高速道路のサービスエリアとパーキングエリアの違いとは!?

パーキングエリア

高速道路を走行中にサービスエリアを知らせる標識を見かけるが、パーキングエリアと表記されるものもある。

今回は、両者の違いについて投稿しようと思う。

スポンサーリンク

PA

パーキングエリアとは、高速道路に設置される休憩施設のことを言う。

施設内には、駐車場やトイレ、売店、自動販売機などが設置されており、高速道路の利用者が食事をとったり、休憩したりすることができる仕組みになっている。

高速道路に沿って約15km間隔で設置されていることも、利用者にとって非常に有り難いところだ。

ご存知だとは思うが、PAと表記されることもある。

SA

サービスエリアとは、パーキングエリア同様に高速道路に設置される休憩所のことを指すが、パーキングエリアよりも規模の大きな施設を言うらしい。

施設内にはより多くの種類の店舗が用意され、利用者が多様なサービスを受けることができる仕組みだ。

駐車場やトイレ、売店はもちろんのこと、レストラン、ガソリンスタンド、銭湯にコインランドリー、さらには宿泊施設まで設けられているところもあるとのこと。

特に宿泊施設の存在は、長距離移動を行う利用者にとっては非常に有り難いことである。

また、パーキングエリアが約15km間隔で設置されるのに対し、こちらは約50km間隔で設置されていることも特徴だ。

道路標識などでは、SAと表記される。

両者の違い

パーキングエリアとサービスエリアの違いとしては、やはり規模の違いがある。

パーキングエリアは、駐車場、トイレなど必要最小限の設備を備えていることがほとんどだが、サービスエリアではより贅沢なサービスを受けることが可能。

施設間の距離が、パーキングエリアが約15kmであるのに対し、サービスエリアは約50kmであることも代表的な違いだと思う。

とは言え、中にはサービスエリアを上回るような規模を誇るパーキングエリアも存在するようだし、単に規模の違いを理由に両者を区別することができない場合もあるようだ。

終わりに

サービスエリアとパーキングエリアの違いをご理解いただけただろうか。

本投稿の内容が正しいかどうか確認するつもりで、普段利用する休憩所がパーキングエリアなのかサービスエリアなのかを調べて見るのも面白いかもしれない。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク