オービスの反応速度の謎! 30キロ超までは反応しないって本当?

オービス

自動速度取締機(オービス)の存在は、ほとんどのドライバーが知っていると思うが、今回はその反応速度について投稿したい。

多少の速度超過には反応しないという人もいるが、本当なのだろうか。

スポンサーリンク

はじめに

はじめに、オービスとは何かについて確認しておきたい。

オービスとは、正式名称が自動速度違反取り締まり装置であり、その名の通り、速度違反をする車両を取り締まる装置のことを言う。

主に、高速道路やスピード違反が多発する道路に設置されており、超過速度で走行する車両を認知し、その様子を撮影するような仕組みになっている。

なお、車両の認知システムについては、レーダー式ループコイル式など複数の方式があるようだ。

オービスの認知システムの種類
  • レーダー式
  • ループコイル式
  • Hシステム
  • LHシステム

反応速度

オービスが反応するのは、一般道では最高速度より30km/h超過高速道では40km/h超過した場合である。

やはり一般に言われている通りのようだが、言い換えれば、10km/h程度の軽微な速度超過に反応することはないと言うことだ。

このことから、オービスは速度超過ではなく、悪質な速度超過を取り締まるための機器であると考えた方がよいかもしれない。

悪質な速度超過

オービスが反応する速度が、最高速度に対して一般道では30km/超過、高速道路では40km/h超過であることには、理由があると思われる。

と言うのも、この超過速度でのスピード違反を犯した場合には反則金が適用されず、当事者は確実に刑事罰を受けることになるのだ。

行政処分においては反則点数6点が加算され、免許の停止処分を受けることに。

刑事処分に加え、厳しい行政処分も受けることになるが、このレベルでの速度超過は危険極まりないことであり、当然の処分と言える。

オービスは、この悪質な速度超過を取り締まるための装置なのだ。

反応速度の違い

気になるのが、全国各地に設置されているオービスの反応速度が全て同じなのかどうかということだが、皆一律ではないようだ。

自治体によっては、反応速度を変えているところもあるらしい

ドライバーにとって最も関心があるのは、より少ない速度超過でも反応するのかどうかであるが、その蓋然性はかなり少ないと思われる。

なぜなら、先述の通り、一般道30km/h、高速道路40km/hオーバーと言う基準が、それ以下の速度超過とは一線を画すものだからだ。

その基準のもとで反応速度が設定されているのだから、何台かの装置のみがそれ以下の速度に反応することは考え難い。

一方、さらに大きな速度超過でなければ反応しないケースがあるらしいが、例えば、50km/h以上の速度超過が認めらて初めて動作するものもあると言われている。

反応した場合

オービスが反応した場合は、ストロボが発光し、運転手と車のナンバーが撮影される

発光は赤色に光る場合と白の場合とがあるらしいが、その輝度はかなり強力で、自身が撮影されたことに気が付かないことはまずはありえないほどのものだ。

撮影が行われると、早ければ数日、遅くても30日以内に、車の所有者のもとへ出頭通知が送付される。

これにより、当事者が処罰されるのだ。

先述の通り、オービスが反応するほどの速度超過を犯せば、反則金が適用されないため、必ず刑事処分を受けることになる。

実際には罰金刑に処せられることになるのだが、その相場は5~8万円ほど。

さらには、最低でも30日間の免許の停止処分が下されることになるが、当事者には厳しい処分が待っているのだ。

終わりに

オービスは軽微な速度超過には反応しないと考えて間違いはないとは思うが、だからと言ってスピード違反が許されるわけではない。

交通安全のためも、最高速度を厳守して運転するようにしよう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク