ハンドルとステアリングの意味の違いは!? 正しい呼び方はどっち?

ステアリング

最近、自動車評論家がステアリングという表現を使うことが多いのだが、ハンドルとの意味の違いが気になり、早速調べてみた。

はたして、どちらが正しい表現なのだろうか。

スポンサーリンク

ハンドル

まずはハンドルの意味だが、明らかに元来の日本語ではないので、英和辞典に当たってみると以下のようにある。

handle(動詞):〜に手を触れる、〜を操る、〜を処理する

handle(名詞):柄、取っ手(車のハンドルは”steering”)

動詞としては〜を操作する、名詞としては取っ手が代表的な使い方のようだ。

さらに読み進めていくと、何と、”車のハンドルについては『sreering』を用いる”と書かれているではないか。

よって、この段階で、車のハンドルを言う場合はステアリングを用いるのが正しいことがわかってしまった・・・。

とはいえ、動詞としてのハンドルに”〜を操る”と言う使い方があるので、これを動名詞化して、”ハンドルを操作し車を操ること”と言う意味で用いるのであれば、何の問題もない。

よって、”ハンドリング(舵を切り車を操ること)の感覚がいいですね”などと表現することは正しいと言える。

ステアリング

続いては、”ステアリング”だが、こちらは以下のようにある。

steer(動詞):〜の舵を切る

steering(名詞):自動車などの方向転換装置

steering wheel(名詞):自動車のなどのハンドル

こちらもやはり、動詞としての”steer”を起源とし、”steering(方向転換装置)”と”steering wheel(ハンドル)”と言う使い方が派生したものと考えられる。

なお、自動車のハンドルについては、”steering wheel(ステアリングホイール)”と呼ぶのが最も正しい方法らしい。

もちろん、単に”steering(ステアリング)”でも十分に通じるようだ。

終わりに

自動車のハンドルを呼ぶ場合は、”ステアリング”または”ステアリングホイール”と呼ぶことが正しいことがわかった。

とは言え、日本ではハンドルでも十分に通じるので、特に問題はないと思われる。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク