ガソリンスタンドの謎! セルフとフルサービスはどっちが多い!?

給油

最近、近隣のガソリンスタンドのほとんどがセルフ式になっているような気がする。

一方で、フルサービスの店舗もいまだ健在という地域もあるようだが、両者のうち、数が多いのはどちらなのだろうか。

スポンサーリンク

店舗数

経済産業省の発表によれば、平成26年度末の時点で、我が国にあるガソリンスタンドの総数は33,510店舗らしい。

そのうち、フルサービスが23,980店舗、セルフ式が9,530店舗であるが、全ガソリンスタンド数に占めるセルフ店舗の割合は28.4%

大雑把に言えば、ガソリンスタンド3店舗のうち1店舗がセルフサービスと言うことになるが、意外にも、まだまだフルサービスの店舗の方が多いようだ。

私の場合、近所のガソリンスタンドは全てセルフ式であり、フルサービスの店舗はすでに存在しないと思っていたくらいなのだが・・・。

年度ガソリンスタンドの総数フルサービスセルフ式
店舗数全体に対する割合(%)店舗数全体に対する割合(%)
199856,44456,359 99.885 0.2
199955,15354,962 99.7191 0.3
200053,70453,282 99.2422 0.8
200152,59251,239 97.41,353 2.6
200251,29448,771 95.12,523 4.9
200350,06746,644 93.23,423 6.8
200448,67244,568 91.64,104 8.4
200547,58442,628 89.64,956 10.4
200645,79239,630 86.56,162 13.5
200744,05737,034 84.17,023 15.9
200842,09034,316 81.57,774 18.5
200940,35732,061 79.48,296 20.6
201038,77730,328 78.28,449 21.8
201137,74329,147 77.28,596 22.8
201236,34927,487 75.68,862 24.4
201334,70625,431 73.39,275 26.7
201433,51023,980 71.69,530 28.4

フルサービス店舗の減少

店舗数ではセルフ式を上回るとは言え、フルサービス店舗の減少傾向が著しいことがわかる。

1998年には56,359店舗が存在していたが、2014年にはその数が23,980店舗まで減少しているではないか。

ここ16年間で、32,379店舗も減ってしまったのだ。

現在もセルフ式の約3倍の店舗が存在するとは言え、その減少傾向は著しく、歯止めがかからない状態と言ってもよいのではないかと思う。

セルフ式の増加

セルフ式ガソリンスタンド

数の上では、フルサービスの店舗よりも少ないとはいえ、セルフ型店舗の増加率には目を見張るものがある。

消防法の改正によりセルフ式ガソリンスタンドが登場したのが1998年であるから、そこから17年間に約1万店舗ものセルフ式ガソリンスタンドが誕生したのだ。

1年あたり約570店舗1日あたり1.6店舗のセルフ式ガソリンスタンドがつくられてきたことになる。

1日に1店舗以上のペースでその数が増えてきたと言うのだから、驚くべきことだと思う。

総数の減少

ガソリンスタンドの総数自体が減少していることにも注目しなければならない。

1998年の時点で56,444店舗が存在していたガソリンスタンドだが、2014年にはその数が33,510店舗まで減少している。

16年間で、22,934店舗ものガソリンスタンドがなくなってしまったのだ。

セルフ式が増加傾向にある一方、それ以上のペースで、フルサービス式スタンドが減少していることに原因があると思われる。

地域差

以下の表は、ガソリンスタンドの総数に対するセルフ式ガソリンスタンドの割合を、地域ごとにまとめたものである。

特に法則的なことを発見することはできないが、トップ20に東北地方が1つも入っていないことがわかる。

もしかすると、田舎ほどフルサービスの店舗が残っていると言えるのかもしれない。

順位都道府県セルフ式スタンドの割合(%)順位都道府県セルフ式スタンドの割合(%)
1神奈川33.811京都25.9
2埼玉32.512岡山25.8
3石川32.013富山25.5
4香川31.114千葉25.4
5愛知30.015滋賀25.0
6奈良29.9716山口24.8
7兵庫29.9617東京22.03
8福岡29.218北海道21.96
9鳥取28.919福井21.9
10大阪26.820三重21.8

終わりに

多くの人が気付いているように、フルサービス型のガソリンスタンドは著しく減少傾向にあるようだ。

一方、セルフ式店舗は、著しく増加していることがわかる。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク