交差点内で右折待ちの間に赤信号に! そのまま通行したら違反!?

赤信号

交差点を右折する時に、直進車の通行次第ではなかなか右折できない場合がある。

結果、信号が赤になり、直進車の交通が途絶えてから右折することになるが、これは交通違反なのだろうか。

スポンサーリンク

通過可能

”交差点内で右折待ちの間に信号が赤になってしまった場合”、そのまま通行することができるのかどうかが今回のテーマであるが・・・

結論から言えば、そのまま右折を継続し、通過することが可能だ

以下にその論拠を述べる。

赤信号の意味

まずは、”赤信号の意味”を確認したいのだが、”道路交通法施行令第2条”にその答えがある。

(信号の意味等)

法第4条第4項に規定する信号機の表示する信号の種類及び意味は、次の表に掲げるとおりとし、同表の下欄に掲げる信号の意味は、それぞれ同表の上欄に掲げる信号を表示する信号機に対面する交通について表示されるものとする。

赤色の灯火

1 歩行者は、道路を横断してはならないこと

2 車両等は停止位置を越えて進行してはならないこと

3 交差点において既に左折している車両等は、そのまま進行することができること

4 交差点において既に右折している車両等(多通行帯道路等通行原動機付自転車及び軽車両を除く。)はそのまま進行できること。この場合において、当該車両等は、青色の灯火により進行することができることとされている車両等の進行妨害をしてはならない。

5 交差点において既に右折している多通行帯道路等通行原動機付自転車及び軽車両は、その右折している地点において停止しなければならないこと。

                     道路交通法施行令第2条より

この条文を見てわかるように、赤信号の意味は、”停止線を超えて進行してはならない”であって、既に交差点内に入り右左折をしている車両はそのまま進行することができるのだ。

よって、信号が赤に変わっても、速やかに右折を済ませ、進行すればよい。

条文を読む限りは、それで交通違反に問われることは考えられないので、ひとまずは安心してよいと思う。

交差点残り

交差点

交差点内で信号が赤に変わった場合、そのまま通過することが許されるとは言え、交差点内に留まってしまうと非常に厄介なことになる。

いわゆる、”交差点残り”と言われる状態だ

道路交通法施行令第2条に、”青色の灯火により進行することができるとされている車両等の進行妨害をしてはならない”と規定されていることに注目して欲しい。

渋滞などが原因で交差点内に留まってしまうと、交差する道路の信号が青に変わり、そちらの車両が進行してくる可能性があるが、それらの進行を妨害すれば交通違反に問われるのだ。

この場合、”信号無視”と判断されるのか”交差点等進入禁止違反”と判断されるのかは定かではないが、交通違反を問われることは間違いない。

よって、自身の前に多くの右折車両があり、交差点残りになる蓋然性が高いのであれば、無理に交差点に進入することなく、停止線の手前で待機するのが望ましいと言える。

停止線付近の場合

交差点の深くまで進み、右折の体勢に入っている段階であれば、そのまま速やかに通過する以外の選択肢はないが、停止線付近で赤信号になった場合には難しい判断を迫られる

もちろん、停止線の手前であれば進行不可能であり、停止線を超えないようにそのまま停止しなければならない。

一方、停止線を超えていた場合は厄介だ。

確かに、赤信号の意味は”停止線を超えて進行してはならない”であり、赤信号になる前に停止線を超えているのであれば信号無視に問われることはない。

ところが、そのまま交差点を通過してもよいのは”すでに右折している車両”とされている。

よって、”停止線を超えていてもそれほど交差点の奥深くまで達しておらず、右折の体勢に入っていないのであれば、そのまま停止しなければならない”と解釈できてしまうのだ。

目安は横断歩道

横断歩道

進むのか止まるのか非常に難しい判断を迫られるが、自身の場所が横断歩道の手前なのか、それとも横断歩道に乗り上げているのかを1つの目安にするとよいと思う。

横断歩道に乗り上げた状態で停止し、そこを歩行者が進行すれば、”交差点等進入禁止違反”に問われるからだ。

個人的には、横断歩道の手前であれば停止し、横断歩道よりも前に達してしまっているのならそのまま通過してしまうと言うのがよい方法であるように思える。

もちろん、交差点の大きさや形状により、ベストな方法が異なることは言うまでもないことではあるが。

終わりに

交差点で右折する場合、途中で信号が赤に変わっても速やかに通行可能であれば、交差点深くまで進行した上で待機していても問題はないだろう。

一方、いつまでも交差点内にとどまってしまう恐れがあるのであれば、停止線を超えない位置で待機し、様子を見るのがベストな方法であると思う。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク