左足ブレーキは本当に安全なのか!? 法律上の問題は大丈夫?

ブレーキング

先日、ウェブサイトで車のブレーキについて調べていたところ、”左足ブレーキ”と言う言葉を目にした。

ブレーキを左足で踏むことらしいが、教習所で習ったこともないし、とても危険な行為に思えるのだが・・・そもそも合法なのだろうか。

スポンサーリンク

はじめに

”左足ブレーキ”とは、その名の通り、左足でブレーキを踏むことである。

AT車を運転する場合には出番がないはずの左足でブレーキ操作を行うことは、普通に運転している人にとっては耳を疑いたくなるような話だと思う。

これを実践すれば、右足をアクセルペダルの上に、左足をブレーキペダルの上に置くことになるが、何とも不思議だ・・・。

安全性

左足ブレーキを実践する人の中にはその安全性が高いと主張する人もいるが、”踏み間違えが起き難い”と言うことをその理由としているらしい。

確かに、右足でアクセルペダルとブレーキベダルの両方を操作するAT車では、まれに”踏み間違え”による事故が発生している。

それに対し左足ブレーキであれば、”アクセルは右足でブレーキは左足”と役割分担することができるので、踏み間違えが起きないと言うのが彼らの主張である。

ところが、現在のAT車はこの左足ブレーキを前提として製造されている訳ではなく、ブレーキペダルは体の中心もしくはやや右側に付いていることを忘れてはならない。

これで左足ブレーキを実践しようものなら、左足を右方向へ斜めに伸ばした状態になってしまい、ペダルに十分な力が伝わらないことも考えられるのだ。

よって、踏み込みが足りず、必要な制動力を得られない可能性を否定できない。

これで追突事故でも起こしては本末転倒であり、むしろ危険なのではないかと言うのが私の個人的な意見である。

法律上は

左足ブレーキが危険であると考える人間にとっては、これが法律上合法であるのかどうかが気になるところだが、調べてみると意外な事実が明らかになる。

道路交通法には、この左足ブレーキに付いての規定がないのだ。

よって、これを行っても交通違反に問われることはないのだが、普通に右足でブレーキを踏んでいる人間としては、厳しく取り締まって欲しいと思わないでもないが・・・。

教習所

我が国の教習所では、右足でのブレーキ操作を行うように指導されているが、ほとんどのドライバーが右足でのブレーキングを行う理由はここにあるのだ。

それにしても、教習所で習わない左足ブレーキがなぜ行われているのだろうか・・・。

左足ブレーキの是非

賛否

左足ブレーキの是非をめぐり、様々な議論が行われているらしい。

当然のように右足ブレーキを実践し、つい最近まで左足ブレーキの存在すら知らなかった人間にとっては、議論が行われていること自体が驚きなのだが・・・。

肯定派の意見としては、先述した”踏み間違えの防止”や、踏み替え時間がなくなることによりゆとりを持ったブレーキングが可能になることが指摘されている。

一方、運転姿勢が不安定になることや、ブレーキペダルとアクセルペダルを同時に踏み込んでしまう危険性などが、否定派の意見として存在しているようだ。

肯定派の意見
  • アクセルペダルとブレーキペダルの踏み間違えを防止できる
  • 踏み替え時間がなく、ゆとりをもったブレーキングが可能になる
  • アクセル操作とブレーキ操作を素早く切り替えることができる
否定派の意見
  • 運転姿勢が不安定になる
  • 教習所での指導が行われていない
  • アクセルペダルとブレーキペダルを同時に踏んでしまう可能性がある
  • 自動車が左足ブレーキを前提につくられていない

終わりに

左足ブレーキを行う人がいることには本当に驚かされたが、適切なブレーキングを行うことができるのか疑問に思えることは事実だ。

とはいえ、右であれ左であれ、交通の安全にとって支障のないブレーキ操作が可能であればよいとも言えるわけで、安全運転を心がけて欲しいと思うところである。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

こちらも読まれています。
こちらも読まれています
スポンサーリンク