マツダのGVC(G-ベクタリングコントロール)の効果が凄い!?

マツダ アクセラ

マイナーチェンジを受けたアクセラに試乗する機会を得たが、新たに搭載された機能”GVC”を体感することができた。

世界初の試みとされる画期的なシステムだが、本当に効果を感じることができるのだろうか。

スポンサーリンク

GVCとは

まずは、CGV(G-ベクタリングコントロール)の概要を確認しておきたい。

この仕組みは、コーナーを曲がる場合、前輪と後輪のグリップ力を適切にコントロールすることで車体の安定性の向上を図るものである。

結果、乗員の身体が横に振られることを抑制することができると言うのが、マツダの主張するところだ。

メカニズムとしては、エンジンがステアリング操作に反応し、わずかに出力を弱めることで減速Gが発生する。

これにより、車体の重心が前に移動するため、前輪のグリップ力が高まるのだ。

慣性の法則(ブレーキを踏み減速した場合に身体が前に持って行かれる)を思い出してもらえればイメージしやすいだろう。

前輪のグリップ力が増すことで、ステアリング操作に対して素直に車が反応するようになる

そのままハンドルの舵角をキープすると、今度はエンジンが出力を上げ減速Gが解消されるとともに後輪へ重心がかかるようになる。

今度は、後輪のグリップ力が増加し、車体の安定性が増すと言うわけだ。

重心移動により、全輪、後輪のグリップ力を適切に変化させることでよりスムーズに曲がることができ、車体の安定性も確保されるのがこのGVCと言えるだろう。

詳細は、マツダのホームページで確認して欲しい。

効果

マツダの発表によれば、やはり、乗員の身体が横に振られることが抑制され、確かな効果が認められるようだ。

実際に動画を確認していただきたい。

実際に私が体験してみた感想としても、この動画ほど劇的なものではないが、一定の効果はあるように思える。

GVCが非搭載の私のデミオでも同じコースを走行してみたのだが、コーナーを通過する際に、背中の筋肉が緊張することを確認できた

一方、これが搭載される新型アクセラでは、全くそれを感じなかったのだ。

もちろん、走行速度やハンドルの切り具合など完璧に同じ条件ではないので一概には言えないが、全く効果がないとは思えない。

身体の振られ具合が圧倒的に異なるとまでは言わないが、ドライバーが気付かないレベルで、身体への負担が軽減されている可能性は十分にあるだろう。

特に、長距離移動する際の疲労の軽減にとって、一定の効果を期待できるはずだ。

評価

注目されるGVCの効果だが、自動車評論家の間でも一定の評価を得ているようだ。

日本を代表する自動車ジャーナリストである清水和夫氏もこのおっしゃり様。

清水氏がマツダ車を高めに評価する傾向が強いことは事実だが、それだけマツダ車が高い実力を見に付けていることも事実。

誇張ややらせがあるとは考え難い。

清水氏もおっしゃるように、エンジンが出力を調整することによる効果がシャーシ、サスペンションまで伝わり、車全体が人間にとって最適な動きをすることが素晴らしいと思う。

世界初の試みとあるが、近年のマツダの好調ぶりを象徴する出来事と言ってよいだろう。

疑問点

個人的に疑問に思うことがあるのだが、ディーラー曰く、アクセルペダルから足を離した場合にはGVCが機能しないらしい。

ブレーキペダルを踏んだ場合にこれが動作しないことも、当然のことである。

コーナーを通過する場合、運転技術が高いドライバーほど適切なアクセル操作をするはずで、完全にアクセルペダルから足を離し、惰性のみで走行することも少なくないはずだ。

この場合はGVCの恩恵を受けることができないわけだが、かと言って、アクセルペダルを踏み続ければ、余計に不自然な運転になってしまう可能性がある

試乗の際、ディーラースタッフに”アクセルペダルを踏み続けてください”と言われたが、そこは、通常であれば明らかにペダルから完全に足を離すほどの角度があるコーナーだった。

無理にアクセルペダルを踏み続ければ、コーナーを曲がり切れなかった可能性も否定できず、リスクの方が大きかったと考えられる。

このことからも、過度にこの仕組みに依存することなく、これまで通りの運転を続けることが大切だと思う。

それでなおかつ、GVCが適切に動作する場合があるならば、それはそれで結構なことである。

搭載車

この、GVCが搭載されるのは、現時点ではマイナーチェンジを受けたアクセラのみである。

これを機会に、適切なタイミングでデミオやアテンザ、CX-3など他の車種にも搭載される予定だと言う。

デミオやCX-3については、時期マイナーチェンジがそのタイミングと思われる。

特にデミオについては、後席にアームレストがないために乗員の身体が横に振られやすいだけに、この機能によりそれが軽減されることを期待したい。

ちなみに、今回これが初めて採用されたアクセラでは、グレードの違いに関わらず、全モデルにこの機能が搭載されているようだ。

この辺りは、あくまでも走りを最優先させるマツダの考え方によるところが大きいのだろう。

終わりに

素晴らしい車を市場に送り続けているマツダだが、今回も画期的な機能を発表してくれた。

今後、デミオやCX-3にこれが搭載されることも大いに期待したいところだが、名称を変えて、他メーカーが真似をする可能性もあるのではいかと思う。 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク