歩行者に水たまりの泥水が! 車の運転者の責任はどうなる!?

水たまり

教習所で、水たまりの泥を歩行者にかけてしまった場合は車の運転者の過失になると習ったが、具体的にはどのような交通違反になるのだろうか。

また、実際の賠償例などはあるのだろうか。

スポンサーリンク

泥はね運転

結論から言えば、歩行者に水たまりの水をかけてしまった場合は交通違反になるが、その根拠は、”道路交通法第71条”にある。

(運転者の遵守事項)

車両等の運転者は、次に掲げる事項を守らなければならない。

一 ぬかるみ又は水たまりを通行するときは、泥よけ器を付け、又は徐行する等して、泥土、汚水等を飛散させて他人に迷惑を及ぼすことがないようにすること。

                        道路交通法第71条より

条文を読んでいただければ明らかだが、水たまりの水を飛散させ、歩行者はじめ他人に迷惑をかけることは立派な交通違反なのである。

反則行為名は、”泥はね運転”らしいが、こんな交通違反もあったのか・・・。

”交通反則通告制度”があるために刑事罰を受けることはないと思うが、罰則が定めてある以上、立派な犯罪行為であることは理解しておかなければならないだろう。

罰則

泥はね運転の罰則は以下の通りだが、反則点数は適用されていないようだ。

違反行為 行政処分 刑事処分
点数 反則金 罰則
 大型車 普通車 2輪車 原付
泥はね運転 なし 7,000円 6,000円 6,000円 5,000円 5万円以下の罰金

 ※ 反則金を納付することで刑事処分を免れることができる。詳細は以下のページを参照して欲しい。

反則金と罰金の違いとは!? 似ているようで全く違う!
”交通違反をすると罰金を払わなければならない”と考えている人も多いが、多くの場合はそれは罰金ではなく...

クリーニング代

クリーニング

泥はね運転で歩行者等の衣類を汚してしまった場合には、行政処分や刑事処分とは別に、クリーニング代を負担する義務がある。

こちらは民事責任に当たるが、被害者から賠償を求められれば、当然ながら賠償義務が生じるのだ。

刑事・行政・民事! 交通事故の3つの責任と処分とは!?
起こらないに越したことはないが、交通事故を起こしてしまった場合には、どのような責任や処分を受けること...

被害者の側に立てば、クリーニング代を請求する権利を持つことは当然なのだが、その車両に水をかけられたということを証明することは容易ではない。

よって、そのまま泣き寝入りをすると言うケースも少なくないようだ。

しかしながら、ドライバーの過失であることは明らかなわけで、少しでも心当たりがある運転手は自ら名乗り出で、被害者へクリーニング代を負担する旨を伝えるべきだと思う。

終わりに

運転中の泥はねや水跳ねが交通違反であることを、改めて確認することができたわけだが、何よりも迷惑を被る歩行者のことを考えて運転しなければならない。

特に雨の日には十分に注意し、歩行者の近くを通行する場合には、しっかりと減速するようにしよう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク