信号機の疑問! 実際は緑なのに青信号と呼ぶのはなぜ!?

青信号

信号機といえば、”赤、黄、青”の3色だが、青については実際は緑である。

であるにも関わらず、ほぼ全ての人が青信号と呼んでいるのだが、これには何か理由があるのだろうか。

スポンサーリンク

日本人と青

私たち日本人は、緑色に近いものも青と呼ぶことがある。

広辞苑で”青”について調べてみると、以下のように記述されていることからも、それを知ることができると思う。

青(あお):①晴れた空のような色。②緑色にもいう。

なかなかイメージしにくいかもしれないが、緑色の野菜を青果と呼んだり、新緑を青葉と呼ぶ習慣は、現在も受け継がれているのだ。

緑色の信号機が青信号と呼ばれる理由もここにあると考えられる。

緑色信号

以外に思われるかもしれないが、日本に初めて信号機が設置された当初は、緑色信号の呼び名が用いられていたのだ。

当時の警察の告示などにも、”緑色信号”という記述が見られるらしい。

ところが、先述の理由もあり、緑色信号が青信号と呼ばれるケースも少なくなく、やがてそれが多くの人に支持され、現在に至るのである。

また、青は、赤や黄色とともに色の3原色を成す。

よって、緑よりも青の方が多くの人に理解されやすいとして、青信号という呼び名が使われることになったと言う意見もあるようだ。

これを受け、法律上でも”青信号”という表現が用いられるようになり、その後、実際の信号機の色もより青に近いものへと改良されたのである。

海外では

海外の信号機

海外では、やはり、青ではなく緑色が使われている。

英和辞典を引いただけでもそれがわかるのだが、参考までに例文を載せるので、確認して欲しいと思う。

The traffic light turned green.(信号が青になった。)

”green”とあることから、緑が使われていることは明らかだ。

ちなみに、英語を母国語とする国以外、例えば、フィンランドやスペインでも、信号機の色には緑に該当する言葉が使われているようである。

終わりに

今回の投稿を通じて、実際には緑色である信号が青信号と呼ばれる理由をお分かりいただけたと思う。

海外旅行する場合には、”blue”ではなく”green”と表記されることに注意して欲しい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク