マニュアル車で駐車する時のギアはバック!? それともニュートラル?

MT車のシフトレバー

久しぶりにマニュアル車を運転すると、駐車時のギアをどこに入れたらよいのか迷ってしまうことがある。

普通に考えれば、1速かバックに入れるのが無難と思われるが、どちらが正解なのだろうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

マニュアル車の駐車時のギアについては様々な意見があるようだが、代表的なものを列挙すれば、下にある通り。

さすがに4と5は危険に思えるが・・・。

いずれのギアを使用するにせよ、少しでもリスクを減らすためには、サイドブレーキをしっかり引いておくのが望ましいと思う。

MT車で駐車時のギア
  1. ギア:ロー(1速) + サイドブレーキ 
  2. ギア:バック     + サイドブレーキ
  3. ギア:ニュートラル  + サイドブレーキ
  4. ギア:バック     + サイドブレーキなし
  5. ギア:ロー(1速) + サイドブレーキなし

適切なギア

結論を言えば、平地と下り坂ではバック上り坂ではロー(1速)に入れておくのが、正しい方法である。

重力により、下り坂では車を前進させる力が、上り坂では車を後退させる力が働く。

ところが、いずれの場合も、ギアがその反対方向へ車を進めようとするので、重力を抑制することができるのだ。

ちなみに、これをギアロックと呼ぶらしい。

また、ここまで読んで下さった方は、なぜ平地に駐車する場合でもバックギアを使用するのか疑問に思われるはず。

1速であれバックであれ、平地ならばどちらのギアでもよいようにも思えるからだ。

これについては、エンジン始動後の誤発進のリスクを少しでも削減しようと言う考えがあるらしい。

バックギアはローギアよりも発生させるトルクが弱いため、急発進した場合のリスクが僅かながらも少ないとされているのだ。

その差は決して大きくはないと思われるが、安全にとって、少しでもベターな方法を選択しているものと思われる。

ニュートラルは厳禁

駐車時にギアをニュートラルにすることは非常に危険なので、絶対に行うべきではない。

ギアがニュートラルである以上、ギアロックの力が全く働かない状態であることは、想像に難くないことである。

サイドブレーキをかけるので大丈夫と思う人もいるかもしれないが、サイドブレーキの制動力は決して強いものではない。

これについては、サイドブレーキを解除し忘れたまま数キロ走行したと言う話をよく耳にすることが、何よりもそれを物語っているはず。

よって、ギアをニュートラルに入れて駐車した場合、サイドブレーキをかけたとしても、車が動き出す恐れが十分にあるのだ。

一方、1速もしくはバックギアを使用した上でサイドブレーキを引くのであれば、事情は全く異なる。

サイドブレーキとギアロックが互いの力を補完し合うことで、強力な制動力を発生させることも可能なだけに、正しいギアを選択するようにしよう。

終わりに

現在では、MT車を運転する機会そのものが少ないことは事実だが、正しい操作方法を知っておくに越したことはない。

正しい方法で安全に駐車するようにしよう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらも読まれています。
こちらも読まれています
スポンサーリンク
スポンサーリンク