サンキューハザードは違反!? ハザードランプの正しい使い方とは!

ハザードランプ

進路を譲ってもらった場合などに、感謝の意味を込めてハザードランプを点灯させるのが一般的になりつつあるが、これは、正しい使い方なのだろうか。

今回は、ハザードランプの使用方法について投稿してみたい。

スポンサーリンク

法律上は

まずは、ハザードランプについての法律上の規定を確認したいのだが、これが規定されているのは、”道路交通法施行令第18条第2項”である。

(道路にある場合の灯火)

2 自動車(大型自動2輪車、普通自動2輪車及び小型特殊自動車を除く。)は、法第52条第1項前段の規定により、夜間、道路(歩道又は路側帯と車道の区別がある道路においては、車道)の幅員が5.5メートル以上の道路に停車し、又は駐車しているときは、車両の保安基準に関する規定により設けられる非常点滅表示灯又は尾灯をつけなければならない。ただし、車両の保安基準に定める基準に適合する駐車灯をつけて停車し、若しくは駐車しているとき、又は高速自動車国道及び自動車専用道路以外の道路において後方50メートルの距離から当該自動車が明りょうに見える程度に照明が行われている場所に停車し、若しくは駐車しているとき、若しくは、高速自動車国道及び自動車専用道路以外の道路において第27条の6第1号に定める夜間用停止表示器材若しくは車両の保安基準に関する規定に定める基準に適合する警告反射板を後方から進行してくる自動車の運転者が見やすい位置に置いて停車し、若しくは駐車しているときは、この限りではない。

                  道路交通法施行令第18条第2項より

非常に長い条文で読解するのに時間がかかる・・・。

が、要約すれば、”ハザードランプは夜間、路上に駐車又は停車している場合に点滅させる”との理解で間違いないだろう。

続いて、”道路交通法施行令第26条の3第2項”にもこれについての規定があるので、こちらも見てみることにする。

2 通学学園バスは、小学校等の児童、生徒又は幼児の乗降のため停車しているときは、車両の保安基準に関する規定に定める非常点滅灯をつけなければならない。

                 道路交通法施行令第26条の3第2項より

ここでは、通学用のバスが生徒乗降のために停止している場合も、ハザードランプを点灯させなければならないことが規定してある。

こちらは、日中でも点滅させなければならないようだが、確かにそのような光景を見かけることがある。

一方、サンキューハザードについて何かしらの手がかりとなる記載は見当たらない。

本来の使い方

これらの条文を読む限りでは、ハザードランプは、”停車又は駐車している自車の存在を、後方の車両に認知させる”ことであると言える。

荷物の積みおろしや、乗客の乗降を待っている間の車両がハザードランプを点灯させているのは、まさにその目的のためであり、正しいハザードランプの使い方なのだ。

こうして考えると、サンキューハザードが本来あるべきハザードランプの使用方法ではないことも明らかになる。

違法性

では、サンキューハザードが交通違反なのかと言えば、そうではない。

サンキューハザードに違法性はないのだ。

上記の2つの条文の中に、そこに規定される場面以外でのハザードランプの使用を違法とするような規定がないことがそれを物語っている。

と同時に、これら以外に、サンキューハザードについて規定されている法律はないのだ。

とは言え、サンキューハザードが、”本来の使い方ではない”ことは理解しておく必要があるだろう。

ちなみに、警音器すなわち”クラクション”を必要以上に鳴らすことは立派な交通違反になるので十分に注意して欲しい。

注意! むやみにクラクションを鳴らすのは交通違反!
信号が青に切り替わった際に、少し発進が遅れただけで後ろからクラクションを鳴らされることがある。ところ...

会釈がベスト

会釈

サンキューハザードが本来のハザードランプの使い方ではない以上、相手に感謝の意を伝えるための別の方法があるのであれば、そちらを用いるべきだと思う。

例えば、”会釈”があるが、こちらが最も無難な方法だ。

もちろん、状況次第では相手がこちらの会釈を認識できないケースもあるわけで、そのような場面では、サンキューハザードを用いるのも致し方ないことではあるが。

また、路上で停車や駐車する機会が多い通学バスがこのサンキューハザードを行うことで、後ろの車両の運転手が勘違いをしてしまう可能性を否定できない。

よって、通学バスのドライバーにとっては、サンキューハザードを行うべきではないようにも思える。

駐車場

サンキューハザードではないが、大型駐車場等での駐車の際にハザードランプを点滅させる人も少なくない。

こちらも、後方から進行してくる車両に対し、自車が駐車行為に入っていることを知らせることを目的としているが、個人的には効果的であると思う。

本来の使用方法ではないとはいえ、違法行為ではないし、これを行うことが交通の安全にとって望ましいのであれば、積極的に行うべきことであるようにも思える。

終わりに

サンキューハザードが本来の使い方ではない一方で、違法な行為ではないことも事実である。

これを行うかどうかは、ドライバーの判断次第で構わないとは思うが、本来ハザードを点滅させるべき場面では忘れずに点滅させるようにしよう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク