無灯火のパトカーは交通違反じゃないの!? ヘッドライトは?

パトカー

夜間に、赤色灯はおろか、ヘッドライトすら付けずに走行しているパトカーを見かけることがあるが、法的に問題はないのだろうか。

今回は、無灯火とパトカーの特例について考えていこうと思う。

スポンサーリンク

法律上は

パトカーや救急車などの”緊急自動車”には特例が認められており、道路交通法による規制が適用されない部分がある。

夜間の無灯火がこれに該当するのかどうかが重要なポイントなのだが、その根拠となり得る、”道路交通法第41条”を見てみよう。

(緊急自動車の特例)

緊急自動車については、第8条第1項、第17条第6項、第18条、第20条第1項及び第2項、第20条の2、第25条第1項及び第2項、第25条の2第2項、、第26条の2第3項、第29条、第30条、第34条第1項、第2項及び第4項、第35条第1項並びに第38条第1項前段及び第3項の規定は、適用しない。

道路交通法第41条より

様々な条文が登場するために非常に読み難くなっているが、以下に、適用されない事項をまとめた。

緊急自動車の特例

条文 規定事項 備考
第8条第1項 通行の禁止等 道路標識等による通行禁止場所を通行することができる
第17条第6項 通行区分 安全地帯等に入ることができる
第18条 左側寄り通行等 道路の左側に寄らずともよい
第20条第1項 車両通行帯 追い越し車線を走行してもよい
第20条第2項 通行帯の指定に従わずともよい
第20条の2 路線バス優先通行帯 路線バス優先通行帯を通行してもよい
第25条第1項 道路外に出る場合の方法 道路外に出る場合、左に寄り徐行せずともよい
第25条第2項 右折する場合、道路の中央により徐行せずともよい
第25条の2第1項 横断等の禁止 正常な交通を妨害する恐れがある場合でも右左折、横断等をすることができる。
第25条の2第2項 指定横断等禁止 道路標識による、横断、転回、後退の禁止が適用されない
第26条の2第3項 進路の変更の禁止 車線変更が禁止されている区間でも進路変更することが可能
第29条 追い越しをする場所 前の車が追い越しをしている場合でも追い越しが可能
第30条 追い越しを禁止する場所 追い越し禁止場所が適用されない
第34条第1項 左折又は右折 右左折の際、右に寄り、左に寄り、徐行せずともよい   
第34条第2項
第34条第4項
第35条第1項 指定通行区分  右折レーン、左折レーンなどの指定の適用を受けない
第38条第1項前段 横断歩道等における歩行者の優先 横断歩道を通過する際、徐行せずともよい  
第38条第3項

こうしてみると、結構な数の項目が適用外とされていることわかるが、パトカーや救急車が、急務のための走行をするのであるから当然と言えば当然とも思える。

それはそうとして、ここで驚くべき事実が明らかになる。

夜間の無灯火については全く触れられていないではないか・・・。

無灯火違反

ここまで読んで下さった方はお分りかと思うが、夜間に無灯火で走行しているパトカーがいたとすれば、立派な交通違反と言うことになる。

夜間の灯火義務が適用されないなどと言う特例は全く見当たらないし、そもそも、ヘッドライトをつけずにひっそりと通行している場合は、緊急走行ですらないのだ。

にも関わらず、無灯火のパトカーがいると言うのはどういうことなのだろうか・・・。

赤色灯

パトカーが夜間にヘッドライトをつけずに走行することは交通違反であるが、”赤色灯”については、必ずしもそうではない。

緊急自動車として緊急走行する場合には、原則、赤色灯の点灯の義務があるが、ひっそりと巡回している場合は緊急走行ではないからだ。

詳しくは、以下のページを読んで欲しい。

赤色灯をつけていないパトカーは取り締まりができないって本当?
”ランプが付いていないパトカーは交通違反の取り締まりをすることができない”と言う声を聞くが、本当だろ...

終わりに

夜間のヘッドライトの問題はじめ、交通違反を思われる行為をしているパトカーをしばしば見かけることも事実である。

普段は、一般の車両の違反を取り締まる側にあるわけだから、彼らにもしっかりとルールを厳守して欲しいと思うところである。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク