に捕まったという声も聞いたことがある。

とは言え、”速度超過”の場合と比べてその事例は圧倒的に少ないことは確実だろう

警察としても、特に重点的に取り締まりを強化しているわけではないようだが、最低速度を下回る速度で走行している車があればすぐに警察の目に止まるようだ。

それもそのはず、走行時速が100km/hにもなる高速道路において、最低速度の50kn/hを下回る速度で走行している車があれば、誰がみてもおかしいと気が付いてしまう。

同時に、交通の流れからして危険極まりないことは明白であり、いつ後続車に追突されてもおかしくない状況であることも理解しなければならない。

安全運転、事故の予防と言う観点からも、高速道路での最低速度には十分に注意する必要があるのだ。

一般道

一般道でも、道路標識により最低速度が表示されている区間においては取り締まりが行われても不思議ではないが、”最低速度違反”で検挙されることはまずないと思われる。

何と言っても、道路交通法にその罰則が規定されていないのだから・・・

しかしながら、”安全運転義務違反”と言う名目で検挙される可能性を完全に否定することはできない。

この反則行為の解釈は曖昧で、現場の警察官の裁量次第で”あなたの走行速度は安全運転に支障がある”と言われればそれまでなのだ。

実際には、交通の流れに従って走行していればまず問題ないだろうが、故意に極端な低速走行を行ったりすれば、検挙の対象となる可能性はあると思われる。

安全運転義務違反の内容とは! 事故になれば必ずこの違反に?
”安全運転義務違反”と言う交通違反があるが、いまいち具体的な内容がわからない。また、交通事故を起こせ...

終わりに

速度超過ばかりが問題とされがちだが、”最低速度”を厳守することも交通の安全にとっては大切なことである。

過度に神経質になる必要はないが、道路標識によりこれがh当時されていないかどうかは注意深く確認した方がよいかもしれない。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク