高速道路・自動車専用道路・高速自動車国道の違いって何だ!?

高速道路

先日、法定速度と制限速度の意味の違いについて投稿したが、他にも紛らわしい交通用語が多くある。

高速道路と高速自動車国道、自動車専用道路もそうであるが、これらの意味の違いとは・・。

スポンサーリンク

用語の確認

高速道路

高速道路とは、その名の通り、自動車が高速で通行することができる道路のことである。

やはり法的な定義を確認しておくことが重要であるが、”高速道路株式会社法第2条”にこれが規定されている。

(定義)

この法律において、「高速道路」とは次に掲げる道路をいう。

一 高速自動車国道法第4条第1項に規定する高速自動車国道

二 道路法第48条の4に規定する自動車専用道路(同法第48条の2第2項の規定により道路の部分に指定を受けたものにあっては、当該指定を受けた道路の部分以外の部分のうち国土交通省令で定めるものを含む。)並びにこれと同等の規格及び機能を有する道路(一般国道、都道府県道又は同法第7条第3項に規定する指定市の市道であるものに限る。以下、「自動車専用道路等」と総称する。)

                 高速道路株式会社法第2条第2項より

これを読むと、高速道路とは、①高速自動車国道②自動車専用道路の2つを言うことを理解できる。

高規格幹線道路

また、新たな用語が出てきて嫌になるが、この”高規格幹線道路”という用語も、見逃すことができない。

その意味は、”自動車が高速かつ安全に走行可能な構造を持つ道路”のことである。

つまるところ、①高速自動車国道と②自動車専用道路がこれに該当することになるとの認識で間違いないだろう。

国交省が、”高規格幹線道路とは高速自動車国道と一般道の自動車専用道路のことを言う”と回答していることが何よりの証拠だ。

こうして考えると、高規格幹線道と高速道路はほとんど同じ概念を持つ言葉であると言うことになる。

高速自動車国道

こちらは、一般国道自動車専用道路と並び、高速道路又は高規格幹線道路に該当する道路と言うことになる。

”高速自動車国道法第4条”における定義は以下のとおり。

高速自動車国道とは、自動車の高速交通の用に供する道路で、全国的な自動車交通網の枢要部分を構成し、かつ、政治・経済・文化上特に重要な地域を連絡するものその他国の利害に特に重大な関係を有するもので、次の各号に掲げるものをいう。

一 国土開発幹線自動車道の予定路線のうちから政令でその路線を指定したもの

二 前条第3項の規定により告示された予定路線のうちから政令でその路線を指定したもの

                   高速自動車国道法第4条第1項より

”政治・経済・文化上特に重要な地域を連絡し・・・”とあるが、確かに、現在の物流事情を考慮すれば、我々の生活に欠かすことができないものであると言えるだろう。

重要なことは、政令、つまり国の命令により、開発段階からその対象区間が指定され、建設が行われることである。

もっと簡単に言えば、”この地域、区間に高速自動車国道をつくろう”という国の方針のもとで建設が行われると言うことだ。

自動車専用道路

こちらも、高速自動車国道と並び、高規格道路あるいは高速道路に該当する道路である。

その定義は、”道路法第84条の2”において、”自動車のみの一般交通の用に供する道路又は道路の部分”とされている。

こちらはあくまでも”一般道”扱いとなることがポイントで、”一般国道自動車専用道路”と呼ばれることが多い。

高速自動車国道とは異なり、その地域ごとの交通状況を踏まえた上で、その交通をより円滑にすることを目的につくられる道路であることがポイントだ。

言い換えれば、”地域のごとの交通状況を踏まえ、必要に応じてつくっていきましょう”と言う位置づけと考えてよいだろう。

まとめ

”高速道路”、”高規格幹線道路”、”高速自動車国道”、”自動車専用道路”とややこしい名称が出てきてうんざりするが、話をまとめると以下のようになる。

高規格幹線道路 ≒ 高速道路 高速自動車国道
一般国道自動車専用道路

普段、我々が”高速道路”と呼んでいるものには、①高速自動車国道と②一般国道自動車専用道路の2種類があるのだ。

ただし、単に、高速自動車国道のことを高速道路と呼ぶ人も多いようである。

また、高速自動車国道と一般国道自動車専用道路ともに”高規格幹線道路”である以上、両方とも高速での走行が可能な道路であることに変わりはない。

違い

高速道路(高規格幹線道路)には、①高速自動車国道と②一般国道自動車路専用道路の2種類があることが分かったが、両者の間にはどのような違いがあるのだろうか。

走行速度

速度

まずは、走行速度に関する違いを紹介したい。

高速自動車国道には、”法定最高速度100km/h””法定最低速度50km/h”の規定がある。

よって、こちらを走行する場合、特に道路標識による速度の指示がない限りは、これに従って走行する必要があるのだ。

一方、一般国道自動車専用道路は一般道であるため、法定最高速度は60km/hであり、最低速度の設定はない。

したがって、道路標識等による速度の指示がない限りは、時速60km/hを超える速度で走行してはならないのだ。

高速自動車国道と一般国道自動車専用道路は、道路標識はじめ見た目がほとんど同じであるので勘違いしてしまうかもしれないが、法定速度については明確な違いがあるのだ

一般国道自動車専用道路においても、道路標識による速度の指示(”指定速度”)がある場合はそちらが優先されるので、”80”や”100″の標識があればその速度が最高速度になる。

逆を言えば、高速自動車国道では、時速100km/での走行を認める場合にわざわざ道路標識による速度の指定を行う必要がない(法定速度100km/hの規定があるため)。

これに対し、一般国道自動車専用道路で同じく時速100km/hでの走行を認める場合には、道路標識による速度指定を行う必要があるのだ(一般道の法定速度が60km/hであるため)。

なお、最高速度、法定速度、指定速度についての詳細は以下のページを参照して欲しい。

法定速度・制限速度・最高速度って同じ意味!? 違いはあるの?
車を運転する場合に最高速度を守らなければならないのは当然だが、この”最高速度”の他に”制限速度”や”...

通行可能車両

通行可能な車両にも違いがある。

高速自動車国道では、ミニカー、125cc以下の普通自動2輪車の他、原付、小型特殊自動車、故障した車を牽引している車両(牽引車両)は通行できない。

これに対し、一般国道自動車専用道路では、小型特殊自動車と牽引車両が通行できるようになっている。

ただし、安全と言う観点からは奨励することはできないような気はするが・・・。

  高速自動車国道 一般道自動車専用道路
通行不可能な車両
  • ミニカー
  • 排気量125cc以下の自動2輪車
  • 原動機付自転車
  • 小型特殊自動車
  • 牽引車両
  • ミニカー
  • 排気量125cc以下の自動2輪車
  • 原動機付自動車

料金

料金

高速自動車国道の場合は、走行距離に応じて料金を支払うことになるので、基本的には、日本全国同じ料金体系である。

  可変額(走行距離1kmあたり) ターミナルチャージ(固定額/利用1回ごと)
普通車 24.6円 150円
大型車 40.6円
特大車 67.7円
中型車 29.5円
軽自動車 19.7円

一方、一般国道自動車専用道路の場合は、必ずしも全区間が有料というわけではなく、無料区間も存在する。

有料区間の料金もそれぞれ異なり、一概には言えないが、高速自動車国道よりも約30%ほど割高になるようだ。

終わりに

普段何となく”高速道路”と言う言葉を使っているが、各専門用語を正確に理解することはなかなか難しいことがわかった。

我々の近所にある高速道路が、高速自動車国道なのか一般国道自動車専用道路なのかと言うことも興味深いものである。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク