法定速度・制限速度・最高速度って同じ意味!? 違いはあるの?

最高速度

車を運転する場合に最高速度を守らなければならないのは当然だが、この”最高速度”の他に”制限速度”や”法定速度”と言う言葉もある。

これらの言葉の間に意味の違いはあるのだろうか。

スポンサーリンク

最高速度

まずは、”最高速度”の意味から確認していきたい。

最高速度とは、その名の通り、法令の下で車両等が出すことができる速度の上限を表す言葉である。

”これ以上は出してはいけませんよ”と言う速度を表すものであり、この最高速度を超過した場合には、”速度超過”と言う違反に問われるのだ。

法律としては、”道路交通法第22条”にこれが規定されている。

(最高速度)

車両は、道路標識等により、その最高速度が指定されている道路においてはその最高速度を、その他道路においては政令で定める最高速度を超える速度で進行してはならない。

                     道路交通法第22条第1項より

車両等が出すことができる速度の上限を表す概念として、法律上では、”最高速度”と言う言葉が用いられていることを改めて確認することができる。

余談になるかもしれないが、道路交通法のその他の条項に目を通しても、速度の上限を表す言葉として、この”最高速度”以外の表現は見受けられない。

このことから、”規制速度”や”制限速度”と言う言葉が、少なくとも法律用語としては、正式なものではないことがわかる。

条文の内容を要約すると、”①道路標識等で最高速度が指定されている場合はその速度を、②その他の道路では政令で定める最高速度超える速度で走行してはならない”と規定されている。

より簡単に言えば、道路標識による速度表示があればその数字が最高速度、なければ政令で定められた速度が最高速度と言うことだ。

最高速度
  1. 最高速度が道路標識等により表示されている区間 :その表示されている速度(指定速度)
  2. 道路標識等による最高速度の表示がない場合:政令で定める速度(法定速度)

この①にある道路標識等で表示されている最高速度のことを”指定速度”、②にある政令で定める最高速度を”法定速度”と呼ぶことを覚えておいて欲しい。

言い換えれば、最高速度を決定する方法として、”法定速度””指定速度”と言う2つの概念が用いられていると言うことでもある。

法定速度

すでに述べたが、この”法定速度”と言うのは最高速度を決定するための1つの方法としての概念である。

高速自動車国道本線(対面通行区間を除く)と、その他の道路のそれぞれにおいて、車両等が出すことができる速度の上限を規定したものだ。

道路標識による最高速度の指定がない限りは、この法定速度が最高速度と言うことになるが、正式には”法定最高速度”と呼ばれる。

一般道、高速道路それぞれにおける、車両の種類ごとの法定速度は以下の通り。

     法定速度
一般道 高速道本線(対面通行区間を除く)
車両の種類 自動車

大型常用自動車

普通常用自動車

軽自動車

大型自動2輪車

普通自動2輪車

 60km/h  100km/h

大型貨物自動車

大型特殊自動車

トレーラー

 60km/h  80km/h
原付   30km/h – 
緊急自動車   80km/h  100km/h

指定速度

速度指定

こちらも最高速度を決定する方法の1つであり、その道路、その区間ごとに出すことができる速度の上限のことを指す。

正式には、”指定最高速度”と呼ばれるものである

ところが実際には、この指定速度の代わりに、”規制速度””制限速度”と言う表現を用いる人も少なくないようだ。

道路標識によりその速度が表示されており、それを我々が毎日のように見かけていることは、誰しもがご存知だと思う。

速度の決定の方法は、車線の数や歩行者の交通量、道路の幅と言うようなそれぞれの道路の特性をもとに、最も適切な速度が算出されるようだ。

一般道、高速道ともに法定速度が設けられているが、道路標識等により指定速度が表示されている場合には、その速度が最高速度と言うことになる。

優先順位

ここまで読んで下さった方にはすでにご理解いただいているかもしれないが、最高速度が決定されるにあたり、法定速度と指定速度のどちらが優先するのかを確認しておく。

結論から言えば、指定速度が最高速度に優先する

道路標識等により指定速度が表示されているのであれば、その区間においては、その速度が最高速度なのだ。

例えば、一般道の法定速度は60km/hであるが、道路標識により指定速度が50km/hと表示されているのであれば、その区間の最高速度は50km/hである。

法定速度が最高速度となる場合は、あくまでも指定速度が設けられていない道路であることを理解しなければならない。

高速道路でも同じことが言るわけで、高速道路本線の法定速度は100km/hだが、悪天候等により”70km/h”と言う指定速度が表示されていれば、そちらが最高速度になるのだ。

例外

基本的には、①指定速度、②法定速度と言う優先順位によって最高速度が決定されるが、例外もある。 

原付

原付の場合は、その法定速度である”30km/h”を上回る指定速度が表示されていたとしても、それは”無効”である。

よって法定速度の30km/hを超えないようにしなければならない

例えば、道路標識に”50km/h”の指定速度が表示されている区間であっても、最高速度は法定速度の30km/hになる。

緊急車両

こちらも例外があり、緊急車両の一般道での法定速度である”80km/h”を下回る指定速度が表示されていた場合、それは無効となる。

よって、法定速度である80km/hが最高速度である。

例えば、一般道で60km/hと言う指定速度が表示されている区間でも、法定速度の80km/hで走行することが可能と言うことだ。

まとめ

下は、最高速度の決定のされ方を表にしたものである。

ここまで読んでいただいた方には、すでにご理解いただいていると思うが参考にして欲しい。

  最高速度
道路標識等による指定速度の表示がある場合 道路標識等による指定速度の表示がない場合
指定速度>法定速度 指定速度<法定速度
車両の種類 自動車 指定速度 法定速度
原付 法定速度 指定速度 法定速度
緊急車両 指定速度 法定速度 法定速度

終わりに

最高速度、指定速度、法定速度と紛らわしい言葉が連続して読み難かったかもしれないが、これらの言葉の意味や違いを理解していただけただろうか。

いずれも速度の上限を表す言葉であるが、速度の出し過ぎは危険極まりないので、最高速度を超えないような速度で運転しなければならないのだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク