高速道路の最高速度が120キロに引き上げ!? その対象区間は?

高速道路

いよいよ、高速道路の最高速度が120km/hに引き上げれられることが決定したが、その対象区間を調べてみたので早速投稿したい。

できるだけ詳細にレポートするので、是非とも最後目まで読んで欲しいと思う。

スポンサーリンク

目的

今回の速度引き上げの目的は、最高速度と物理的に走行可能な速度のギャップの解消にあると言われている。

現在、高速道路における最高速度は100km/hだが、実は、120km/hでも十分に走行できるように設計されている区間が存在する。

実際には130~140km/hで走行しても問題ないようだが、事故防止の観点から、全区間の最高速度が100km/hに統一されているらしいのだ。

それを知ってのことか、最高速度を大きく上回る速度で走行する車両が少なくないのが現状でもある・・・。

そこで、設計上100km/h以上で走行可能な区間については、思い切って最高速度を引き上げようというのが、今回の試みのようだ。

対象区間

今回の引き上げの対象となる区間は、東北自動車道と新東名高速道路の一部区間である。

東北自動車道については、花巻南IC〜盛岡南ICの間の約31kmの区間、新東名高速は、御殿場JCT〜浜松いなさJCTの間の約145kmの区間だ。

まず、2017年、暫定的に最高速度を110km/hに引き上げ、それで問題がなければ、最終的には120km/hでの運用を目指すとされている。

なお、大型トラックの最高速度は引き上げ対象とはならず、現行同様80km/hのまま据え置かれるようだ。

対象となる高速道路 対象区間 対象区間距離
東北自動車道 花巻南IC〜盛岡南IC 31km
新東名高速道路 御殿場JCT〜浜松いなさJCT 145km

その他検討道路・区間

上記の2つ以外にも、調査の結果、100km/h以上で走行しても問題ない区間を持つ高速道路がある。

関越自動車道や、常磐自動車道がこれに該当するが、将来的にこれらの高速道路で最高速度が120km/hに引き上げられる可能性は十分にあるはずだ。

将来的に最高速度が引き上げられる可能性がある高速道路
  • 常磐自動車道
  • 関越自動車道
  • 東関東自動車道
  • 東名高速道路
  • 北九州自動車道

賛否

今回の引き上げには、様々なが存在するようだ。

例えば、運送業界からは、走行速度が上がることで物流がより素早くなることを歓迎する声が上がっている。

一方、交通事故のリスクが上昇することを懸念する意見もあり、まさに賛否両論と言ったところか。

個人的にはあまりよいことにも思えないのだが、とにかく事故の件数が増えないことを願うばかりである。

課題

今回、高速道路の一部区間での最高速度の引き上げが決定されたわけだが、クリアすべき課題も少なくないと言われている。

例えば、自動車のスピードメーターの誤差の問題や、追い越し車線の大型トラックの問題があるが、詳細は以下を読んで欲しい。

メーターの誤差

メーター

最高速度を見直す前に、スピードメーターの誤差を解消すべきと言う意見もある。

と言うのも、ほとんどの車が、速度計が実際の走行速度よりも高く表示されるようにつくられているのだ。

よって、メーター読みで100km/hを表示している場合にも、実際は90km/hしか速度が出ていないことがほとんど。

これを改善するだけで、実質、走行速度が約10km/h上がるわけで、交通の円滑化を図るには十分なようにも思える。

大型トラックの追い越し

追い越し車線の大型トラック問題も大きな課題になるはずだ。

大型トラックの最高速度は80km/hのまま据え置かれるが、先を急ぐトラックは必ず追い越しをかけるはず。

その場合、最高速度が80km/hである以上、まさか100km/hを超える速度を出すわけにもいかないので、85km/h前後で追い越しをかけると思われる。

結果、追い越し車線を走行する車の障害になる可能性があることは、言うまでもない。

まして最高速度が120km/hに引き上げられるわけだから、追突事故が発生するリスクも大きくわけで、なかなか難しい問題なのではないだろうか。

終わりに

賛否両論ある今回の最高速度の引き上げの是非だが、しばらくは様子を見るしかなさそうだ。

今回の決定が不適切であったと言われないためにも、ドライバーには十分に注意して運転して欲しいと思う。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク