矢印信号で転回(Uターン)したら信号無視になるって本当!?

矢印信号

”矢印信号でUターンしたら交通違反になる”と教習所で習ったような気がするのだが皆さんはどう思われるだろうか。

その真偽が気になり、調べてみると意外な事実が・・・。

スポンサーリンク

はじめに

はじめに、”転回”と言う言葉が”Uターン”を指すことを確認しておきたい。

道路交通法においてUターンと言う表現は用いられておらず、あらゆる条文で”転回”と表現されていることに注意していただきたいと思う。

右矢印と転回

いよいよ本題に入るが、結論から言えば、右矢印信号でUターンすることは可能である。

赤色の灯火が行われている場合の右矢印は、右折のみならず、転回を行うことができることを意味しているのだ。

例外

赤色の灯火に右矢印信号が点灯している場合、右折と転回を行うことが可能であると述べたが、例外もある。

それは、転回禁止の道路標識がある交差点を通行する場合だ。

この標識がある交差点においては、右矢印の点灯の有無に関わらず、Uターンをすることが禁止されている。

違反した場合は、”指定横断等禁止違反”に問われるので、十分に注意して欲しい。

平成24年4月1日以前

驚かれるかもしれないが、この右矢印信号でのUターンが以前は交通違反とされていたことをご存知だろうか。

平成24年4月1日に改正道路交通法が施行される以前は、右矢印信号でUターンをした場合は、”信号無視”に問われたのである。

本投稿のタイトルにもあるが、右矢印信号でのUターンが交通違反であると考える人が多い理由がここにあるのだ。

平成24年4月1日以降は、右矢印信号でのUターンを行うことに違法性はないが、十分に安全確認をしてから行うようにして欲しい。

終わりに

本投稿では、右矢印とUターンの関係について書いてきたが、ご理解いただけただろうか。

Uターン自体それほど頻繁に行うことではないが、周囲の交通の状況を把握し、十分に安全な確認をしてから行うようにしよう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク