環状交差点の通行方法とは!? 一時停止やウィンカーは必要?

環状交差点

先日の運転免許更新時の講習で、環状交差点の通行ルールについての説明を受けた。

我が国では馴染みのないこの環状交差点であるが、一時停止やウィンカー操作の必要性はじめ、その通行の仕方について投稿したいと思う。

スポンサーリンク

環状交差点

はじめに環状交差点の概要について確認しておきたいが、簡潔に言えば、”円形のスペースを仲介する形で道路の交差が行われる交差点”がその定義である。

英語ではroundaboutと表記されるが、”round”が”円形”を表すことはご存知の通りと思う。

記事タイトル下の写真を見ていただければご理解いただけるかと思うが、中央のスペースの周りの環状の道路を車両が通行し、それぞれ希望する接続道路へと進行する仕組みだ。

わが国における歴史は浅く、2013年6月改正の道路交通法において、初めてこの環状交差点が定義されたことを覚えておいて欲しい。

法律上の定義

次は、環状交差点の法律上の定義を確認しておきたいが、道路交通法第4条第3項には以下のようにある。

(公安委員会の交通規制)

3 公安委員会は、環状交差点(車両の通行の用に供する部分が環状の交差点であつて、道路標識等により車両が当該部分を右回りに通行すべきことが指定されているものをいう。以下同じ。)以外の交通の頻繁な交差点その他交通の危険を防止するために必要と認められる場所には、信号機を設置するように努め開ければならない。

                     道路交通法第4条第3項より

環状交差点について設けられた条文ではないものの、その定義を知るのには十分なものであると思う。

”車両の通行の用に供する部分が環状の交差点であつて、道路標識等により車両が当該部分を右回りに通行すべきことが指定されているもの”がその定義であることを確認して欲しい。

通行方法

いよいよ環状交差点の通行方法についてだが、①一時停止の必要性、②合図(ウィンカー)の必要性、③進行方向、④車両の優先順位、⑤走行速度に注目したい。

結論を簡潔にまとめてしまえば、以下の通りになる。

環状交差点の通行方法
  • 一時停止:必要なし
  • 合図  :進入時は必要なし、交差点を出る場合には左折の合図が必要
  • 進行方向:右回り
  • 優先車両:交差点内を通行する車両
  • 走行速度:徐行

一時停止

環状交差点へ進入する場合に一時停止の義務はないが、徐行し、横断歩道を横断する歩行者の有無を確認しながら交差点の中へ入ればよい。

横断中の歩行者がいる場合や流れが滞っている場合など、必要に応じて一時停止しなければならないことは言うまでもないことである。

合図

環状交差点へ進入する場合にウィンカーを上げる必要はない

左折する形で交差点へ入るだけに、左折の合図をしなければならないのではないかと思う人もいると思うが、合図なしで進行して構わないのだ。

その一方で、環状交差点を出て接続道路へ進入する場合には、”左折”の合図をする義務があることを覚えておいて欲しい。

少々複雑ではあるが、”入る時はそのまま、出る時は左折の合図”と考えればよいだろう。

進行方向

交差点内の進行方向は右回りと決められている。

交差点の存在を示す道路標識にも、それがわかるようなデザインがなされているが、間違っても逆行だけはしないようにして欲しい。

優先順位

環状交差点内を通行する車両と交差点へ進入しようとする車両では、前者が優先される。

よって、交差点へ進入しようとする車両は、交差点内部を通行する車両の通行を妨げることがないように努めなければならない

交差点へ進入する際の一時停止の義務はないが、この点を踏まえた上で徐行し、安全を確保することが大切だ。

終わりに

わが国ではまだ馴染みがない環状交差点だが、これからこれが普及し、我々が通行する機会が増える可能性もある。

正しい通行方法を理解し、安全運転に努めるようにしよう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク