事故車買取業者を比較! 実際に査定を依頼してみた結果は!?

事故車の査定

交通事故に遭った場合、事故車両を修理するか新たに車を購入するかで頭を悩ませることになるが、後者を選択する場合に事故車買取業者に事故車の買取を依頼することで買い替え費用の一部、場合によっては大部分を確保できることをご存知だろうか。

今回は、私自身がもらい事故で大破したSAIを事故車買取業者に売却した経験をもとに、その査定額や各買取業者の特徴を紹介する。

スポンサーリンク

はじめに

交通事故は車両の損害と言う意味でも本当に恐ろしいものであり、特にもらい事故においては相手方の保険会社から被害者に支払われるのは車両の修理代のみであり、“修復歴”が残ることによる車両価値の減額分の補償や新たに車を購入するための諸経費(自動車取得税や必要備品の買替え費用等)の補償は一切行われないのが原則である。

もちろん、車両の損傷が軽微の場合は補償される賠償金を持って修理すればよいだけの話であるが、私のSAIのように100万円を超える修理代が発生するほどの大きな損傷を受けてしまうと事態は深刻であり、大ダメージを負った車を修理して乗り続けるにも抵抗があるし(事故車扱いになることで車両価値が大きく低下してしまう)、かと言って車を買い換えようにも相手方より支払われる賠償金のみでは同クラスの車を購入することができず、余計な負担を強いられることに…。

さらには、損保会社の中には正当な車両の修理代の支払いすら渋る悪徳な企業も存在するため精神的にも労力が大きく、半ば泣き寝入りを強いられるケースも少なくないのが現状なのだ。

事故車の売却

ここまでもらい事故の被害者になると非常に大変な思いをすることを確認したが、場合によっては車両を修理せずに事故車買取業者に売却し、その資金をもとに新車を購入するのがベストなケースもある。

例えば、私のSAIは修理費用総額105万円の大ダメージを負い廃車にするしかないと思ったほどの無残な状態であったものの、事故車買取業者に査定を依頼したところ何と100万円の値がついたため、相手方から支払われる車両修理代105万円と合わせて計205万円を新車購入費用に充当できたのだ。

仮に修理したとしても事故車扱いになることで車両価値が大きく減少してしまうことに加え、今回のダメージが引き金となりどこかに不具合が生じるのではないかと不安を感じながら乗り続けることになっただろうし、そのまま廃車にすれば100万円をドブに捨てるも同然だったわけだから、今思えば事故車買取業者に査定を依頼して本当によかったと思う。

以上の経験からも、もらい事故はもちろんのこと、事故に遭い車を修理するか買い替えるかでお悩みの方にはまずは事故車買取業者に査定を依頼されることを強くお奨めしたい。

なお、上にSAIの画像を1枚載せたが、フロント右側タイヤ周りが大きく損傷を受けている他、後席ドアの傷と運転席側ピラーの歪みが確認され、さらには前輪のドライブシャフトが曲がっているため自走不可の状態である。

査定結果は…

事故車買取業者には①事故車の買取を専門とする“事故車買取専門業者”と②通常の中古車買取事業と並行して事故車の買取を行う業者の2種類が存在するが、今回査定を依頼した4つの業者の概要を紹介しつつ、査定結果を発表する。

今回査定を依頼した事故車買取業者
  • 株式会社はなまる
  • タウ
  • ビッグモーター
  • ハイシャル

株式会社はなまる

※ 画像は“株式会社はなまるさんのホームページ”より引用

事故車買取業者として最も有名な企業とも言えるのが“株式会社はなまる”だが、事故車の買取を専門とするだけあり買取後の事故車の流通ルートを多く確保しており、高額での売却を期待することができる。

本題であるSAIの見積額は70万円で、他業者がさらに高額な査定額を出したことを伝えるとその都度それに被せる格好で提示額をアップさせてきた。

最終的には102万円で買い取らせて欲しいとお願いされたが、当初の70万円との差額が30万円以上もあり、少なくとも今回については利益を優先して吹っかけられた印象は否めないか…

タウ

こちら“タウ”も事故車の買取を専門業務とするため、買取実績も豊富で高額査定を期待することができる。

今回のSAIの商談では1回目の査定で85万円の買取額を提示されたが、はなまるよりも15万円も高い金額であり、非常に良心的な対応をする印象を受けた。

また、ホームページに掲載される事故車売却シュミレーターを使用することで簡単に自車の買取値の目安を知ることができる点も高評価だ。

事故車売却シミュレーター|事故車買取のタウ
今すぐ自分の事故車の査定額を知りたい方向けのシミュレーターです。(特許申請中)タウ独自のロジックによって、いくつかの項目を入力するだけで、概算見積を簡単査定!お急ぎの方は24時間対応のフリーダイヤルをご利用ください。

ビッグモーター

※ 画像は“ビッグモーターさんのホームページ”より引用

中古車買取業者として有名なビッグモーターだが、事故車の買取にも対応している。

事故車買取を専門とするわけではないため大きな期待をせずに査定に臨んだところ、蓋を開けてみれば4社の中で最も高い買取金額(90万円)を最初から提示される結果に

その後、はなまるがさらに高い買取額を提示してきたことを伝えたところ100万円で買い取ってもらえることになったのだが、最初から限界値に近い買取額を提示してきたことには好感が持てたし、スタッフの対応も悪くなかったので今回査定を依頼した業者の中では最も良い印象を受けた。

このビッグモーターについては度々悪評を耳にする機会もあるものの、正式な書面を作成する時点でその後査定額が変わることがない旨を書面で約束する制度を採用しているらしく、安心して手続きを行うことができた点も評価したいポイントである。

ハイシャル

※ 画像は“ハイシャルさんのホームページ”より引用

こちらも事故車の買取を専門とするが、私の地元には店舗がないため、電話で事故車の情報を伝える“電話査定”により買取値が決定された(4社の中で最も低い20万円)。

電話査定では正確な買取額の算出が難しいらしく、電話での申告と実際の損傷度合いの差異など後々のトラブルを考えると高額での買取はできないとのこと…

近隣に店舗がある方にとっては問題ないのかもしれないが、今回のようなケースでは満足できる査定額の提示を受けることが難しいかもしれない。

注意点

事故車買取業者に買取を依頼するにあたっては、注意すべき点もいくつか存在する。

中でも最重要なのがスタッフが現地まで足を運び直接事故車を見て査定を行ってくれる業者に買取を依頼することであるが、事業所数が少ない業者の場合はスタッフの派遣を行うことができず、電話査定(大まかな損傷具合を口頭で伝えるのみ)により買取額が決定してしまうので要注意。

その場合、買取業者は事前の説明と実際の損傷の度合いが異なることを想定しなければならないため査定額が大きく下がる傾向にあり、今回のSAIについて実際に現物を見て査定を行った業者と比較して70万円も低い買取額が提示されたことからも、電話査定だけは絶対に避けたいところである。

また、実際に車を見て査定してもらうにせよ、言うまでもなく自社の利益を最優先した金額を提示してくるのが買取業者の常套手段であるから、“納得できる金額の提示がない限り売却しない”くらいの姿勢で粘り強く交渉に臨むことも重要なポイントだ。

以上を踏まえ最後に個人的な意見を言わせてもらえば、全国各地に多くの店舗があり、どこにでも出張してくれる上に買取額の交渉でも可能な限り利用者の要望に応えてくれるビッグモーターを1番に評価したいが、今回紹介した業者ならいずれも信頼できるはずなので、事故車の処分にお悩みの方にはまず査定を依頼されることをお奨めする。

終わりに

今回は、事故に遭い車を買い替える場合に車両を事故車買取業者に売却することのメリットや、様々な買取業者が存在することを投稿した。

事故車買取業者に依頼すれば予期せぬ高額で事故車を買い取ってもらえる可能性があることをご理解いただきたいが、“事故車だから価値がない”と思い込み、車両をディーラーや整備工場に無償で渡してしまう愚行だけは絶対に行わないようにしよう

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらも読まれています

スポンサーリンク