怖いから? 教習所がMT車での高速教習を行わない理由とは!?

高速道路

先日耳にしたのだが、最近の自動車学校では、AT限定でもなのに、AT車で高速教習を行うところが多いらしい。

MT車を運転することを目的としているのに、なぜなのだろうか・・・。

スポンサーリンク

AT車の使用

高速教習とは、その名の通り高速道路で行われる教習なのだが、複数の生徒が1台の教習車に乗り込み、交代しながら運転することが多いようだ。

教習所の近くに高速道路がない場合は、”高速道路シュミレーター”というマシンが使われることもあるらしい。

その高速教習だが、最近では、AT車を使用する教習所が増えている

この場合、AT限定免許の取得を目指す生徒のみならず、普段はMT車で教習を受けている生徒までAT車を運転すると言うのだから不思議なことだ。

理由

AT車での高速教習には、交通事故のリスク削減生徒の恐怖心の軽減経費削減などの目的があると言われている。

交通事故のリスク削減

MT車を運転する場合、ドライバーがギア操作を行う必要があるが、運転初心者にとっては簡単なことではない。

走行速度や車の特性を把握した上で適切なギアを選択しなければならないし、クラッチ操作に難がある場合などは、余計に厄介なことになる。

特に、高速道路本線への合流時にギアチェンジでもたつくことは大変危険で、場合によっては事故を起こす恐れも否定できないのだ。

そこで、そのリスクを減らすためにAT車が使用されるらしい。

言われてみれば、AT車にはギアチェンジの必要がなく、アクセルペダルを深く踏み込むことで容易にキックダウンさせることが可能

本線への合流もよりスムーズに行うことができるはずだ。

恐怖心対策

怖い

こちらも交通事故対策に該当すると思うが、AT車を使用することには、生徒の恐怖心を減らす目的もあるようだ。

特に女性の場合、クラッチ操作やギアチェンジが上手くできずに、自身の運転技術にに不安を感じていることも少なくない

それが高速教習ともなれば、不安が恐怖に変わることも・・・。

過度の不安と緊張が引き金となり、重大な交通事故を引き起こしてしまう可能性すら否定できないのだ。

AT車であれば、苦手なギアやクラッチ操作が不要であるから、多少なりとも精神的負担は軽減されるはず。

よって、個人的には、なかなか合理的な判断であるようにも思える。

経費削減

これが最大の理由かもしれないが、AT車で高速教習を行うことで人件費の削減を図ることができるとされている。

高速教習の場合、複数の生徒が1度に教習を行うことが可能なので、教習に必要な教官はたった1人で済んでしまう。

ところが、AT車とMT車で別々に高速教習を行えば教習車を2台使用する必要があるし、人件費も2倍に・・・。

この辺りの計算は見事と言えるが、教習所と言えど民間企業であるから、妙に納得できる気がする。

MT車

もちろん、MT車での高速教習を行っている教習所もある。

私が通った自動車学校もそうであったし、人数に関しても複数の生徒の相乗りではなく、生徒1人と教官1人であった。

そのため、変速のタイミングや速度コントロールなど、通常の教習と変わらず丁寧に指導してもらえたので、不安なく教習を終了することができた。

今思えば、教習所の利益や効率を度外視した指導をしてもらったとも思えるが、有難いことだと思う。

こうして考えると、高速教習でMT車を使用し、1対1での指導をしてくれるのかどうかが、よい教習所を見つける上での1つのポイントになるかもしれない。

終わりに

皆さんが通われた教習所では、高速教習をMT車、AT車のどちらで行っただろうか。

個人的には、せっかくの機会なのだからMT車を使うのがよいと思うが、いずれにせよ、何事もなく無事に教習が終了することを願うばかりである。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク